×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

☆2004年08月☆

0802 メランコリー
 
日本の皆様こんばんわ、8月に入っちまえばすぐに涼しくなっちゃう北海道からお送りしています。
ほんとに暑さが幾分和らいではきました(とはいえ、元も知れていますが)、それはいいことではありますが途端に

8月→お盆→さっそく秋風

という思考パターンになり、短い夏ももう終わりね(スネオヘアーに"終りね"っていうまさにピッタリな曲アリ)、とさっそくメランコリック・・・。
朝会社に着けば、DVDを返し忘れたことに気付き(延滞料200円発生)、おまけに財布まで家に忘れてきたことも発覚・・・大変楽しそうな一週間になりそう(シクシク)。
ふとお盆休みの予定を思えば、13,14,16の中から好きな日を2日選べというケチな会社のせいで最大3連休(13,14を休む予定)。
しかも13〜15はRSRで潰れてしまうので実家へも帰ろうと思ったら16,17を有給で休まねばならなくなり、うちみたいな大人しい人の集まりな会社では5連休なんて派手に取る人もほとんど居らず目立つこと必死。
Oさんにそれとなく相談したら
「さすがに16,17はまずいんじゃない・・・普段のこともあるし」
というアドバイスをされ、これはきっと私が社長に目をつけられているという裏情報か何かがあって確信の元に目立ったことをするなと忠告してくれているのだろうな、と察する私。
そうですかそうですか、休みの少ない分際で夏フェスなんてものに行こうだなんて身分不相応なんですね、給料は減らされボーナスのボの字も聞こえてこないようなへっぽこ会社のくせに!!せめて今年みたいな暇な年はもっと休みくれても

♪いいじゃないか、いいじゃないか、いいぃじゃなぁぁあいかっ♪(←富良野へそ祭りの歌)・・・・・・

腹立ちを通り越しておかしくなりそうです。
・・・いや待てよ、たかが個人企業で連休貰おうなんていう考えが間違っているのか?・・・などと今度は自分の考えがおかしかったんだ、そうだそうだ!なんてお馬鹿な私!と思うことに回路を切り替えるとなんだか涙が出そうになってきました。
こう考えると私ごときが毎月給料をいただいているだけでも奇跡に思えてきてしまうから不思議です。
というか、寧ろ私なんていう使えない人間が働いているのも申し訳ないという気分に。
自分が如何に小さくくだらなく価値のない存在なんだ、なんていう気にもなってくる。

実家には、クビになってもいい覚悟じゃないとお盆は帰れない、と伝えなきゃ。
でもばあちゃんがガックリしちゃうから今週帰ろうかな・・・。

あっそうそう、とうとうこのサイトも明日くらいに一万アクセス突破する模様です。
記念に踏んでみたいよ、という奇特な方はどんどんアクセスしてください。

0803 大豆ッ子
 
昼ご飯を買いにセーコマ(注:セイコーマート)へ行き、お目当てのハンバーグ弁当を買うかと思いきやまず足はジュースコーナーへ。
ここ最近、コンビニやスーパーへ行くたびに"豆乳チェック"ばかりしてるんです、それはもうとり憑かれたように!!
調整豆乳をみては'プイィッ'と踵を返し、無調整を見つけたらとりあえず買い込むという具合に。
で、セーコマに無調整モノが入荷されていたので内心・・・えっ、いっぱい売ってる、買い占めるか?・・・と動揺しつつもお昼時のコミコミな時間にまとめ買いも恥ずかしいので何食わぬ顔で1つだけ調達。
すると、店内を無調整豆乳を片手に歩く女性発見、「オヌシもか!」なんて敵なのか同士なのかわからぬ気持ちになりました。
そうそう、あるあるのサイトを見たならば、「代謝を高める物質"大豆ペプチド"を作るためにドリンクに入れるパインジュースが、高温殺菌処理を施されたものでは効果が不明だ」なんて書いてあり、ちょっとやられた気分に。
だいたい普通に手に入るのって濃縮還元ものではないですか、それだと高温処理されているだろうな、ということはなんとなく想像がつきます(調べてみたところ事実その通りだった)。
こうなったらパインジュースとはオサラバしてこれからは生キウイをすりおろしてやるワ!!(そう、ジューサーなんて持ってるわけが無いので)フフフ、と痩せるのだか痩せないのだかわからぬ情報にまたもや踊らされ必死になっています・・・(寧ろ今のところはふとっちょさんです)。
で、コンビニなんかで豆乳漁りをしていて便利なものを発見しました(コレ)、手間をかけずに既にペプチドできてるじゃーん、という痒いところに手が届いたような商品。
しかし、味があまり・・・ヨーグルト味ってことで甘くて俗に言う"ヨーグルト風味"な味付けです。

帰宅してからこのペプチー(どうでもよい愛称)をゴックンして晩御飯・・・気付いたら

納豆
冷奴
なめこと豆腐の味噌汁

っておいおい、大豆だらけじゃないのよう、っていう大豆の国のマワシモノみたいな献立で自分ながら呆れました。
しかし、痩せてきたってよりむしろ太ってきてるんだよなぁ・・・ハァァ。
1年前程前「やー、私体重○○`になったら会社辞めます」ってネタにしてた体重に、このままだとなりそうなんですが・・・。

0804 あちぃね
 
しかしあれですな、(北海道なりに)暑いっす!!
会社帰りにチラッと大通り公園を通ったならば、どこもかしこも満員御礼のビアガーデン。
ここまで連日外ビールを楽しめる年もそうそう無いのでは?というくらいに暑い夏。
これはビール会社ウハウハだな・・・(また金かよ)。
あっでも景気がさっぱり上向かない北海道にはアリガタイと思います、マジで。

