×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

☆2004年05月☆

0501 仙台3日目(1)
 
9時頃kanoが起き出した気配を感じつつもややしばらく布団でモゾモゾの私。
やっと一発気合を入れて起床、10時。
まずはラーメン国技場へ。
本当なら仙台ご当地ラーメンを食べるべきところだが、ちょっと人が並んでいる人気店なら間違いないだろうと踏んでのことだ(要はうまけりゃなんでもよいのさ)。
仙台メディアテークの傍に車を止めてそこからちょっと歩いて彷徨う。
国分町っていう札幌でいうところのススキノのような繁華街の中にあるらしい。
「あれーあっちの方だと思うんだけど」と勘に頼ったナビ:kanoが行く後ろを着いていく。
夜のお店がたくさん入ったビルの看板で「アレ」と私の目が留まった。
「Crispy!」っていう赤地に白の文字の店名・・・スピッツのジャケからパクってるよ。
よくよく見ると「スピカ」だの「宇宙虫」だの「ハニーハニー」だの思いっきりスピッツの曲名の店が!!
思わず激写してしまいました(友達には「makki」しか気づかないよね、とのお言葉を頂く)。
(これがその写真です)今落ち着いて見ていたら他にも「メープル(←楓じゃん)」「SPIDER」「ルナルナ」「プチみかん(ミカンズのテーマ?)」これらのオーナーは同一でかつスピッツ好きに間違いない!という私の予想。
ここまであるならいっそのことマサムネさんよ、「仙台サンライズ」でもなんでもいいから作ったらどうでしょうか。
おっとっと話が大分逸れたが、ラーメン国技場に思いっきり昼時(12時かよ)に着いた割りに思ったほど混んでもおらず、なぁんだと肩透かしを食らった気分。
喜多方ラーメン坂内食堂か神戸山神山人のどちらにするか迷った挙句人が多く並んでいる山神山人にしてみる。
思ったほど待たされること無く着席し、ラーメンも割りとすぐ出てきた。
なるほど細めんだからだねぇ、なんて思いつついただきま〜す。
とんこつだけれどあの臭みはまったくないしあっさりだなぁーとズルズルすすり上げモグモグ。
さすがに中盤を過ぎると飽きてきたが、なかなかおいしかったです。
さて帰ろうと店から出ると喜多方の店に行列が!あぁあっちも食べたかった、しかし胃がそれを許さない状態なので国技場よさようなら。

お次はヒルサイドアウトレットへ。なんだよ、またショッピングかよおめえは、なんて言わないで。
TGMって雑貨屋さんはなかなかそそられるものが一杯でしたが、旅人の身空では迂闊に手を出せず。
でもなかなか「これは」と思うものもなく、まぁこんなものよのうと諦め。
「これなら買っても良いかな」と思ったものでも値札を見て、ここでこの値段はどうなの?と思うと買う気にはなれないからだ。
結局レゴショップとクリケットザスットックっていうTOPKAPIの会社のとことでチョロチョロと買っただけで終わりました。
大して張り切ったわけでもないけれど、日頃運動不足の我々はそろそろ足がいたーくなってきたわと、くたびれモードになりつつ時計を見たら「あらもう5時」、作並温泉「一の坊」へと車を走らせます。

0501 仙台3日目(2)
 
