×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

☆2004年09月☆

0901 ソラミミ
 
あ〜わぁぁぁぁ!!

今日までなんとなく信じて疑っていなかったある曲の歌詞が間違っていたことに突然きづいた。
えーとその曲は何かというと、椎名林檎の"シドと白昼夢"です。
これは林檎嬢の一枚目のアルバム収録曲なので5年越しで勘違い。
さほど意識せずに聞き流していたせいなのか。
カラオケででも歌っていればきづいてたであろうがこれを歌ったことはきっと無いと思うし。
大学の研究室で、家で、何度も何度も、聴いていたはずなのに。
で、どこを聞き違えていたかというと"真っ黒な其の目があたしの眼に"てとこの

"真っ黒"→"マクロ"

と・・・。
いや確かにその頃卒論のデータ整理でエクセルばっかり使ってて"マクロ"かけてたけど。
随分と目のデカイ男のことを歌ってるんだなぁ、とほんと今日まで思っていた、そういう意味なんだと。
それが今日聴いてたら

マクロ・・・マ、クロ・・・まっくろ・・・真っ黒?!

えっ?と思って歌詞を調べてみたらやっぱり、案の定真っ黒だった。
ちゃんとその後に出てくる"真っ白なほっぺたに"って歌詞と思いっきり対になってるしね。

あまりにも目からウロコで思わずネタにしちまいました。

0902 オトナ
 
になるって複雑ね・・・。
朝一で部長が私の席に近寄ってきて、なにかちょっとヒミツの事項についてこっそり耳打ちするような身の乗り出し加減とささやき声でもって(キモ・・・)、私に何を聞いてきたかというと

一級どうだった?

あのさー、何を唐突にあさっぱらから聞いてくるのよ、ったく・・・とムカッと来ながら、

「受かるも何も、そういう次元じゃありません。だいたいそれに向けての準備も全然してませんでしたし、受かってるはずがないんです」(キッパリ)

と、そりゃぁもうすらすらと口を挟む余地は無いぜってくらいにペラペラと、しかも威張ることでもないのにちょっと切れ気味で応戦したのでした。
いつもの私なら聞かれたことにはのらりくらりとお茶を濁しつつうやむやにしてやり過ごす(卑怯で卑屈な私)ところなんだが。
それなのにあれだけいつになくキッパリと言い切る自分にびっくりさ。
そう、会社としては一級(二級)持ってないものは受験して当たり前、なー風潮でもちろん受けていると思っています・・・あれ?と思ったそこのあなた、そう私は受けた振りだけで実際受験してないのよ・・・。

「受けてません」

なんて言ったら面倒なことになるので受けた、ということにしています。
"ウソも方便"って諺があってよかったなぁ(シミジミ)。

本気で取ろうと思ったら学校には通わにゃならん、てことはお金が要る(滅茶苦茶高いのね。ほんといい商売だよ)、宿題に追われ唯一の休みである日曜は学校に拘束、という悪魔のようなスケジュールで半年以上過ごさねばならぬのです。
勉強をちゃんとすれば受かるものだろうけれど、「この人なら受かるよね」っていうのに未だ受験生という人が会社にも片手くらいいるし。
でもまず仕事ありきなわけで(それは誰にとってもそうだろうけれど)、受験の追い込み時期など構わずに仕事が大忙しになって試験どころではなくなり・・・ってこともよくあるわけで。
まぁ何を言ったところで全部負け犬の遠吠えになるんですけど、確かなのは"受かる人は受かるし取れない人は取れないし"これに尽きるのだろう。
私には今の会社で仕事を続けながら取る自信もないし、仮にそれを取ったわたしが何か会社にとって魅力的な存在となりうるかというとそうではないだろうと思うし、むしろそれ以前の問題で、常に迷いつつ仕事をしてるようなこの私は会社にとってマイナス以外の何者でもなく、真剣に仕事をしている周りの人に対して失礼な存在で、図々しいのでは?なんていう風に思ったりしてるわけです(ちゃんと意味通じてるかしら・・・)。

そしてもうひとつ自分の弱さとしか言いようがないのだろうけれど、一級取得のために本腰を入れて勉強していたならば間違いなく気が狂ってしまう自信があった。
勉強したいのに残業しなくてはならない、というジレンマは過去に経験済み(二級取得時)であり、それ以上のストレスが一級の場合にはかかってくることが容易に想像できるからだ。
大枚はたいておいて学習意欲があるのにもかかわらず勉強する暇は無く、汚い部屋に山になった洗濯物、腹に脂肪を蓄えて顔には吹き出物が一杯、そして試験には受からない・・・なんて自分想像しただけで具合が悪くなる。
普段でも情緒不安定だっつーのに更になんて考えたら恐ろしい。
まぁここまでぐだぐだ言っておいてなんだが、私にはこの仕事に対する情熱ってものがほぼゼロなのだからそもそも資格なんてとる必要、意味も無いのかもしれない。
それこそ記念受験(取得)、資格マニアの類の気持ち、単なる自己満足、でしかないのでは?と自分でも思うのだ。
本当に喉から手が出るほどこの資格を必要としている人がいるのに情熱ゼロの私が取っちゃうと失礼じゃないかーなんて、思ったりも(そういうことは受かってから悩めよ私)。
この数ヶ月割と会社がヒマでゆったりとした心持で過ごしてきていたから
「そろそろチャンスかも」
とも考えてもいた(いったいどっちなのよ私)。
来年の試験に向けて無いお金振り絞って学校へ通おうかな、なんて。
途中辛くなったら試験を諦めるんではなく、ダメ会社に見切りをつければいいんだし、なんて気楽に考えることにして(そもそも私は先のことをあれやこれや考えすぎる傾向があるから)。

