×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



-HOME-
0907 TAIFU
外は雨風がひっじょーに強く、父曰く「いつ停電になってもおかしくない」まぁそんな雰囲気。断水を心配した母から「水買った方がいいかい」と電話が入ったり。「夜中に避難勧告がでるかも知れないよ」とばあちゃんに言うと「ホントかい!!今日は服まかなって寝るわ」。そして現在役場では課の人が家に帰らずに詰めています。臨時で女性な私は帰ってヨイと言われいつもどおりの帰宅ですが、昨年の台風と経路が似ているので強風が吹き荒れる上に雨も強いらしいので洪水の危険も!なにかあれば現場へと真っ先にでていくのですから「どうか怪我なぞしませんように」と母心。


0913 ワタシナリニオモウトコロ
やーしばらくしばらく、皆の衆元気であったか?(全国約5名程度の閲覧者様=神にむけて。ずいぶんえらそー)台風の話題を最後にプッツリ更新が途絶えているのは傍から見れば消息が心配されるような形であったなとワタクシ反省しております(口だけ)。幸い台風による被害はほとんどなく、その後もまぁいつもどおりだらんだらんと生きていたわけです。そうそう、日曜日は「GO!選挙GO!!総!選挙GO!!」なんてCMにつられなくとも来年三十路のワタクシはわけもわからずながらも行ってきましたとも。でもでもいつも選挙前は焦ってしまうのです、「ダレニイレタライイノ?」とね。普段から政治に興味は無いわ、学生時代も社会(地理除く)嫌いだったわでチンプンカンプンなわけです。でもこんな私がいつもテレビみて呆れるのはタケ部とかいう人で。この人の発言は私なんかが聞いてても???と思うくらいなのですが世間的にはどういう位置付けなのでしょう。ライブドア対フジテレビの時期にホリエモンに向かって言った「金でなんでも買えると思うな」という発言は其処らへんのお笑い芸人より笑えましたもの。政治家っていう職業?はお金持ちの方のなるものだとばかり思ってましたが。そして「国民の為」とかいう大義名分の元で結局は自分たち(金やら力のある人ら)に都合よくなることばかりに労力費やすのが活動内容なのでは、と。だからS木M男の「弱者のため」という言葉も鵜呑みにできないなぁと思ったり。強制猥褻で捕まったなんとかって人が自転車で必死に遊説する姿をみても必死さが却って笑いを誘うわけで。劇場型だかなんだかとか言われてたけどお笑い劇場だもん。で、選挙の結果は自民圧勝・・・このままいくと日本はアメリカのように貧富の差が広がる世の中になっていくのであろうな、と想像できます、私にでも。既にそうなってきているわけだし。特に北海道なんかに住んでいるとよくわかります。"夏のボーナス平均額アップ"なんて記事を新聞で見たってどこか遠くの絵空事にしか感じられない。「他人の心配するなら自分の心配しろ」「自分さえ良ければいい」という考え方の世の中になっていくのですか。カトリーナによる略奪を語るときに阪神大震災を引き合いに出して「あぁやっぱり日本は治安がイイ!」なんて呑気なこと言ってられるのも今のうちだけですきっと。ほんと暗い未来しか見えないわぁ。


0915 あま〜い、て
朝起きて階下へおりていくと母が「アノ人婚約したわ」だかなんだか言っていて「だれのこと?」と聞くも「アレさアレ」(ヒントか?)、「あま〜い」(印象薄で私にはわからず)・・・年をとった親と話をするともどかしさでムズムズしますが近頃自分も結構そうなのでじっと辛抱します、偉いなあたし(自画自賛)。で、つまり安達祐実とスピードワゴンだかの電撃結婚(婚約じゃないし)のことを言ってたわけです。事の次第がはっきりわかり「あま〜い!」て「お前の"避妊"が甘いよ」と心の中で思わずツッコミ入れたワタシですが、他にも同じ事思った人全国に5万といるだろうね。しかし前彼黒田アーサーの方がなんとなくお似合いな気もしますが、それは余計なお世話か。えーっとじゃぁ"甘い"ついでにあたいもあたいもー!!ええっと・・・実は・・・私と・・・彼・・・来週・・・(来週かよ!!)・・・