先月は"焼き鳥8回"という金字塔を打ち建てた私ですから今月も・・・?と思われている方もいらっしゃるやもしれませぬが、スミマセン、期待を裏切るようですが、どこにも寄り道などせず蒸し暑い家で過ごしています。
風さえ通ってくれればもう少しましだと思うのですが、如何せん安アパートでの一人暮らしの間取りとくれば思うようには涼しくなりません。
あと数週間の我慢で否応無く涼しさ(というより寒さ?)がやってくるはずなのでしばし我慢、我慢の子です。

やー、最近あまりネタがないです、平和ボケ?かしらね。
てことで以下どうでもいい独り言箇条書き。

・人間の証明の竹野内いいっすねぇ、ストイックな感じがたまらん。唯一見てるドラマです。
・関根勤のごきげんようみたいかも。
・早起きしても結局化粧する時間は無く(洗濯しちゃったから)いつもと同じギリギリで家を出てしまうダメ子な私。
・片付けと称して奥の部屋に押し込めた荷物は放置。なぜなら下手に戻すと結局散らかるから(ほとんど不要品ってことか・・・)
三方六(しかも期限切れ!!むかしは切るための鋸がついていました)を会社でおすそ分けしたらその後「きこりへ。ごちそうさまでした」というミニ手紙をもらった。"きこり"ってあだ名も案外かわいいかもしんない。

そんではおやすみなさい。

0805 乾かぬうちに
 
今月はー会社帰りの寄り道を控えてゐます・・・

というようなことを書いた途端にさっそく寄り道してしまった私。
女心と秋の空じゃないけれど、誘いがあればすぐにコロッとひっくり返り「行くいく、もうクーポン切り取ったよ」なんて返事。
今日は5のつく日なのでアインズポイント2倍デー、何は無くともとりあえず行っとくか的な私たちはもちろん「アインズに行く」スケジューリング。
それなら帰り"ひげのうし"に食べに行こうよ、とYさんに誘われ「もち行くよ〜」という流れになったわけです。
しかーし、満席で予約ナシの私たちは大分待たされる羽目になりそうだったので近くの別のジンギスカン屋に行くことに。
先週あたりの新聞記事の写真をみて「うまそぉぉ」とヨダレたらしそうになりながらチェックを入れていた某店である。
私って基本的に食べ物の好き嫌いは少ないし、何食べてもそれなりに美味しく感じてしまうという"鈍い"舌の持ち主なのですが(別名味オンチ?)。
残念ながらこの店の肉は私の舌に合わなかった・・・ここの(羊の)肉臭さは私には辛かった・・・飲み込むのにこれほど気合を入れたのは久しぶり。
こんなこともあるんだな、と自分でびっくりした次第であります。
やっぱりジンギスカンは"だるま"だなー、と再認識してしまいました。

0806 もう誰も止められない
 
会社帰りに大丸へぷら〜っと寄ってみた。
腹減りな時間帯に地下へ降りたもんだから何見てもウマそ〜!おかきの試食つまんではウマ〜!!!っと、大変危険な状態で物色。
とりあえず、近頃自分の中で気になっていた「ミクニのパンはうまいのか?」という疑問を解消すべくパンを買ってみた。
角食(ブラウン)とガーリックトースト。
角食を家に帰ってさっそくかじってみた(生で)。

お い し い

たしか黒砂糖だか黒蜜入りで、「そのまま食べてもおいしそ〜」と思いつつ買った私、正解でした。
パンの他に買ったものは、いつもその前を通るたびに横目でチラ見していたナスの漬物、を売っているお店でナスの横に並んでたキムチ。
本場韓国、とかいう文字が目に入り「酸っぱいのかなぁ?」とちょっと躊躇ったがまぁモノはためしだ!と考えて購入。
ただ、グラム売りで一株買ったら800円越えててちょっとびっくりした(庶民ですから)。
パンとキムチというおかしな組み合わせの袋を下げて夜の街を自転車で駆け抜けた。
「豆乳買わないと、もう無いのよねー」
と途中コンビニに寄って、その後今度はスーパーにまで潜入。
今日の私はくいしんぼうイェーイ!!なテンション(昨日のリベンジだったのか?)。
小腹が空いた時に食べる用の冷凍ピザ、ナスとトマトのパスタが不意に頭に浮かんでしまったためにナスとホールトマト(作るのが面倒になってしまった時のためにパウチにはいったナストマのソースも保険として購入)、挽肉とナスという組み合わせのパスタもおいしそうだな、と挽肉も、あー、パスタと言えばモッツァレラだよね、とチーズまで勢いで籠にイン、お惣菜コーナーでクリームコロッケも・・・なんという勢いよ。
えっ?で晩御飯は何を食べたのかって?
まずパンの味見をし、手っ取り早く食べられるコロッケに手を伸ばし、結局そこでおなか一杯になって・・・。
ナス、チーズ、挽肉等は冷蔵庫に眠っています。

やっぱり腹減時に買い物へ行くってのは食欲が制御不能になるので大変デンジャラスだ。

こうしてデブのまま夏は終わる・・・チリーン・・・

0807 茶番
 
「かなり厳しいと思っていてください、皆大変だと思うけど・・・」

厳しい×約10回、しつこいんだよ!!バーカバーカ!!(バカって言う方がバカなのか?)