でも今日23時まで残業して、久々にイライラ、イガイガ気分を味わった感想としてはもう何もかも嫌になってきたぞー!!である。
これ試験が云々じゃなくて働きたくないんだわ、私社会不適合なのかもしれん・・・そもそもこの会社でやっていける器じゃないんだわ、そのことに気付かず自分を騙し騙しでよく4年もいるもんだ、私・・・なんていう思考パターンに陥っているのです。
ほんと9月に入った途端一気にくらーくなってきたわ。

私がここまで腹の中ではドロドロと考えているのに、一級受けたと信じて疑っていない部長・・・そう思わせてしまうほどに私は良い部下を演じているつもりもないのになぁ。

0903 ・・・の秋
 
読書の秋、食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋・・・なんてよく言われますが皆様はどうですか?

ふむふむ・・・まだ秋なんて呼べるほど涼しくないぞ、暑いんだよ、残暑だよ?

あらそれは失礼いたしました。
こちらは20度前半をうろちょろな気温ですっかり秋モードなのでついうっかり質問しちゃいました、失敬失敬。
8月の時点でトンボは目撃済み、もう夜なんか窓開けてたら身体冷えちゃうくらいに涼しくなってきてます。
で、私は何が言いたいのかというと

ネームーイー

そう、これが言いたかったの。
いろんな秋があるけれど"睡眠の秋"ってあんまり聞かないですよね、おかしいなぁ。
だって寝苦しさから解放されてすやすやと眠れる季節じゃないですか?(春には春で春眠暁を・・・なんて言い訳、そして冬はぬくぬく布団から離れられない魔法にかかるんだから結局夏以外は寝れるのか!)
そのせいで、また朝起きが辛くなってきました。
夏になってから結構人並みに近づいた感があったのにまた逆戻りか・・・。
それに最近家に帰る時間が遅いので夜更かしに拍車がかかって余計につらい。

一生このお悩みとは付き合っていかねばならぬのか?はぁぁぁ。

0905 戦い
 
今年もラリー観戦へと行ってきたお祭り騒ぎがダイスキなだけのわたしです、どうも。
シャトルバスの発着所に車をとめてそこからはバスに揺られて観戦ポイントへと運ばれるんですが、手際もかなりよく待たされることも無くバスに乗れてあっという間に札内特設サーキットへと到着。
開始まで30分以上あり座ってひたすら待つ、アチィ。
雨が降るよかずっといいのだが、久しぶりのまぶしい太陽の光がもろ顔に刺さって眩しいやら暑いやら。
帽子を忘れたわたしは防寒用のフリースをガバとほっ被り、早起きによる眠気に身を任せ座り寝。。。
まるでサウナに入ってるかのような蒸し暑さに喘いでいるとついに会場アナウンスがかかり始まった。
ゼロカーが豪快に砂埃を巻き上げて走る姿をみせられたら一気にボルテージが上がっちゃって目も一気に覚める。
もしかしたらこれが今日一番の盛り上がりだったかもしれない("トーミーマキネントミマキネーン"っていうちょっとダサいBGMも忘れられない)。
トップのペター・ソルベルグ選手や新井選手の時が特に盛り上がってたなぁ。
色んな場所から見てみたけれど、やっぱり一番見ていて面白いのはスタート後の第一コーナーでのドリフトだぁね。
砂煙も被っちゃったし。

一応最後の一台まで見たのだが、表彰式等が行われるサービスパークへいくのは断念。
どうやら暑さに体力を奪われへばってしまったようだ。

去年のラリー帰りに寄っておいしかったカレー屋さんでまたカレーを食べて札幌へ。
重ね重ねでしつこいが、暑さにやられ、さらにご飯を食べたためかこの後睡魔に襲われて助手席の私はいつの間にかウトウト、気付いたら日勝峠の下りまで来ていて・・・

「お前が寝てる間に2,3回寝そうになって危なかった」

とこれまた恐ろしい報告を受けました。
無事帰宅してご飯を食べ22時には就寝。
思ったより疲れてしまった一日だった。

眠気との戦いに勝って無事帰って来れてよかったわ。

0908 しっかりしろ。
 
昨日刑事が会社にやってきた。
つつけばボロがでるようなやましいことがひとつはふたつ(で済めばよいが)くらいはあるはずだから「ついにしょっ引かれるか」なんて色めき立ちたかったが、まぁある事件の証拠集めでうちに辿り着いたというどうこう言うほどでもない理由であった。
犯行に使われた車両の近くを走っている社有車が道路監視カメラか何かに納まっていたらしく、昨年の某日某所で運転していた人の話を聞きたい、ということだ。
で、さっそく誰が乗ってたのだろうかと総務の方で調べたのだが、おかしなことに誰もその日は使っていないことになっている。
そう、その日というのは日曜日だったのだ。
会社の休みの日曜に、社有車でどこかへ出かけた人がいて、その記録は無し・・・ってことは 無 断 で、しかも私用していた人がいるってことじゃーん。
こっちの方が事件より興味津々。
あらあら、なんだか面白そう(人の不幸は密の味)・・・で、唯一そういうことやりそうな人ってのがいて。
ケチで有名というか「普通そこまでやらないよねー」ってくらい自腹を切らずにいかに得をするか、ってようなことを日々追求してそうな人がいるのだ。
やー、悪い事ってできないもんだなぁ、どーんなとこから足がつくかわからんね!!なんて話をしていた昨日。