作並温泉は札幌で言うところの定山渓温泉のような近さ。
すっかり田舎な雰囲気なのに駅周辺と同じ「青葉区」だというのがなんだか不思議。
「いらっしゃいませ、ご宿泊でしょうか?」
という丁寧な挨拶に「い、いいえ・・・日帰りですぅ」と薄ら笑いを浮かべてスンマセン、といったなんかちょっと卑屈な態度でもって答える。
あぁ、今日泊まっていければ最高だねぇー、と言いながら日帰り専用ロッカールームへ向かう途中には良いにおいが漂う(釜飯が一押しの居酒屋があったのだ)。
浴衣に着替えてお風呂へ向かうのだが、ロッカーが2階で風呂は地下、それも階段をこれでもか!って程下ったり何度も曲がってたどり着く。
露天風呂はちょうど女湯が「広瀬川源流」の方で、立ち湯やら4つの風呂が楽しめてお得度満載だった。
男湯の鹿覗き風呂には寝湯があり、それはそれでちょっとうらやましくもあったが。
私は余裕で立っていられるのだけれど、友は「実はこれつま先で立ってるんだよね」と苦笑い。
そんなこんなでお風呂を堪能した後は、内湯と露天の中間にあって気になった「大根茶屋」へ寄り、お茶漬けとふろふき大根をオーダー。
「あれ、さっき来た人だよねー」と笑顔を向けられるけど、寄ったのは初めて。
なかなか面白そうなおばさんだ。
お茶漬けを作る前に、セルフの茶器の掃除ちょっとやってから・・・と右往左往したと思えば、今度は男湯と女湯の交代の時間が来て、そのおばさんが札を取り替えて中の客に声をかけたり、新たに来た人を誘導。
その間にも大根茶屋にまた新しい客がきて食器を下げたり注文を受けたりでてんてこまい。
そのうち私と隣の客の中間、どっちかというと隣の客よりにあった携帯から奇妙な着信音(蛙か何かの鳴き声みたいな)が音を立てはじめた。
ところがその男は無視を決め込んでいるのか出ようとしない。
私は「ちょっとなんで無視してるのさ」と思っていたのだが、あっちはあっちで私の電話だと思っていたようだ、そう、それは彼らの前にいたカップルが忘れていった電話だったのだ。
それに誰も気づかずにいたのでフロントから忘れ物の電話が来ていたのに「あら、知らないって言っちゃったよ私」とオバサン。
急いでまた電話をすると、どうやらこっちまで持ってこいと言われた様子。
ただでさえ忙しいのにこの言葉にキレたらしく「そんなこと言われてもねぇこっちも忙しいんだし、取りに来てくださいよ、お客さんが忘れていったんだし、本人にでも」
まったくもっておばちゃんの言うとおり。
携帯を忘れた客に尽くすためにこっちをなおざりにして良いって訳が無い。
ノーと言えるおばちゃんかっこいい!なんて思わず応援してしまう。
しつこく持ち主が鳴らしてくる携帯に「ウルサイ」なんて毒はいたりしつつも取りに来た持ち主には
「あらー、ちょっと大事なものなんだから忘れないでね」と嫌味と悟られない感じにやんわりとたしなめていた。
その過程をずぅっと見ていた私たちは面白くて仕方なかったが、きっと今日はえらいストレスがたまったろうなオバちゃん・・・と思い最後に「頑張ってくださいね」とこんな小娘がエールを贈ってしまった。
お土産屋である張り紙に目が釘付け、「假屋崎省吾がはなまるでおめざに・・・」と、写真入で紫豆入りのうぐいすもちを紹介しているのです。
なんだか妙な説得力があの顔にはあって、ついつい「家への土産に買っていこう」と手にとってしまった影響されやすい私。

さて、日もとっぷり暮れて真っ暗な道を友人宅へと向かう。
まさか、今日「鳥小屋」休みじゃなかろうね?と心配していると、予感的中でがっくり。
仕方ないので別の居酒屋へと急遽変更、こんなことなら一の坊の釜飯食べてきたよ。
腹減りだったのを、「今日は焼鳥」と腹に言い聞かせて我慢したのだから。
さて、居酒屋「あじゃり庵」エビスビールの泡がめちゃめちゃ美味しく、一人でウマー(kanoはドライバーなのでノンアルで)。
しかしここのメニュー謎がいっぱい。
「とりあえず」だの、「手抜きピザ」、「北大西洋条約機構オムレツ」・・・。
そのオムレツを頼んでみるが、どういうものかは食べながら考えてください、と言われる。
出てきたのはソースと青海苔がかかったオムレツ。割ってみると中には葱と納豆が!!
えっ、これのどこが北大西洋・・・なんだよ、まったくわからない。
だいたいその条約ってどんな内容だったかさえ忘れてしまっている。
しかし数分知恵を絞って「ウワッ」とおののく私、そうか・・・そういうことか。

酒とつまみを買って家で飲みなおし。
オンエアバトルが丁度始まり「今日は5位が同点で2組いるので総勢6組のオンエアでーす」と聞いて、なんだかものすごく得した気分で「ラッキー」と喜ぶも、一組目の途中で眠りに落ちてしまった・・・。
酒飲んでものすごい眠さに襲われたのはこれが初めて、薬でも盛られたかのような眠り方だった。
仙台最後の夜はそんな情けない結末であった・・・。