社長の息子(専務で部署会議の司会者)が今月のそのくっだらない会議で言い出したことだ。
・普通だったらそろそろ夏のボーナス時期だが(←普通ってどういう意味の普通ですか?世間的には6月だし、うちの会社本来は7月末のはずが、2年前から勝手に8月の中頃にあんたらにされてるんですが)
・俺が役員会議に出ていて話を聞いている限りでは、話題にものぼらず準備もされていないようだ(←お前の推測話をなぜ聞かされなければならないのか。)
・受注高が過去最低(危機を感じた昨年よりも少ない)で大変なのをわかってくれ(←じゃぁ無駄に広く借りているテナントスペース解約したらどうですか?どういう努力をしているのか示してください。見栄を張らずに身の丈に会った会社に変えろ!)
・正直給料を用意するにも頭を悩ましている状態だ(←そうですね、また誰かクビにしようとしてるんだもの。でも売上が無いくせに毎月役員には当たり前のように役員報酬をつけているのはなぜですか?)
と、まぁまぁ聞いていて怒りを通り越し口があんぐりなるようなことを言ってくださる、専務様。
お前のボーナス予想なんて聞きたくないのさ、こっちは。
出ないなら出ない、出すならいつ頃ってのをはっきりしてほしいんだ、こっちは。
大体出るとも思っていないんだからがっかりもしないしね。
何が腹立つって、どうせ社長に
「どうやらボーナスは厳しいようだ、って言って来い」
って命令されて私らの前でしゃべっているくせに、それをさもさも自分が感じていることとしてそれとなく皆に伝聞、というスタイルがよ!!
「皆も大変だろうけれど」
って心配するふりは鬱陶しいんだ。
本当に心配しているのなら、役員会としての方針をはっきりとさせてちゃんとした結論として教えろってもんだ。

これでいてお盆明けからはどうやら忙しくなりそうな気配だから余計にやりきれない。

0808 夏だルスツだワーイ
 
夏のキャンプといえばもっぱら洞爺湖だった子供時代を過ごした私。
そのせいか、ニセコやルスツあたりに行って遊びたいなぁ、と近頃漠然と思っていたならば「ルスツに行こう」と珍しく彼が言い出し乗り気だ(私が「ルスツ行こう」と提案すると、別に行きたくないだとか高いよなんて理由をつけて断るのが常だった)。
ということで日帰りでルスツリゾートへ。

あまり絶叫マシーン慣れしていない彼が「どれくらい怖いのか分からないって事がコワイ」だの「俺チビるかもしれない」と言う横で私は「へーえ」「ふーん」「どれもそんなにかわんないから」「漏らしたら他人のフリするからね」とどこまでも強気。
そう、乗り物だーいすきっ子だったから!!ただしこれだけは私の鬼門なのだ、これに乗ったばっかりに、帰りの車中で鬼太郎になった過去が・・・洗濯機に脱水って・・・ガクガク・・・)
しかし、色々乗ってくうちにだんだん三半規管はやられ、ガクガク体を揺さぶられることでぐったりもしてきた。
ランチタイムの後にまた乗ったらこれは大変なことになるだろう、と二人で意見一致、いくら乗り放題とはいえども子供の頃のように遊び尽くすのは無理であった。
しかし、最後に見た期間限定のサーカス(もちろん無料)が、思っていた以上に見応えがあってこれで十分元はとったなーというお得気分で帰ろうとすると、札幌方面への道はえらい混みよう。
渋滞慣れなんてしていない道民の我々は、ちんたら走るよりはと考えて大きく遠回りして帰ることに。
途中大滝村の道の駅(フォーレスト276。グランドピアノのあるトイレが有名)に寄ったならば、ここにまで"きのこ王国"が進出していてたまげた(喜茂別にしかないと思っていたのに・・・王国は北海道を乗っ取る気か?)。
まぁ一杯食べていくか、と100円のキノコ汁をすすってトマトを買って、きのこ王国の思う壺になったのだが。
さっそく車中でトマトをガブガブかじりながら帰っちゃったりして休日満喫の巻でした。

0810 びっくりしたなぁモー
 
今日は2つびっくりすることがあった。
一つ目はビックリというよりガックリである。

    お知らせ

夏期賞与について上期において受注不足のため資金調達が不可能となりました
従って賞与の支払いができませんのでお知らせ致します

        社長

・・・いつもならワープロなのに今回は手書きで気合いが入ってます!!ただし社長の直筆ではなく"タキコ(総務部長)"直筆だーーー。
ほれほれ、やっぱり土曜の社長息子のお節介な「ボーナスは厳しいと思う」発言は思うじゃなくて確定事項だったんでしょうがよ、と。
どういう意図でお知らせの紙より早く私たちにそっと耳打ちするが如く余計な前情報を流したのだろうかさっぱりわからん。
しかし、回りくどい言い訳くさい文章だなぁと思う。
だって売り上げが無いのなら賞与は無くて当然なものなんだから

資金調達が不可能となりました
従って賞与の支払いができません

のくだりは余計なんじゃないのか?
それに"できません"をわざわざライン引いて強調してるのが意味不明。
こんな張り紙している同じ時、故○○先生の○回忌の打ち合わせをなぜかウチの会社で行い、ジジィ共12人に会社の金で"うな重"ふるまってんだからな。

びっくりしたその2。
大通りビアガーデン最終日、過ぎゆく短き夏を堪能・・・どころか寒くて寒くて会社においているウールのカーデをはおってブルブルしながら飲んできました。
さてその帰り、酒が入るととっても陽気になっちゃう(なりすぎだったりする)Kっちと飲酒運転(自転車ですが)していたのです。
ある橋のたもとで我々は別方向へと向かうのですが、そこでいったん停止してさぁ信号が変わった、いざ発進!!という時にコテッと自転車から横に落ちて私が「あーあー」言ってるウチに彼女の上に自転車が倒れて、という事態に。
そう、橋の付近って坂になっているので酔っ払いには難所だったようです。
私もかごに荷物が入っているし、通行人の邪魔になるから自転車を倒して駆け寄るわけにはいかないし、スタンドを起こして止めようとしてもそこは坂なのでモタモタモタモタ。
幸い怪我もなく
「びっくりさせてすみませーん、大丈夫ですからー」
と言いつつ道路を渡ろうとするKっち。
「いやいやいやちょっとまって、そこね、横断歩道無いんだけど・・・」
「あっほんとだ、きづかなかった〜」
と言いつつも、迂回するわけではなく車の切れ目をねらっている・・・。
そこを渡りきるまで私はヒヤヒヤもんでした。
やっぱりこの子飲むとキケンだわ、と再確認してしまった夜だった。