で、ついにその日の車の使用者が判明するか?と思ってワクワクして台風の中出社。
するとガックリするような話が。
なんと、警察が言ってきた日付が間違っており、日曜→木曜だったというのだ!!
えーっ?天下の警察がそんな間違いしていいの?いくら人の子だって言ってもそういうところ間違ってちゃヤバイんじゃ?
ほんとね、とんだ迷惑だよ、違う日付言っておいてこっちが真剣に人捜ししていたらどうしてくれるわけさ。
といっても昨日は社長が休みだったから犯人探しはまだ始まってもいなかったのだが。
始まらずに終わってしまったよ。
残念がることでもないんだけれどー。

台風のせいで8階建てのビルが震度2程度ゆれちゃってびっくりしている札幌からお送り致しました。
外怖くて歩けないよー。

0908 爪痕やうれしかったことなどなど、2回目の更新だよ
 
こんなにすごい風は初めてかもしれない、と言うほどに恐ろしいほどの突風が吹き荒れました。
とりあえず、こちらを見て貰えばわかるのではないかと。
私の会社の前には植樹帯がなかったからまぁ安全だったけれど、道庁、市役所、大通公園なんかでは木が倒れて車や人が下敷きになったり、大変なことになっていたみたいです。
空にはゴミが舞い上がっていて、向いのビルの屋上のフェンスがグンニャリ煽られていたり、アンテナがブランブランしてもげそうになっていたり、とテレビでも見てるかのような数時間でした。
私はやっぱりこういう風の強い日には、剥がれたトタンなんかが飛んでくるんじゃないかと気が気じゃありません。
だってスッパリいっちゃうでしょ?手とか足とか首とか?想像して下さいよ、おーこわい。
テレビ塔のトタンも吹っ飛んだみたいだけれどどこに落ちたんだろう、おーこわい。
映画ファイナルデスティネーションさながらの惨事ですよ・・・。


そうそう、昨日ちょっとうれしいことがあって。
5月で会社を辞めたSさんから旅行に誘われました。
で、旅行の行き先は・・・というと未定なんですよ。
"ミステリーツアー"っていう、出発するその日まで行き先が分からないっていうアレです。
辞めた理由上(整理解雇)会社ネタとかは話辛く、てことで連絡もとり辛く、微妙な感じだったからこのまま疎遠になってくのかなぁ・・・なんてぼんやりと私は考えていたのです。
だから余計にうれしくって。
そういう面白そうな企画ものも好きだから大乗り気で「イクイク」って返事してしまいました。
てことでどこに行くのかわからないし、次から次へと観光地を連れ回されるみたいなので会ってみたいweb友さん達とは遭遇できなさげなんですけれど。
でも行く気はマンマンのくせに、お互い都合の付く日が予約一杯なようでキャンセル待ちなのです。
てことは行けない可能性の方が大なので、代打案も検討しないとなー、なんて楽しい悩みがでてきちゃった。


今日中に直さないとならないと思っていたものが、明日の夕方まででいいと21時頃わかって
「じゃぁ帰っていいですか」
と言うとOさん
「えぇー!」(目を広げながら)
っと、帰っちゃうのかYO!みたいな演技をする(いつも)ので、

「帰って洗濯しないともうぱんつが無いです」(半分ウソ。実際ぶらじゃーが品薄気味。)

と返してみた。女をブキにしてみた(?)。
コンビニで買え、とかひっぱり出してもう一度履け、とか言われながらも退社。
場も和やかにできて"これは結構使える技だなぁ"と思ったが、使う相手を間違えるとただの"だらしない女"と思われるので要注意である。

0909 ホロヨイ
 
んー、何か書こうと思ってたことがあったはずなのにすっかり忘れてしまいました。
久しぶりに酒を飲んだもんだからBEERジョッキ一杯とライムサワー一杯のたった2杯でほろ酔いざんすー。
ライムの味は大学時代を思い出すには持って来い。
sunのライム割が定番だったもんなぁー、あぁあれから8年とか経ってるのがおっそろしい。
ところでなーんで飲んでたのかというと、7月下旬に解雇か自主退職を会社から迫られ、上司の掛け合いの成果で結局「残ってくれ」とは言われたのだけれど、んな屈辱受けてまで残るかバーカ!!って感じで新しい職につくことに決めたヒトが今月一杯で依願退職するので、送別会をどこでするかの打ち合わせ・・・(説明がやたら長くなったけれど)をしなければならなかったからなのです。
結局候補はいくつかあがったものの決まらずでお開きとなりました。
まぁ名目はなんであれ何か摘まんで飲むのはいいねぇ。
こういうの一ヶ月ぶりくらいだったし。
今年は去年とうって変わって自宅で一人晩酌もしていないし。
むしろ水ばっかり飲んでいるという大変健康的な毎日を過ごしているのです。

目指せ一日2リットル!!