0502 さようなら杜の都
 
15時20分仙台発の飛行機なので、どこか行く気になればちょこっと行けたのだけれど(例:ラーメン食べに行く、牛タン食べに行く等)だらだらな私は「もう十分だわっ」とどっしり構えて11時までぐだぐだ眠っていたのでした(友達は9時頃から起きてチョコチョコ動いていた)。
もうあれだ、気分は殿様。
ほんとに楽しい4日間でありました。
ありがとう、kano。
何にも追われない本当の休日を過ごせて、そして行ったことのない地での刺激とですっかりリフレッシュできました。
お土産は空港でまとめ買いすると決めていたので2時前に家を出ることに。
それまでの空いた時間を有効に使うべく私たちがやったこと、それはh美に手紙を書くこと!!
一見あら、随分と優雅な午後ね、なんだがこれには理由がありまして・・・私とkanoは揃ってO型。
ぬゎんと、4ヶ月経ってから年賀状の返事を書いていたのです、うわっ。
ほんとに「ぐず」以外の何者でもないですよ。
いつかやろう、時間が無いから、なんて言い訳で5月になるかね。
ただ単に取り掛かるのが面倒だったっていう話ですよ。
日が経てば経つほど後ろめたい気持ちも増幅して、いっそのこと返事を出していないってことそのものを忘れられた方が楽なのだけれど、心の隅にずーっと小骨のようにひっかかていたのです。
それが私だけだと思っていたら、旅行の打合せをしていた電話でkanoもそうだと知り、それでは仙台で一緒に手紙をかこう、ということになったのです。
はたしてこんな手紙を受け取ってh美はどう思うだろうか・・・。
手紙を書き上げ(友人にいたっては、11月に出すといっていた別の友へのも勢いで書いていた・・・)、さよならkano邸記念でパンダと記念撮影(全然関係ないね)を済ませて出発。

飛行機の発着地って、千歳にあるのに「札幌」ってなってるのはなぜかー、みたいな話になる(こういうどうでもいいことを考えてどうでもよい答えを出して納得するのが楽しい)。
それ言ったら仙台空港も仙台市にないよー、なんて具合に。
それ言っちゃえば新東京国際空港だって千葉だもんな。

空港で土産をしこたま買い込み値段にぎょっとしつつも、これで人間関係が円滑に行くと思えば安いもんよ(泣)と自分に言い聞かせてみる。
気づけば出発時間まであと20分ちょっと。
いっそいで「ずんだシェイク」をチューチューすすりながら泣く泣く(泣いてないヨ)友としばしのお別れをしたのでした。
ここでも假屋崎省吾がはなまるでご紹介!との張り紙が。
またもや假屋崎のおすすめに乗って買ってしまうか、と思いきや、さすがにお土産さんざん買い漁った後にはそんな気は起きませんでした。

帰りの機内にビックリ!!
定員が何名かわかりませんが、乗客人数を思わず数えてしまった私。
18人って、はじめてだわ。
前方にみんな集められていて、後ろがガラーっとがら空きなのね。
乗ってからものの10分程で夢の世界に飛び立った私は飲み物さえ飲まず寝こけていました。
本も開いたものの、読んだのは2ページくらい。

久しぶりに降り立った蝦夷地は枯れ木枯れ木のオンパレードでもの哀しい雰囲気でした。
ちょろっとは新緑も芽吹いてきてるのかもしれないけれど、「最果て」感がこうも漂うかね、という寂しさ。
どんより曇っているし、川は雨の後なのか泥色に濁っているし、なんとも言えぬこの感じ。

千歳からまっすぐ実家に帰り、「ぐーたらで」休日大満喫の日々は続くのです。

0506 うーん、筆不精
 
書きたいことはいっぱいあるのに、筆(?)が追いつかず、というか遊びすぎのつけなのか、これは・・・。
実家にいる間、まぁぐーたらしていたのは言わずもがななんですけれど、来客もあったりして書きたいことは結構あるんです。
でもとりあえずやっつけで今書いているわけなんですが。

今日からいつも通りの「会社の日々」が始まり
「○○さん、ちょっと!」
という声がかかりやしないか、しょっちゅう気にしながら過ごした訳で。
専務と部長がそばに来るたび警戒してしまうし。
そんな中明日はいきなり出張だし、と。
着ていく服がこれまた無いのにびっくり。
去年大活躍のパンツはさきほど履いたら見事にきつくなっており、とてもじゃないけどムリムリ・・・。
「どこまでこの体は肥えるおつもりか」と私が聞きたいね。
それに反して私の彼はもちろん連休ナシの、ここ2ヶ月で1日くらいしか完全休日はないっていう激務が続いておりまして。
見事にしぼんでいき、後姿の肩はがっくりと落ちて、横から見ると「ぺらぺらになっちゃってるよ、紙みたいだこの人・・・」って感じなのです。
友人にしても、弟にしても彼にしても、仕事が忙しくて激痩せ、というわたしからしてみればなんとも羨ましい限りの人がなぜ周りにはこんなに、といったかんじです。
でも働きすぎて地味に彼の心も荒んできてるなぁなんて思うのですが、私は私でいつ「きみ、解雇!!」っていうお達しがくるのかと気が気でなく、連休前は3日間くらい耳鳴りがしたし、昨日は「連休明けの仕事がイヤーっ」ていうのとはまた違う「イヤ」があって微熱が出る始末。