0818 永らく
 
ご無沙汰しておりましたが、1年ちょっと続けてまいりましたこのHP、カクカクシカジカな事情により本日を持ちまして残念無念・・・


と、更新停滞の理由を書き始めようと思ったらお茶目心に火が点いて、ちょっぴり読者の方を騙そうなんていう(騙されてる人はほぼ皆無であろう無駄な演出)馬鹿な思考により指が勝手に動いてしまいました、こりゃ失敬。


みなさーん、お元気にしてますか?(って私はナニサマ?)


"ほぼ毎日更新中デス☆"とか某ランキングにコメント入れてるくせに、看板に偽りアリもいいところ、サイト開設以来最大の日記無更新期間中、覗きに来てくれていた方々にはなんと言っていいのやら・・・


あーりがとぉぉーーう(谷村新司風で)


とか言ってまた茶を濁してみる私・・・
とーりーあーえーず、私にとってのお祭りでありますところのRISING SUN ROCK FESTIVAL 2004 in EZOが始まり、そして終わったのでした。
これに関してはまーだ余韻を楽しんでいる、というか引きずっている私ですので、できる限りおもひでをぼろぼろと書き記していきたいのですが、何しろ時間がないのです、そうです仕事が忙しくなってきました、さらに明日は夜の街へ繰り出す予定、さらにその次の日の朝には消防の点検が我が家に入ります(察しのよい方はこれが何を意味するのかおわかりでしょう)、ということでゆっくりと(くだらない)レポを書く暇がありません(というよりもともとレポなんて呼べる大層なものは書けないくせに、というのが正しい)。
日記に突然RSRについて語りだす場面がややしばらく見受けられるかもしれません、ということをとりあえずお断りしておきます。
しつこい性格な私のことですから、1ヵ月後もまだ回想しているかもしれませーん。

今日も会社であーだった、こーだったとMさんと話をしていました。
うーん、こういうのもまた楽しいもんです、自分が見られなかったステージの感想だとかね。
興味の無い人にとったら「あっそう」てなもんでしょうが。
そのMさん、朝会社で会うなり、フードの火曜市シール(火曜の5時にいくともらえる'20円引×5枚'シール。それを自分で商品に貼ってお会計へ)を私の前に差し出し


「これ、おかんと一緒に並んで貰ったから来週使って〜」


と、言うではありませんか!!

あー、憧れの火曜市シール
絶対5時になんか並べないから手の届かぬ存在だと思っていたシール
7時にも配ってくれと投書しようかとさえ思っていたそのシール

が私の手に!!!
そこでなぜかRSRの缶バッヂの話題になり

私「岡村ちゃんのあるけど・・・」(・・・誰か欲しい人っている?と聞こうとしたのだが言い終わらぬうちに)

M「えっ、ガチャやったの?、私やってないから持ってないの・・・」(←もうバクること前提、食いつき早っ)

ということで缶バッヂ(100円)を譲ってあげることに。
今回の面子で一番見たいと言っていたから欲しがるかなーなんて思っていたら予感的中。
でも、変わりにあげるバッヂが無いよー、なんて謙虚に言うから、あらあら、値引きシール(100円分)とバクる(※北海道弁で交換するの意だよ!)ってことでいいんじゃないの?と話をまとめて商談成立いたしました。
すっごいささやかなんだけれど、微笑ましいエピソードがここに誕生!!(って自分でいうなよ)

こんな感じで日記再開していきますんでどうぞよろしくでっす。

0819 ピエロ
 
6月頃に妙なくじ運を発揮していたのだが、どうやらそれも打ち止めのようだ。
サマージャンボは勿論300エン一枚で終了したし、今日の会社の親睦会ではビンゴゲームで一度も当たらず終わってしまった。
これといって波乱も無く、ご馳走をたらふくいただいて、食い逃げ宜しく二次会には出ずに「おつかれさまでしたー」と爽やかに言い放ち私は夜の闇に消えていった。
なぜなら私はお客としてススキノに用は無いからだ。
考えてみても欲しい、ボーナスが雀の泪つづきで今回に至ってはゼロだよゼロゼロ、ビタイチもらえなかったんだよ・・・てことで、実は夜の街で私はせっせと働いているのです・・・


ウソピョーン!あぁまたくだらない猿芝居うっちゃった。
いい加減にしろよと座布団やら野次が飛んできそう・・・だいたいあたしにそういう商売が勤まるわけが無いのです。
お酌するのキライ、愛想笑いできない、ノリが悪い、話してもつまらない、腹の肉がひどい、と三拍子どころか五拍子はそろってますから。