なんだけれども、実際は1.5リットルくらいかなぁ、会社で飲めるのは。
冷えた水は身体を冷やすから良くないよ、とアドバイスをうけたので机に"ドデン"と2リットルのペットボトルをのせて、ぐびぐび飲んでいます。
これやりはじめてから、あんなに冷え性だった私の手足がポカポカしてるので不思議。
「冷え性改善には養命酒そろそろ始めた方がいいだろかー」
なんて冗談で言ってたけれど、水で改善できるとは!!新発見です。

さて明日はチラッとライブに行こうかとおもっておりまして。
多分ひとりぽっちだしちょっと面倒だなぁ、でも行ったら「あー、きてよかった」って思うに違いないんだよなぁなんて考えていたならば、それを察したかのようにお知らせメールが来たので「チケット一枚お願いします」と速攻頼んでいました。

オチもへったくれもないけれど今日は終わりにします。

0911 呼び出し
 
ついさっき、総務のYさんから

大至急社長室へ来るように

"ぺたろう"が届いた。
えっ、ついに私の番かよー・・・
でももしそうならば、Tさんが"ぺたろう"なんかで私を呼び出すわけがない、あぁこれきっと社長室で何かおもしろいことでもあったんだな、ははーん、と思い急いで駆けつけてみた。
中には誰もいない。
えっ、何が・・・?と思いながら佇んででいると、Yさんが

ちょっと・・・窓みてよ・・・

って言うから窓を見ると別に何も変わりはない。
あれ、待てよ、ちょっとあの肌色の物体はなんだ?
サッシの下端に肌色の物体が2つ並んでいる。
虫か何かにしては大きい。

ひぃぃぃぃ

なんと、T子のファンデーションのスポンジが干してあったのよ。
おいおい、まったくあのオバサンはなんなんだろうか。
いくら日が当たってたからってあーた、社長室にスポンジ干すか、普通。
あのオバサン、最近耄碌がたかっているとの噂だが、これはそういう問題じゃないね。
大体、夜の社長室はT子の更衣室でもある。
電気付けたままだから、闇夜に浮かぶT子の禁断生着替えショーが連夜繰り広げられているのだ。

ほんとあの非常識なオバサンどうにかしてください。
あのオバサンのことを大層買っている社長のレベルも自ずとしれるところである。

0913 まとめて
 
週末になると日記更新がおろそかになる傾向をどうかお許し下さい。
だってだって、オムライス食べに行って、昼寝して、道ばたでやってるお祭りに寄って、朝起きて洗濯しながらおにぎり握ってそれ持ってモエレ沼行って昼寝して車で近所ウロウロして帰ってご飯食べてビデオ見て寝たら月曜日になってたんだもの!!

キィィィ。

まぁこれを一日半でこなしたとはいえ、かなり睡眠もとったし、日記を書く気さえあれば書けないこともなくはなかったわけで。
そろそろリニュもしてみたいなぁと思いつつもやる気が出ないし。
つまり私が言いたいのは

土曜が休みじゃないと、ゆっくりできないじゃねぇか

ってことです。はい、吠えても無駄なことはわかっていてもついつい・・・。
遊ぶ日と休養する日の2日がほすぃのよ。
この状態がエスカレートすると"いっそのこと何もしないで家に引き籠もりたい"となってしまうのですねぇ。
そうしてあらあら月曜から終電帰りざますよ。

暗い話はさておき、ちらーっとお祭りの出店を見に行ったんですが、私の目のつけどころは
「この人小指あるかな」
「これって原価いくらかな」
夢も何もないオトナな自分を感じてしまいました。
彼は彼でジャンボ串焼きの店を見て
「米澤牛のはずがない」
などとケチをつける始末。
結局さんざん見た挙げ句に何も買わずに帰ってきたのだった。

モエレ沼公園へと出かけたならば、子連れ犬連れの人がわんさかいて、何もつれていないものはちょっと肩身が狭いくらいの平和な休日の一コマが其処此処にあふれていました。
そんな中くさっぱらに腰を下ろし御握りをムッシャムッシャと頬張りたらふくになったところで昼寝をしていると・・・

ゴォォォォ

なんだなんだ、戦争か?テロか?っていうくらいの轟音は、戦闘機が空を縦横無尽に飛び交うショー。
丘珠で航空ページェントってのをやっていたみたいです。
公園の風景には不釣り合いな音に恐ろしい気持ちになったのは私だけでしょうか。
9/11の翌日にこういう催し物をやるのってどうなのか・・・。