旅行にいきます(きっぱり)

うわー、どーでもよすぎなオチでスマン。でも珍しく道外に。もうね、道内には大して行きたいところもないわけです。行ったことないところ探すと稚内とか根室とか知床とかしかないもの。で、今回の行き先は仙台(2泊3日)なんですけども、万が一千が一百が一いや、十が一くらいで彼に仕事を理由にキャンセルされるかものびっくり綱渡り企画です。それも急に「やっぱ行けない」と判明するだろうからほんとそん時はどうしようかね、と。代りに一緒に行ってくれる人探すっていってもまず連休の3日間のうち何も予定の入ってない人ってのがそうそういなそうだし、そもそもサービス業とかで連休じゃないって人もいるし、考えても考えても誰の顔も浮かばないわけです。事前に「もしもの時一緒に行ってくれない?」なんて誘いをそれも複数の人になんて失礼でできませんしね。ドキドキソワソワしながらこれから一週間過ごします。果たして2人一緒に旅立てるのか?乞うご期待!


0916 図書館へ行こう!!
女性といえば便秘(唐突)、あなたも?わたしも?イエーイ、そうね、これ男性にはあんまりわからないと思うのですが女性という生き物は便秘になりやすいのです。それはホルモンバランスの関係によるところが大きいと思われるのですが、ご多分に漏れずワタクシもそうだったりします。まぁ「一週間出てません」とかいうレベルまでではないですけど"決まった時間にスルーッ"、"食べたらすぐにスルーッ"っていうタイプじゃないって事を先に申しておきます(やーな申告)。でもですね、図書館に行くと面白いくらいに呆れるくらいに毎回(といっても今日で3度目ですが)100%の確率で便意をもよおしてしまうのです。世間一般的にも"本屋(図書館)へ行くともよおす"という事象が割と認められているのは知っておりますが、私の場合は本屋じゃそういう感覚は無いし、大学時代勉強(主にテスト前のみ)しに図書館へ通ったりしておりましたがそんなに意識するほどじゃぁなかったはずなのです。それがなんということでしょう!仕事帰りに地元の図書館へ本を借りに行き、目的の書棚に辿り着き「さぁ何借りよっかな〜」と思い始めるや否や「うううううう」って具合ナ訳です。所要時間3分。結局何も持たないままカウンターを横切り入り口付近のトイレットへ直行。そして妙に爽快な顔してまた奥へと消えていく俺・・・。この同じパターンが2回つづいたので、偶然ではないな、と悟ったのです、29才にして。で、「今日こそはトイレ入る前に本借りてやるぅ」と意を決していざ突入。しし、しかし・・・ゴロゴロゴローと腸のヤツがゴロツキだし、周りの人に聞こえるんではないかとヒヤヒヤしながら物色。すぐに「とてもじゃないけどムリムリ」と断腸の思い(!)で何も持たずにやっぱり入り口へと踵を返す・・・ミッション不可能。入って来たと思ったらすぐに出て行きまたすぐ戻ってくる女。図書館の人に絶対「アイツモヨオシタな」とかいう目で見られてるよね。あたしなら絶対そういうこと考えながらウォッチングするわ。やー、便秘がちな時期にはそれ目当てで図書館に寄ろうかしら。つーわけで、ただで本読めるし部屋が本で散らかるってこともないし便秘も解消するしとよいことづくめの図書館へ行くことを、倹約家でちょっとだらしなくて便秘でお悩みナ貴女へお薦めいたします。