話がだいーぶ逸れましたが、東京から帰省中の友人が来札しているためそちらへと向かったわけでッス。
それにあわせて室蘭からひとり、そして私、いつも一緒にライブにいっているKちゃんとの4人で集まることに。
彼女らとは小、中と非常に多感な時期を共にすごした仲間です(いや、私は多感ってより鈍感だったわ)。
5,6年で同じクラスになり、2つに別れてしまう中学でもいっしょのとこ、その上同じ部活(ブラスバンド)に入っていて・・・と思えばほぼ毎日顔を合わせていたのだった。
当時から男っ気は私たちにはあまりなかったが、今日会っていても(Kちゃんは仕事で結局来られなかったので3人。)まるでそっちの話にはならず、「結婚」なんて単語一度も聞かなかったし(でも私の周りでは確実に今結婚ムーブメントが真っ盛りなんですけどね)。
東京からやってきたEちゃんはほんとあいかわらずのトーク炸裂で笑っちゃったし、ものすごくポジティブっていうか飄々とした生き方、シンプルな考え方に私は絶句、であった。
大学卒業→米留学→ライセンスの会社→某新聞社のフリーペーパ作成の会社
と、私より社会人期間は短い割に既に転職経験アリ、しまいにゃ実はそのフリーペーパーの会社もつい先日やめて、もう別の会社の社員だって言うし!!えーーーーーーっ!!!
外へ飛び出したい派の彼女にとって編集の仕事(あくまでそこのだが)ってのは社内業務が満載で退屈で退屈でたまらなかったんだと。
「私は籠の鳥だったから・・・」
と哀れ口調の台詞3回は聞かされたし、いつ辞めるって言ったのかというと
「あぁ、ボーナス貰ったその日に言ったよ」
どうしてやめたのかという問いには
「つまらない仕事だったらやってる意味ないじゃないっ」
とすっぱり言い切り、それを聞いている私は口があんぐりだった。
彼女の前に座っている私という人間は一体何なのだろうか、と。

私の会社や仕事の方はどうなの?と聞かれ
「やー、去年の12月から給料一割カットで、夏はボーナスゼロだよ」
と答えながら

・・・あれ?私なんでこんないいところ全然ないあの会社で働いてるんだろう、おかしいな、滑稽だな、アッハッハ(乾いた笑い)・・・

と自嘲せずにはいられない気分、間抜けなピエロな気分(そうそう、室蘭から来ていたTちゃんは国家公務員で不満はひとつもない、というすばらしい待遇です)。
でも不思議と嫌な気分にはならなかった。
そうこうして笑ってるうちに楽しく時間は過ぎていった。

Eちゃんのお言葉に甘えて今度は私が東京に遊びに行こう。
海外はムリだけれど国内ならまぁ行けるし。

0820 盲点
 
昨夜遅くに帰宅した私。
消防点検に備えてお部屋を片付けてから寝なければ次の日の朝自分の首を絞めることになるってことをわかっていながらも、睡魔には勝てずウトウトしながら

・・・どうせ一時の恥だよ、汚くたって見られるのは所詮見知らぬ他人さ・・・

と都合よく考え、いやマインドコントロールして「グンナーイ」と眠りの世界に突入したのでした。
一応、7時に起きて片付ければなんとかなるしーということで。
とーこーろーがー

7時  ・・・まだ寝てる
8時  ・・・いつもなら起きているけれど、今日はどうせ会社9時に行かなくていいし
8時半 ・・・友達の電話をきっかけに起床

と、だめだめ人間まっしぐら〜なかんじでなんとか起きたのです。
そもそも何を点検しに来るのかと言うと、共用部にある火災報知器と、各戸内の天井についている感知器の動作を調べるためにらしいのです。
居間に1つ、奥の部屋に1つ、押入に1つ、洗濯機置場に1つで計4箇所についています。
居間はいいとして問題は奥の部屋ね。
だってほら思い出してみてください、7月に冷蔵庫が故障した時に

"隣の部屋に押込大作戦"

でもって難局を見事に乗り切った私。
ところがいいような悪いような、その押し込められた部屋に人が入るのではないか!!
もう押し込める奥の部屋はこれ以上ないよ。
しかも片付けるのに残された時間は1時間半。
ピンチってこういうこと言うのかな・・・ピンチはチャンスって、このピンチはなんのチャンスにもなりませんけど、切腹。。。ぐふっ。。。
とりあえず、逆立ちして良い考えが閃くまでひたすら待ってみました(byあばれはっちゃく)

・・・ピコーン、閃いたッ・・・"邪魔なものは出窓においてカーテンで隠せ作戦"

説明せずともその名のとおりの方法。
いやー、必要は発明の母とはよく言ったものだ。
「これで完璧ねーふふふーん、さぁ奥の部屋だってだいじょーぶよーーーん」と思いつつ検査の時を待つ私。
「さぁ来た来た、とっとと見て帰っておくれーっ」と、茶碗を洗っている私。
ん?待てよ、しかし、脚立なんて使うほどの天井高でもないのにどうして必要なのさ、と頭の片隅でモヤモヤ考えていた。
すると、検査員が
「あと、お風呂を調べたらそれで最後ですから〜」


ふ、ふ、風呂場だと〜!!聞いてないってばーーー


ノーマーク、まさか風呂場にまで潜入されるとは。
奥の部屋に気を取られて、というより風呂場にはないからのぞかれると露ほども思っておらず。
どうやら天井裏についていたらしく天井開口をガバッと開けてなにやらやっていた。
ちぇ、最後の最後で詰めの甘さが露呈。
というか普段から綺麗好きというか掃除してればこういう思いはしなくていいのに、ってやつだ。
でもね、朝起きて掃除したり茶碗洗ったり、先先週の人間の証明のビデオみたり、とかなーり充実の3時間をすごしました。
尻に火が着かないとやらないってだけで掃除はキライじゃないんだけど(かなり言い訳)。
家事をする時間の余裕があればもっと日々心穏やかに生きられるのになぁ、なんて思ったり。
私はそんなにカチカチカチカチ気持ちを切り替えたりすることが上手く出来ないから、仕事が忙しくなってくると'少ない隙間時間でも有効に手早くパパッとやっちゃいます的芸当'はムリで
「あー、疲れた疲れた、なんでこんなに働かないと間に合わないんだ、ブツブツ・・・」
と文句を言いつつグデーっとテレビ見てネットしてグーグー寝ちゃって部屋は荒れる一方になるんです。
そんな部屋をみて余計にイライラ→これだけ汚いのを片すには相当時間がかかるぞ→でもそんな暇無いよ!!
と神経がどんどん消耗していきます。
あっこれ数週間後くらいの予言ですから・・・。