0914 あしらい
 
なんだかどうも複雑な気分です。
18時頃
「ちょっと話し合い行ってきマース」
と言い残して行ったっきりだったOさんが23時前に会社に戻ってきたんです。
おそらく数日後に辞めるMさんを囲みながら数人で飲んでいたのでしょう。
Oさん不在の間、私とYさんは黙々と明日送らねばならぬ図面を直しておりました(といっても休憩息抜きはしてます)。
だから別にいいんです、私としてはOさんが飲みに行ってたって。
会社の中で仕事ぶりと人柄等を含めて普段から一番すごい人だと私は思っているし、頼れる上司、かといって友達のように気さくでもあり、一緒に仕事をしていてストレスが少ないし・・・(とまぁ褒めまくりですが本当にそう思ってます)。
普段は私の方が
「スミマセーン・・・」
って言いながら先に帰ってるんだし。
今日一日くらいどうってことはまぁないんです。
ところが戻ってきたタイミングが思いっきり悪かった。
いつになく滅茶苦茶私が 集 中 してグワーッと仕事しているときに酔っ払いが3人現れてみなさいよ!
仕事している人がいる中飲んできたことの後ろめたさからか、3人で私の機嫌を伺ってくるんですよ。
このタイミングで酔っ払いが帰ってきただけでも"うぜぇーー"って感じなのに、微妙に神経逆撫で。
そして丁度両耳で音楽聴きながらだし、集中できてて手を放したくないし、受け答えするのも面倒で結果"ツラー"っと無視してるかのようになっちゃったんですわ。
私なんて放っておいてさっさと帰ってくれるのが一番いいなぁ、と思っているのに・・・私が怒ってると思って
「スミマセーン」「スミマセーン」
ってOさんが何度も言ってくるんです。
それに対してどういう受け答えをしたら波風無くこの場が収まるか?と考えてみても私が思い当たる台詞はどれも"嫌味"な感じのばかりで、何言っても寧ろ怒ってると取られてしまうような。
考えあぐねているうちにこの状況の鬱陶しさにだんだん私はイライラ。
ホントは楽しく飲んできた帰りにイヤな思いをさせるような言動はしたくないのに結果的にそうなってしまったことにさらにイライラ。
怒ってないのに「怒ってる」と思われてしまっていることに腹が立ってしまったわけです。
けれども
「別に怒ってませんから」
って酔っ払い相手に今更弁解しても、とか思っちゃって(これが良くないのか?)。
しまいには向こうも軽く逆ギレチック。
ギスギスしたままOさんはお帰りになりました。
明日になれば別にどうってことなく、「昨日はスミマセン」とか言われて一件落着だとはおもいますけど。
「これだから女は使いづらいんだよな」とか思われててもいやだなぁ・・・。
って実際使いにくい人間かもしれないけれど。

酔っ払いにうろつかれるくらいなら気なんか遣わずにまっすぐ帰ってくれてた方がずっと気楽で良かったよ、というのが本音だけれど、まさかそんなこと言えないよ。
しかし28にもなって酔っ払いの一人や二人をあしらえない自分にもウンザリです。

0915 侍
 
月曜日・・・久しぶりの0時コース。もちろん残業で → 終電
火曜日・・・火曜なのに火曜市へは行けず。なぜならフードセンターに着いたときには水曜日だったから → 終電
水曜日・・・帰れる目処今現在(23:30)立っておらず → タクシー決定!

ぜーったいに誰がなんと言おうとも、旅行に行きますから!
(↑申し込み済みなのにまだ休暇届け出して無いヤツ)

仮病使ってでも行きますから〜!!残念!!!

っていうかそんなことしてまで旅行行って帰ってきたら切腹ならぬ首切です・・・

0922 ダイジェスト
 
お久しブリです、こんばんわ。
気付けば丸々一週間日記の更新をサボっていたみたいです(って毎日ネタを頭に留めてはいたのですが、手が動くに至らず)。

流石に仕事をマジメにやらんとヤバイ状況だったので、家に帰ってもほんとに寝るだけの生活を送っていた先週。
その抑圧された日常から解放された金曜日のMさん送別会。
6時半から始まったのに家に帰ったら4時半で、目が覚めたら8時35分で慌てて会社に行った土曜日(でも遅刻しなかったよ、エライゾ私?)。
その飲み会では頼まれてもいないのにピッチャーでグビーっと飲み始めてみたり、気付いたら泣いてたり(今回は泣き上戸になってたらしい。エヘラエヘラと笑いが止まらなくなる時もある)、毒吐いたり、と色々してたなぁ。
まぁ全て覚えてるんですけど。

土曜の夕方にバスで実家へと帰る予定が、二日酔いのため断念。
朝飛び起きて乗った地下鉄ですっかり具合がおかしくなってしまったからです、そう、水飲んでも吐いてたし。
人間ポンプ?マーライオン?てくらいの人体の神秘を体現し

仕事無くなったらこれで芸人になるか?

とか馬鹿なことをトイレの中一人考えてみたり、この二日酔いと生理痛、一週間続くとしたらどっちを選ぶ?と愚問を自分に向かって投げ掛けてみたり。
寝てるときは目も回ってなかったし、普通だったのになぁ、恐るべし地下鉄。
そんなこんなで一日を無駄にし日曜日に帰省。

やっとこさの日記更新、氷河期のようなBBSへのレスを精力的にやっちゃおうじゃないのよ!!という予定が他のことに気を取られ結局為せずじまい。
そう、そろそろサイトも衣替えしたいわーん、と色々見てるとあっという間に時が流れていたからなんです。
昼寝もしこたましてきたんですけど。

そうこうして、連休最終日の月曜は彼とささいなこと(?)で喧嘩、というか私が一方的に怒りを撒き散らし(私なりに腑に落ちない点を攻め立てた)、それに対して癇に障るような態度をとられたことで徹底抗戦の構えとなり、ついには夜7時から翌朝8時までフテ寝してしまう私・・・という愚行で日付は変わってウィークディに突入。

とまぁ今に至りますです、ハイ。
一旦書くのサボるとちょっと面倒になるもんですね・・・。
こんなに長いこと書かなかったのは初めてかもしれません。
その間にも懲りずに訪問してくださってた方、ありがとう!

空白の一週間を軽く報告してみました。
ではまた。

0926 姑息
 
最近すっかり日記のサボリ癖がついてる風な私ですので、アクセス数(もともと多くは無い)が減っております、自業自得ですけれど。
てことで、アクセスアップを狙って私のとっておき写真を公開、どぞ!