0919 神様がいるのなら
朝から(というか昼から)ウルリ、クスン、ときちゃいました。本日敬老の日であります。実家に帰ってきて約半年、両親と同居ということは即ち祖母とも同居中なのです。ただ一人健在な母の母。健在と言っても20年前の交通事故の後遺症で年がら年中身体のどこかが痛い上に老化現象も加わり見ているのがちょっと辛い今日この頃。気づけば椅子に座ってこっくりこっくりしてたり、かなりの頻度で空耳アワーですが頭はしっかりしています。そんなばあちゃんにネットで注文した"盆栽"が朝届きました(というか、私が起きてくる前に届いてた・・・)。で、「敬老の日だから」と手渡した途端に、声を詰まらせながら「たいしたお金も取ってない(←私が低給取りのこと。)からいいのに・・・どうもアリガトウ」って目に涙を溜めながら言うのです。今まで敬老の日なんかでプレゼントしてもこんな風に泣かれることって無かったもんだから私までなんだか切ない気分になってしまいました。もちろんもっともっと長生きしてもらいたいけれど、私が思ってるよりずっと痛い体で毎日を送ってることを考えるとやりきれない。どうしてアノ日事故に遭ってしまったのだろう、と今更いくら思ってもどうしようもないことを考えてしまいます。小学1年生のころ、ピアノ教室のグループレッスン中に「おばあちゃんが事故に遭ったから家へ帰ってくるように」と知らされた私はびっくりして泣きじゃくりながら家へと帰ったのだ。病院へと運ばれていたばあちゃんは命に別状はなかったものの、頚椎を損傷し、その後何度か手術、入退院を繰り返した。未亡人だったばあちゃんは、築港の現場の炊事婦をしていて、隣町のある商店へ買出しに行く途中での単独横転事故(運転していたのはその店のオヤジ)だった。普段から注意力散漫で、まだばあちゃんが車のドアを開けて乗り込んでいる途中なのに車を発進させようとするようなオヤジが遂に!という事故だった。そのことがなかったら今よりはきっと身体の自由がきくんだろうな、と事あるごとに思ってしまう。段差を歩くことが辛いので今じゃほとんど家から出ないし、今年はついに墓参りも断念した。そんなばあちゃんだから、「あぁ、花やなんかだったら眺めて楽しんでもらえるかな?どうせなら鉢物でいつも楽しめるものがいいかしら?」などと考えて今回は盆栽にしてみたのだけれど、予想以上に喜んでくれてびっくりだった。でも何を贈ってもきっと涙流してたんじゃないかなって思う。そんな風に喜ぶ姿から気持ちが溢れていて、私の目からもしょっぱいものが出てきたの・・・あぁ書きながらまた思い出し涙が・・・ばあちゃんいつまでも元気でいてね・・・


0921 恫喝イクナイ(・A・)
はぁぁ、なんだか久しぶりに疲れたよ。これくらいでこうなってちゃどうすんの?ってレベルなんですが。自分の小心者ップリとキャパの小ささ(年齢に対しての)にガックリです。事の発端はうちの課に来たあるお方の態度によるものなのですが。頭に"恫 喝"の2文字が迷いもなく点灯するくらいのきれっぷりでして(要注意人物で、とにかくいつもなんでもコノ調子。しかも言ってる事が滅茶苦茶である)、まぁ私はその声と態度と話の内容を延々1時間くらい聞いていただけなんすけどね。なんかダメ。あぁいうふうに感情剥き出しにキ○ガイな言動を聞かされるだけ見せられるだけで生気がどんどん奪われます。鼓動もおかしくなって気分が悪くなる。ていうかこういう人が身近に毎日いる環境で働いておられる方たちにはただただ尊敬。私は特にその人とやりとりしたわけじゃないけれどお帰りになった5時にはグッテリでした。そしてその後まったく関係ない件で自分の咄嗟に取った反応がまるで「お前厨房かよ」的ナもの(あぁここ数年でこんな大人気ないことになったの思い出せないくらい)だったことに自分でショック受けまして。あぁ来年30なのになんなのこの余裕のなさは、と。いやそれは私にとって不愉快な出来事(でもそれは大したことでないに違いない)であったには変わりないのだけれどどうして上手くあしらうことができなかったのだろうかと後悔(ていうか勝手に口が動いて・・・)。結局先ほどの自分がイヤだと言った「感情剥き出し」を自分がしちゃってるじゃないの?とまた自己嫌悪。感情を隠すことが良くて出すことが悪いというのじゃないのだけれど、少なからず他人を困惑させたであろうことに申し訳無いなという気持ちに。今回の一件で"変わった人"ってレッテル貼られても仕方ないなぁとか色々な思いがムクムクわいてきて更にどっと疲れが。でも元ネタがあまりにくだらないというか割と些細なことだけにあまり大げさに捉えて取り繕って謝るとしてもなんだか仰々しくて益々滑稽じゃないか、とかとかまた考えて。
とにかくアテクシ今日は疲れたのよ、と。そして旅行のことやら、旅行から帰ってきた日までが期限の予備校のしくだいを出発前に終わらせねば(この所為で昨日は3時就寝)とかとかで今の私は心に余裕がないわけです。そして今彼と電話で軽く打ち合わせしてたけど、なーんかイヤミ言ったり途中喧嘩腰(軽くな)だったりともうオイラほんと人間できてない。こういうの八つ当たりっていうのだ、嗚呼。もちろんご飯食べた後はソッコー寝逃げしましたよ(でも寝ながらも例の一件がずーっと頭から離れないし!)。
せっかくbbsへアリガタイ書きこみも数件戴いているのですが、只今余裕がナイのでしばしお待ちください、ごめんにゃさい〜。