0822 おめでとう〜
 
駒大苫小牧甲子園優勝おめ〜!!!
これは、北海道の人にしかわからない感覚だと思うんですが、スゴイよ。
私って甲子園とは言わずスポーツ全般で入れ込んで何かを応援するとか観戦するってのはせず、ワールドカップだのオリンピックだのだとニワカウォッチャーになる典型的なヤツなんですけどね。
小さい頃からの記憶では、大抵甲子園で北海道勢は一回戦負け、一回勝っただけでも「やるじゃん!」、そーんな感じでしかなかったのです。
去年の、雨の為ノーゲーム翌日に負けたってのこともすっかり忘れてました。
準々決勝と準決勝は会社で誰とも無くテレビをつけてなんとなくは見てましたけれど(こういうのだけはいい会社だわ)、点が入るたびに
「ウソでしょ」「ひょっとしたらひょっとするんじゃないの?」「いやいや優勝なんてそう簡単には」
なんてみんな口々に呟いたりしてました。
でも、本当に優勝しちゃうとは。
いくら調子に乗っててもそうは問屋が卸さないだろうよと、そんなに甘いもんじゃァないぜ、と。
自分が選手じゃないくせに「勝てる」と思ったらその邪心で負けるんだ、なんて思ったり(かなり余計なお世話)。
夏の甲子園でベスト4に北海道勢が入ったのが昭和3年て・・・戦前なうえ"北海中学"だって、旧制かよ、ってくらいに昔ですぜ。
とにかくよかったよかった、北海道にとっての明るいニュースはカモンカモーン。

ただ、今日あまりにもがっかりしたことがひとつ。
昨日ヨドバシにてお買い物をしてまして、彼がパールジャムのDVDを手に歩いてきたんです。
その時私はレッチリのライブ映像の流れているテレビに釘付け。
「ねぇねぇこれ買わないの?」
と問うてみて、じゃぁこれも買うよとテレビの下にあったブツを手にレジへと向かったわけです。
んでんでそれを今日の朝再生ボタンオンしたところ・・・

「あれ、なんで映像は?」

画面が黒いままDVDプレイヤーは「CD」という文字を光らせ再生中。
えっ、これCDだったのかよ・・・ガーン・・・、2枚組みだからもう1枚は?と思ったけれど見事に2枚組のCDでした・・・。
お陰で「お前俺を騙したな」とかケチつけられるし、それを言うなら私もヨドバシのディスプレイに騙されたよ・・・。ケッ。
確かにCD自体は最近発売のものだったけれど、映像は去年発売されてたやつかよ・・・(いやいや、それ自体見逃してたんだからどうしようもないんですけど)勝手に騙された私らがアホなんですけど、なんだかやられた〜な気分に朝からなっちゃって悔しくて。
ばーかばーか自分のばーか。

0824 迷案
 
先週入手した"火曜市20円引×5枚"シールを手に夜の街には目もくれずフードセンターを目指す。
「ほんとにこんなシール貼るだけで安くなるの?」
と疑念を抱きつつもレジへと向かう。

おーーー!!!貼った品物全部20円引きだぜぃ

と思いつつも態度は至って冷静に、な私。
イヤラシイなぁ、って感じですけどコレが私です、えぇそうです。
更に私はシールを貼りながらあることに気付いていたのでした。


・・・こっ、コレは・・・再利用できるんでは?(悪魔の囁き)


そう、予想通りレジで剥がされる事も無くペン等で印をつけられることもなくそのままシールが残っている(ヤタっ!)。
だってこのシールってば毎週火曜の17時限定で配られるんです。
そんな時間に並べないっつーのねぇ。
だいたい今日だってレシートの打刻によると、レジに並んだのは22:50・・・。


「皺皺にならないように上手くはがせばしばらく使いまわせるんじゃないかしら?」
「あら!それなら任せて!!設計事務所で培ったチマチマ細かい作業なら任せて!!」


てな具合にペリペリーっと帰って速攻シール剥がしに全力投球。
仕事が実生活で役に立ったぜ、珍しく・・・。
こんなにシール如きでネタ引っ張ってますが、今日の買い物は"739円→シールで100円引→639円"という庶民丸出しな金額でした。
何もこんなみみっちぃことをweb上で曝け出さなくても、もうちょっと他に書くことはないんかい!!って感じよね、いい歳した大人が、レディが(!?)