・・・・・・・・・あっ、ごめんなさい、間違えました(確信犯)。
ここへ通ってくれている皆さんには悪名高きETGの存在は、記憶に新しい(いや、そろそろ薄れてきているかな?)と思うんですが、その正体greenさんのサイトでは<20,000&30,000HIT記念企画>というのを只今実施中なのです。
昨晩は企画No.1のチャット大会に参加(というか、面白い常連さんたちの会話をほぼロムっていただけ)、そして現在No.2のサイトの宣伝をしておるわけです。
今日から一週間のうちからNo-Lessさんへのアクセス数で競い合う、というものなのですが、まぁ私はブービー賞がいいところかなぁなんて思ってるので、冒頭のように少々姑息な手を使ってしまいました。
しかし、基本はどうやらgreenさんを褒めちぎってNo-Lessへとどれだけたくさんの閲覧者を誘導できたか、という競争らしいのです。
さて、私って正直者なのでウソやお世辞を言うのが苦手なのです。
そこをもう少しうまくできていたならもうちょっと世渡りが上手なんだろうなぁとも思うし、自分が如何に気難しい人間かと、ことあるごとに感じます。
そんな私がヒトを褒めちぎるなんて滅多にないんですよ、貴重かも。
さてね、greenさんgreenさん言ってるけれど、私はgreenさんには一度すら会ったことはありません。
ということは容姿を褒めることができません、でもそうそう、太ってはいないらしい(禁煙して腹がでてきたらしいけれど)のでその点は安心、私は痩せている男性の方が好きです、うん、痩せてるって言っても適度に筋肉もないとイヤですけれど。
で、greenさんと言えばそう、働き者です、ものすっごい働き者。
私が残業でヒィヒィ言ってるレベルを超越した、比べるのも失礼ってくらいの働きっぷりのようです。
ですから、恋人募集中の婦女子のみなさんは是非横浜駅そばをほっつきあるいてgreenさんを見つけて妻の座を狙ってください。
いっぱいお金稼いでるらしいけれど仕事が忙しいので"亭主元気で留守がいい"の御気楽生活が手に入ります!!(ふざけてますが、本当によく働くなぁと私は畏敬の念を抱いてますから)
仕事仕事仕事でつまらないヒトなんじゃないの?とご心配のそこのあなた、ノンノンそれは間違いです。
greenさんは今までヒトに言えないような、言いにくいような、言うのは恥ずかしいような経験をたくさん積んでらっしゃるようです。
是非今すぐ飛んで確認を!カミングアウト日記要チェックです、はいここからどうぞ!!
薄っぺらな私(胸のほうも)なんかとは雲泥のおもしろさですから。
そして「あー、楽しかった、ありがとうgreenさん」「胸がジーンと来ちゃったよ」「胸の奥がジンジンしてきたよ」(←恋しちゃったかもしくは病気?)なんて感想を持った方は是非是非日記の下にあるランクリをお願いいたします(ついでに私のとこのも☆)、そしてブックマークしちゃってください。
そう、"ランクリ&ブックマーク大会"というのも今回の企画の中のひとつであります。
これが目標達成できないと、「借金Maniaラスト・エピソード 〜あなたの住む世界〜」というネタを公開してくれないみたいなのです。
これは私も是非読んで見たいので皆様のご協力お願いします、ほんとに。
あっ、今「greenさんって借金大王だったの?」と心配になったあなた、ご心配なく。
一時は年収の2倍以上の借金を抱えていたgreenさんもいまはきれいさっぱり借金知らずの"cleanさん"らしいです(ウマイな私)。
とにかく特選日記の中から順に、面白いので騙されたと思っていろいろ読み漁ってくみてください、あなたの知らない世界がそこにあるかもしれません。

あっ、そろそろ閻魔大王が私を狙い始めました、舌を抜かれちゃうから褒めちぎりは終了します(ウソウソ、ほんとに面白です、頼むからうちからリンク踏んで見に行ってください、ブックマークしてもこれから一週間はうち経由で飛んで!)


最近普通の日記もサボりがちなのに今日は企画にのってまた書けずじまいになってしまいした。
日記そっちのけで時間さえあればリニュ作業してるのもサボリの一因ではあります。
それでは、これから一週間卑怯な誘導なんかがよく出てくるとはおもいますけれど、中にはオマケでちゃんとした私の写真も載っけるかもしれないのでみなさんリンクをクリックお願いします!

0927 国語の宿題って・・・
 
宿題、といえば教科書の計算問題を解いたり、漢字の書き取り等、鉛筆をもって机に向かうイメージがありますね。
しかし当時小学生の私が、
「こんな宿題意味無いよー、めんどくさいなぁ」
と思っていたものがありました。

"国語の教科書を○回読んでくること"

というやつです。
授業中に「○○さん、読んでください」と指されると、しどろもどろになりながら読む子も確かにいたけれど、普通は練習なんてわざわざしなくてもだいたいすらすら読めますよね?
授業に飽きて先の話のところを読み進めていれば、尚更。