0929 オマエと同じだな
♪オレっのリっズムっはとーほくーのリーズムっ♪おっす、またしても久々の更新です。一日目晴れ→2日目雨→3日目雨という具合に雨女全開な今年(RSRしかり、今週末のWRCも雨模様)。2泊3日の東北旅行は、仙台福島あたりだったのですが、観光名所の松島あたりをぷらりぷらりした以外は食に執着してるうちにあっという間におわってしまいまいした(うちラーメン3回)。やっぱり3泊くらいしたいわねぇ、旅行は。仙台といえば、私の中では駅前のペデストリアンデッキが何よりも印象的なのですが、帰りの日に仙台空港へと向かうバスに乗らねばと、さくら野百貨店からデッキにでて駅方向を向いた時でした。突如開けた視界から飛び込んできた仙台駅を見たカレシとアタイの会話。

カ「こう見ると、結構仙台駅って大きいんだなぁ」
ア「そうだね、新幹線も止まるしねー」
カ「そんなに高さはないけど横に大きいんだな・・・・・・お前と同じだな(ボソリ)・・・」

・・・なに?いま オマエ ト オナジ ダナ・・・・・・おまえと おなじだ な・・・・・・ お 前 と 同 じ だ な !!!と言ったのか!?
しかしくやしいけどあながち間違いとは言い切れない的確な批評に反論するする気も怒らなければ資格もないミジメなアタイ・・・

とまぁこんな具合にアタイと仙台駅の思わぬ共通点を知ることが出来、大変有意義な旅でした、よ。いやいや、駅ってものは特性上横長なものであろうから、なにも仙台駅に限ったことではなかろうでしょうが、これから仙台駅を見るたびにその日のことを思い出すこと必至。みなさんも仙台駅をみたらあたしを思い出してください、うぅぅ。

さて今日はWRCのチケット偵察のためにちょっと町外れのローソンまで車を走らせたのですが、ヤバイヤバイ、路肩の茂みにパトカーが隠れていたよ。目的の店の手前だったからそんなにスピードは出してなかったとはいえ制限時速度は越えていたはずで。んもう、勘弁してくれーあと一ヶ月でセーフティラリーが終わるってのに。しかもチケット買わずにロッピをチェックして帰ってきただけだったのでもしかしたら捕まりに行ったことになるところでした。で、ついついコミックラックの上に平積みされてた干物女の漫画(クリック)が目に止まり、買っちゃった。3冊まとめ買い。その行為自体が微妙すぎて恥ずかしかったのですが。でも「あるある」的なネタが随所にチリばらめられててかなり笑えるし(笑っててよいのか!)、手嶋クンも高野部長も魅力的だし、すっかり楽しんでしまってるのですが・・・自分を重ねて笑ってて良いはずがないとハッと気づきつつも面白いのでお薦め。

私信:Kっぴーこないだはどうも!今度こそお茶なりメシなりしよーぜーい☆