そうそう、今日たまたま聞いたお話。
某宗教団体が、「バスが壊れたから」だかという理由で札幌⇔函館をタクシー60台使って行ったことがあるんだってさー。
ちなみに片道1台7万円だと。
「一日で400万だよ、、それって信者から毟り取ったお金なんでしょー!!!」
と思わずにはいられません。
私は宗教を十把一絡げにしたり、否定するつもりは毛頭ありませんが、こういう話聞くと
「なんだかなぁ」「やっぱりなぁ」
という気がしてならないのです。

0825 レース
 
開いてるのか、閉じてるのか、と問われたならば「閉じ気味です・・・ムニャ」と答えるくらいに目をしぱしぱさせながらも、一直線に会社をめざして自転車を走らせる。
すると、前方からスーツを着たリーマンがやってくる・・・一目で恋に落ちちゃったアタイ・・・とかいうなら面白いのだけれど話は違うのだ。
前から来る人を避けようとしてどちらかに寄ったら相手も同じ方向に、右左右左、ということは少なからず誰しもに経験があると思うんです。
私が微妙に車道側に寄って避けようとしているのに前から来る奴はどっちに寄るでもなしにまっすぐ来る。
ヤツが、同じくらいの距離を逆側にずれてくれればすれ違えるな、という読みの分しかよけてないのに、このままではキケンだ。
かといって私もヤツもスピードを緩める気配はない。
「お前少しはどけろよ」と思っている間にもヤツとは近づいていく・・・。
朝っぱらからチキンレースさながらの攻防!!
結局すれ違う直前に向こうも少し進路をずらしたため無事通過。
しかし、なかなかどかないヤツにムカッときていたため

チッ

と舌打ちしてやったのさ・・・そうしたらどうだ、ヤツも同時に「チッ」って舌打ちしやがったんだよ!!
すれ違いざまの同時舌打ちでますますムカっときてしまった。

もっと時間に余裕を持って家をでればいいのよね、そうなのよ、そうなのよ・・・

0826 現物支給
 
ぽりぽり、ぽりぽり・・・ボーナスがわりに昨日貰った「とうきび」を食べています、どうもこんばんわ・・・。
ボーナス代わりっていうか、給料日にとうきび配られた時にゃ

まさか、「給料はこれで」とかいわないでしょうねぇ

と、社員にネタにされる会社ってどうなのよ。
「とうきびって買ったら一本幾らくらいですかね」
「100円くらいでないの〜」
「これで500円か・・・」
という会話が私と後輩の間で交わされてるんだよ。
まぁこのとうきびの差し入れってのはある先生からの毎年恒例行事なのです。
一人当たり5本くらいだから貰ってうれしいけど持って帰るのに一苦労(そんな日に限って街に寄る予定があったりする)、家族持ちならまだしも一人じゃちょっと多い量であります。
貰える物はなんでも貰うけどヨ!!
去年か一昨年のはさっぱり味がせず、好き嫌い無しで有名な私でもさすがに「不味い」とポツリと漏らすほどだったのだが、今年のは激ウマです、やっぱり夏らしくて暑い日が続いたのが良かったのかなぁー。
今年はきっと米も旨い筈、台風よ来ないでおくれー。

0827 告白
 
うっふんあっはん、CHINKO大しゅき!makkiです。

初っ端からぶっちゃけてしまいましたが、実のところ私はCHINKO大好きっ子なのです。
それはもう、ブルガリアの人達が毎朝ヨーグルトを食べるのと同じぐらいのペースで(つまり毎日)、あたしの体が、火照った体が、マイバディぐぁっ!求めて止まないのですから仕方アリマセン。
それはもはやDNAが欲してる私の片割れといっても過言ではなく、心の隙間と体の隙間(イヤン!)を埋めてくれる神聖なるアイテムなのです。

とはいえ本物のCHINKOをヨーグルトのように食してしまうなどという事は、日記サイト界のぽっちゃり・もっさり・うっかり系アイドルと呼ばれるmakkiさんには出来ません。
だって、あたいはレクター博士じゃないもん・・・。
どこにでもいる”普通の”CHINKO大好きっ子なんだもん…。
"平成の阿部定"なんていう見出しが躍る新聞に載りたくはないもんね。

ではそんなmakkiさんのCHINKOドリームを叶えるのは何か?というとキノコですね。
ベタでごめん遊ばせ!
まあ、ウナギの代わりにアナゴを食べるのと同じ事で、CHINKOの代わりにキノコを食べるというのは、CHINKOマニヤたちの間ではもはや定説ですよね、ね?
ほとんどのCHINKOフリークたちは「何をいまさら…」って思っているでしょうけど、今日はそんな当たり前の事を書くためにわざわざweb日記なんかを書いてるんじゃないのよ。奥さん。
あのね…なんかね…

今朝目が覚めたら、股からキノコが生えてたの!

…いや、CHINKOラヴな私でもそりゃ驚きますわよ、あーた。
もしかしたらキノコの食べすぎ???
キノコの菌糸が私の魅惑なバディで繁殖を始めたっていうの???

確かに私はCHINKOサマの夢を毎晩見ますわよ。
昔は、白馬に乗ったCHINKOサマがいつか私をさらってくれるんだと夢見る少女でしたわよ。
今は大人だから、馬よりもリムジンに乗ったCHINKOサマに興味がありますわよ(玉の輿狙い)。
でも馬並みのブツ(お下品)だったら、ちょっと好奇心がズッキン!ドッキン!かも!?…そこが揺れる乙女心ネ!

ああ、いっけない私ったら!話がそれてしまってごめんなさいね。
私、CHINKOサマの話になるとつい夢中になっちゃって、ガッツ石松みたいに自分の世界に入っちゃうの、おーほほほ・・・。

とにかく神聖なる私のバディに降臨されたキノコ様は、もしかしたら神様が私にお与え下さったCHINKOサマの写し身なのかもしれないわ。聖母マリアの処女懐妊と同じ理屈よ!そうだわ。きっとそうに違いない!

私のバディにはCHINKO神サマが宿っているのよ!

これから私はこのキノコを『チン子ちゃん』と名付けて、未婚の母として立派に育てていきます!私が一人前のCHINKOに育ててあげるから、『チン子ちゃん』もママンの言う事を聞いて立派な馬並みに育つのよ!

というわけで明日からウチのサイトは『チン子ちゃん』観察日記サイトに生まれ変わります!
これからもよろしくね!テヘッ!



