それは「声を出して3回読むこと!」みたいな宿題が出た低学年のある時のことです。
そんな宿題なんてちゃんとやったのか確かめようがないんだから「やったよ」と言ってしまえばいいところだけれど、そこは今とは違い"純真な子供"だったので私は律儀に母の前に座って教科書を読み始めました。
その時のお話というのが「かわいそうな象」でした。
すでに何回も黙読はしていたから話も知っていたはず。
でも私は声に出して読み進めていくうちに涙はぽろぽろこぼれるし、声はヒックヒックしちゃって読むどころじゃありませんでした。
ただ目で読むだけでは「あぁ、象さんかわいそー」くらいにしか思わなかったものが、声に出して人に読み聞かせることにより感情移入が激しくなったのか?涙が止まらなくなったのです。
後日近所に住む子の親同士で、「うちの子も」・・・という話になったと聞きました。
私だけではなかったことを考えると一見無意味なような音読にも意義があるんだなぁ、と今になって思います。(ちなみに今"声に出して読む 感情移入"でググッたらたくさんヒットしました。)
まぁ、たまたまそのときの題材が「かわいそうな象だったから」というのと、私は結構涙腺が弱いってのが大きいとも思うんですけれど。
いやでもきっと今読んでも泣けるはずだ。
もしウルトラクイズで"早く涙を流したら敗者復活"という場面になったら迷わず「かわいそうな象」を読もうと思います(そんな心配はいりません)。

悲しい話(歌?)、といえばグリーン・グリーン・・・。
音楽の時間に♪あるひーぱぱとー・・・♪って歌ったグリーン・グリーンです。
in the soupやUAなんかも歌ったりしてますけれど。
私の中での曲のイメージは、晴れた日曜日、太陽が光り輝く活き活きとした光景です。
「実は7番まで歌詞があって、お父さんが死んじゃう話なんだってさー」
ってのを聞いたとき、何か知ってはいけないことを知ってしまったような奇妙な気分になった覚えがあります。
で、歌詞はどんなだったっけー?とググッてみました、はいどーぞこちら

おーっと、今日は騙されないよ、と回避したそこのあなた、そうですね、見え見えかもしれないけれど私に免じて騙されてリンク踏んではくれませんか・・・(せっかくマジメに来たのにここで一気に台無しに自分でしてしまったよー。本当に歌詞を見てみたい方はこちらからどうぞ!)
ところで今日改めて検索かけていて驚いたのは、グリーン・グリーンはパパが死んじゃう歌じゃなくって、パパが南北戦争へ行っちゃった話だよ、とか、パパとママが離婚する話だよ、なんていう説があるってことです。
ヒトそれぞれ物事のとらえ方って違うもんだなぁ、とこれまた感心してしまいました。
でも私はパパは天国に旅立つっていう説だと思うんだけどなぁ。


昨日に引き続き姑息な手でNo-Lessさんへと誘導しようとしちまいました。
もう苦し紛れにグリーン・グリーンとか出しちゃって。
そいでお詫びといってはなんですが、私の写真を公開します(果たしてそれはお詫びといえるのか?)。
えーっと一日経ったら消えますから。
ほーらよっと、エイ・・・

またしてもこいつ姑息な真似をっ!!
と思われてるでしょうが、ちまちまアタック25方式でいきますからー。
今日から6日間日記がアップされたらすぐに来ないと全部集められないよー。
奇特な方は頑張って全6枚集めてね♪
(しかもへんちくりんなメガネかけてるやつだしー、似非才女風です)

0928 そろそろ・・・
 
green week 3日目にしてもうネタ切れしてきました・・・(はて、green weekとはなんぞや?というあなた。ここに答えが・・・┐(-。-;)┌)・・・もうトラップ張るのも限界さ、フッ。

それじゃぁ私とgreenさんの馴れ初めでもひとつ。
私とgreenさんが出会ったのはそう、冬も終わりに近づいた頃でした。
春になると草木が芽吹くように、街には頭のおかしいヒト(主に変態)も沸き始めるのは定説ですね。
そう、ある日私のマイ日記逆探知に green の文字が現れたんです。
えぇ、そりゃもう突然(当たり前だ)。
私の日記をマイ日記登録してくれる人なんてそうそういませんから

あら、どんなひとかしらー

と、とりあえず見に行くではありませんか。
その時偶々読んだ日記が今の私のおぼろげな記憶では、そう現在のETGを彷彿とさせるようなエロスなgreenだったような。
イメージとしては毎日毎日こんなの書いてる感じ。

なんだか妙に気持ち悪い人にマイ日記登録されたわ・・・

と正直思いました。
ところがいつの日からか博学っぷりにヤラれはじめ(私博学な人ダイスキなんです、これホント)、気付いたらクイズの答えをメルフォから送っているアタシ・・・まんまと粘着ストーカーgreenの罠にズブズブとはまっていたのでした。
よくよく読んでみるとETG的なエロさは普段はうまく押し殺しているらしく、含蓄のあるエピソードを紹介したり、恥ずかしいといいながらも人生観を真面目に語ってみたり、博学多才の片鱗をポロリとちりばめたりのテキストをこれでもかー!と、仕事で忙しい身を削って書いてくれてることに気付きました。
しかし読者の反応が薄いとすぐにスネて逆切れし、「断筆宣言」をちらつかせ常に注目を集めるという狡猾な面をもあるのでご注意。
てことで今日のポイント。

すぐに自称「博学多才イケメン」のgreenさんは拗ねてしまうのでみんなでクリックしましょー。

もうね、こうなったら読まなくてもいいからみんな飛んでいけーーー!!
アクセス乞食、greenめー!!!

はっ、ちょっと調子に乗りすぎたわ。
とりあえず、ズーーーンと重い感じの割と最近のテキストをご紹介。 
greenさん曰く

中学生の頃の話。映画の「スタンド・バイ・ミー」なんかより凄い話です。とても暗い話というか、笑える話ではありません。絶望的な話です。

ほーら、読みたくなってきたでしょ!!→「スタンド・バイ・ミー」


ふぅぅぅ、それでは今日も誰も期待なんてしちゃいないさ、待ってないのさ、の顔パズルのコーナーです。
今日はこれです、ブヒ。

0929 墓穴
 
昨日ですら「そろそろgreen祭のネタが切れてきた」なんて弱音はいちゃったけれど、今日は輪をかけてどうしようかと困ってます、そりゃそうだ。
まだ週の半ば、やっと折り返しだっていうのにどうなるんでしょうか。
で、greenさんはきっと左うちわで

「ほーらもっと褒めろ〜褒めろ〜」

と念波を私を初めとする全国津々浦々の下僕共に送ってるに違いないのよ。
毎夜毎夜、無い知恵絞って一生懸命褒め殺し文(実際そんなに褒めていない気もするけれど・・・)考えてるもんだからこちとら寝不足で昼間が辛いです。
気分は鶴の恩返しのおつうだぁね、身を削って書いてるんですよ。
寝ている間も

「green様こんな感じでどうでしょう・・・か・・・」

とうなされてます(←ウソ)。
そうそう、のめりこむといえば、これgreenさんの得意技でもあります。
えーっと(パラパラ・・・←green日記から検索中)これだ、"3月16日 責任"より抜粋。

・僕はトラブルが発生すると何時間でも集中力が続く人間です。
・その反動か、何も問題が無いと平気で仕事をサボったり、居眠りしたりするのはご愛嬌です。

近頃のあたいはサイトの宣伝ですっかり仕事と夢の間を行ったり来たりです!!
で、そんなgreenさんは夢の中でも仕事をしちゃうんですよ!!
えっナニナニ?そんなの俺だってあるさ?
そうですよね、私も大学時代に朝から晩までエクセルでグラフばっかり作っていたがために、寝ている間もデータ整理とグラフ作りを頭の中で延々繰り返していました。
ある物事に没頭しすぎると夢の中にまで現実が侵入してくることはあると思うのです。
でもgreenさんはそれだけじゃぁすまないんですよ。
さてみんな読んで来た?(まだの方は、こちら)・・・すごいよね、普通はそこまでしないよね。

夢と現実がごっちゃになって、普通に夢の中のトラブルの話をB部長にしてました

って、真面目なのか間抜けなのか微妙です。
しかし、自称「博学多才イケメン」のgreenさんはオフタイムでもあるものにのめりこみます。

「インターネットなんて死ねばいいのに」

とついつい愛情の裏返しで、心にも無いことをい言ってしまうほどのネットジャンキー(証拠)。
しまいにはこんな事件まで引き起こすハメに(以下green様本人談)。

「最近の僕って、仕事とサイト更新の両方に、大車輪の如く活躍していたじゃないですか・・・やっぱり大型連休の締めには、次の日からの皆さんの仕事や勉強の励みになるような物を提供しようと思ったんですよ・・・僕の諸葛孔明も真っ青な戦略が当たったのか・・・」

なんて自分の秀才っぷりに酔いしれていたらこんなことしちゃったみたいです、プププ♪
(5月7日の過ぎたるは及ばざるが如しを見てね)

こんな、お茶目で"所有スキルは引き篭もり、非モテ、江戸時代並みの彼女いない歴です。社会不適合者の三冠王です。"なんて告白しちゃう可哀相なgreenさんを皆さんで応援しましょう。


さささ、みんなで今日も Let's No-Less !!!



ハァハァ、ゼェゼェ、今日も身を粉にしちゃったよ。
なんだかこの祭りが終わったら燃え尽き症候群になりそうです、ハァ。
では恒例の顔パズルだよ、そーれ

0930 終わりね
 
今日で九月も最後ですかぁ。
みんな秋の夜長を楽しんでるんだろうな、チクショウメ。
ついさっき(pm7:00頃)帰ろうかと思ってあとはPCの電源おとすだけ〜♪ってとこまでにしていたのに・・・のに・・・ぃぃいぃィィイィ

たった電話一本で今日はいったい何時に帰れるのかなーってな状況に。
アハハハハ・・・なんかこういうのってやるせないね。
「とりあえずメシメシ・・・」(ホントは帰りに彼とメシろうとしていたんだよ、あぁこんな小さなシアワセさえも私には許さないのかよ)と思ってビルの一階にあるサンクス(まさに"すぐっそこっ"です)に行ったはいいけれどもうゲンナリして食べたいものも無いし。
帰れない腹いせに(?)暴挙にでました。
私の今日のバンメシは

・チーズ&クルミのパン
・グリコ 食後のアイスの"シューアイスカフェオレ味"

で、アイスは溶けちゃうからもち一番先に食べたのだ。
食後って書いてあるのに食前にアイスさ・・・。
こういうことする(になる)から太るんだよねーあーそうさ、わかってるさ(久々にやさぐれそう)。
やー、あとでもう一個アイス買っちゃいそうだよ、おいしかったー(遠い目)。

ということで、例の企画の褒めちぎり文章も今日はお休みします。
ほんとはもう書くネタきめてたのになぁ(って苦し紛れの言い訳じゃぁなくて)・・・。


それでは恒例の顔パズルの時間です。
今日は出血大サービスで1,2,3を見逃したあなたにもチャンスです。
再アップしま〜す(ていうか、こんな面倒なコトしてまで顔みたい人いないよなー)。
それではどぞ!(今日の分、ヅラっぽい・・・)

1☆ 2☆ 3☆ 4