おおおおおーい!!!
100メートル先までドン引きして後ろずさっていってしまったそこのアナタ、お願いだから戻ってきて・・・うぅう・・・これには理由が・・・聞いて頂戴よー。
リアルでも下ネタはさらりと流しちゃうクールなあたいがこんな「さて問題です、私は今'CHINKO'と何回言ったでしょうか?」的なテキスト書けるわきゃないのよ。
これはテロなんです。サイトジャックされたんです。ETGに・・・

エロ・テロリスト greenにね・・・

とか言っちゃってるけど実際は"代打なりきり日記"に参加しますとうっかり言ってしまった自分が蒔いた種なのです・・・あのぅどこら辺が"なりきり"なのでしょうか・・・。。
「一日日記かかなくて済むわー、イヒッ」なんて生ぬるいもんじゃぁありませんでした。
私のほかにもETGの犠牲者(?)が5人ほどいらっしゃいます(ここまでの経緯はNo-Less
をご覧いただくと大変よくわかります)
私で6人目、しかも"トリ"ですよ。
他の方に割り振られた日記を読んで自分の浅はかさを呪うには十分な時間がありすぎました。
でも、男に二言は無いのです(注:ここ、つっこむところです)、約束は守るんです、遅刻をしてもドタキャンはしないのが私のポリシーですから!!(それもどうか・・・)
ただ悔しいことに事実私はきのこが大好きなんです、椎茸・なめこ・しめじ・えのき・なめ茸・ボリボリ・・・だからって股からきのこ生えてたまるかコンチクショー!!!あっ、スミマセン、つい取り乱してしまいました。
「スイカの種食べたらおへそから芽がでるぞ〜」なんてのは聞くけれど
「きのこ食べ過ぎたら股間からきのこが生えちゃうぞ」ってことかしら。
greenさんの想像力、妄想力には完敗です、カンパーイ・・・(ついに私壊れました)

以上No-Lessのgreenさんによる"20,000HITサンクス・ギビング・ダイアリー"企画でした。
皆様お疲れ様でした!

0828 さてと・・・
 
心機一転、普通の日記で今日からは参ります。
昨日のを読んでしまったがために幻滅してリンクなんてはずしちまうぞ、というお方がおられましたら、どうぞ遠慮なく予告なく外されても構いません。
実生活では「これでもか!」というほど注意深く、大きく道を外れることもなく、反抗期というものもそれほどなく、地味〜にやってきているものですから、虚構の世界くらいちょっと悪ふざけもよいかなぁ、なんて思いで昨日の企画には参加させていただきました。
ただ、そういうギャップが「アイタタタ」という風に映ってしまったらそれはそれで仕方ないとも思ってます。

さて今日は1年ぶりくらいでパーマをあててきました。
ストレートにも飽きてきたのでそろそろ・・・と一ヶ月前位から思っていたわけです。
しかしパーマをかけた後の自分をみていつも思うのは、

「あぁ、いまいち似合ってないなぁ」

眼力が足りない顔なんで、'ポワーッ'っとやさしい雰囲気になるのかと思いきや、どこかにみみっちいプライドや負けん気、意地のようなものが見え隠れしていて変に気の強さが表れてちぐはぐな印象なんだろうか、なんて自己分析してみたり。
明日からはちょっときちんとメイクを・・・なんて具合に乙女心が刺激されちゃってます。
さていつまでこの気分は続くのやら。

0829 いいもの
 
うちのすぐ裏手の道路は毎年北海道マラソンのコースなので、去年は長谷川理恵見たさに沿道へと立ち、今年は"千葉真子をひと目見よう"という相変わらず不純な動機でチラ見しに行った。
男子のトップは既に通り過ぎていて後を追うランナー達が走ってくるがなかなか女子の先頭は来ない。
私は筋肉質の脚、脚、脚に目を奪われながら「千葉はまだぁ〜」と呟きながら待っていた。
するとキタよ来たよ、女子先頭をカメラで捉えている中継車と一緒に。
くたびれた感じの男子ランナーを何人も見た後での千葉真子・・・。
迷いも疲れも見せず(少なくとも私にとっては)美しいフォームでしっかりと駆け抜ける姿に「すごいなぁ」とただただ思った。
いやぁいいもの見れてよかったよかった。

そんな私が今日ちょっとうれしかったことは、久しぶりに淹れたカフェラテのスチームミルクが上手に泡だったこと。
天使のヨーグルトがプルンプルンにできあがったことだ(種菌と牛乳を混ぜただけですが)。

0831 さよなら8月
 
台風直撃〜?かと思ってたら肩透かし(被害に遭われた方たちには申し訳ないが)な札幌地方でしたが・・・。
私、今日は雨だからってスニーカー履いて会社へ行ったんです。
さてと着替え始めたらスカートなのに、履いてきたくるぶし丈のソックスしか無いことに気付いてしまう。
おいおい、田舎のおばちゃん事務員か?なんて思ったけれど待てよ札幌だって北のハズレだし私の年ってどっちかってーとおばちゃん寄りか、あれれれれー。
一日ナマ足にくるぶしソックスという中学生にもいるかどうか怪しいいでたちでした。

今日は台風が運んできた熱気のせいか、帰りの夜道は最近にしては生ぬるい風が吹いてました。
しかし明日からは9月。
お盆を過ぎたらストーブやスタッドレスタイヤのCMが流れる北海道じゃぁ秋を通り越して冬にまで意識が飛んでいき、なんだか気も滅入ってくるってもんで。
仕事も忙しくなってくるのかと思うと余計に・・・。

あらあらどうでもよくて、暗い日記だわ。