しかし、今日は先週お世話になったkanoが帰札したっちゅーことでIつーと3人でだるまへ繰り出した私。
Iつーに「春」がやってきたらしく、それを根掘り葉掘りチクチク苛めながら聞き出すという、Iつーにとっては迷惑以外の何者でもないような時間を過ごしてきました。
そんな中で、情報を聞き出す代わりにIつーが私たちにも質問してきたんですが、それにより思い出したっていうか「へぇそうだったっけ?」と私が忘れていた過去があったので書き記しておこうと思います。
あれはウン年前(忘れるくらいに前)、私が彼に告白された時の話なんですが。
まぁ、彼とは部活がいっしょで私が周囲を巻き込んでの(今考えるとイヤだな)アタックをしているのにあまり反応がなく「ナンなの、この人は友達以上には思ってくれてないのかな」と、諦めた方がいいのかななんて思ったり思わなかったりの時期だったと思うんです。
確か、うちに遊びに来ていた彼が「んじゃ」っつって帰っていきました。
しばらくして「ピンポン」と鳴ったので外を覗いてみると「アレ、○○さんだワ(←一応先輩だったので)忘れ物でもしてったかしら?」と思いドアを開けると・・・。
まぁこの先は省略。
この光景は今でも覚えているのですが、私の中ではすっぽ抜けている驚愕の事実があったのです!!
それをkanoは覚えていたらしく、というかそこの部分が特に印象強かったらしく・・・。

「たしかmakki、顔洗ってて泡だらけのまま出て行ったんだよね!」

えっ、ええええええー?そうなの、私泡だらけのままで出て行ったの?
っていうか、泡くらいちょっと待ってもらって流しておけよ・・・

うん、そう言われればそうだったかもしれない・・・。
いやー、kanoに話しておいてよかった、それじゃなきゃ思い出すこともなかったろうし。
と、たいしたことのない話ですが、また忘れそうなので、記録に残しておきます。

topの0574の投票ボタンの下のコメント、なんか浅ましい感じがして自分でもちょっとヤなんですが(じゃぁ書くなよ)、友人達が揃いも揃って、「あれ押すと変なとこにいっちゃうかと思った」と言うもんですから・・・(怪しい広告とかブラクラなんかと思って警戒していたらしい)。
言い訳じみてますますおかしいんですが、「あっ、今日のおもしろかったわ」という日で結構ですので、たまに押してくださいまし。
日記の上部にあるリンクでも構いません、どうぞよろしゅう。

こんな戯言書いていないで早よ寝ろ、私。

0507 今日のわたくし
 
いつもより1時間近く早起きした私。
札幌駅9時の特急で某市へと向かうためだ。
やってくることといったら、ほんの数箇所の訂正、ものの10分とかで終わってしまうものなんだけれど。
無事乗り遅れずに(それどころかまだ電車もきてないし)、車中では仙台旅行で手に入れたタンブラーにいれて持参したコーヒーをノミノミ、パンをつまみつつ本をパラリ、あら素敵な朝じゃないですか。
私の大殺界はきっとこれだったんだ・・・というほど振り回されて、人格が変わってしまう程の散々な目に遭った某物件の現場を見学。
あまりに設計変更が多すぎて「結局こうなったんだっけ」と、自分でも記憶があやふや。
でも自分が描いた図面が3次元になってるし、あっちこっちに見覚えがあって面白かった。
帰社してからは、「あぁ、いつ自分が別室に呼ばれるのかな」と心配してソワソワ、っていうかキリキリキュ〜?
専務と部長コンビが「おい、○○(部長)ちょっと相談がある」とか言って別室で話し出したら

「いよいよか?」

と思うじゃない。その話し合いから戻ってきて「なにこそこそ相談してんだ、コノヤロー」とか思ってる私のところへ部長が来て
「おっ今何やってる?図面はどのくらい揃ってるんだ?」
なんて仕事の詮索してくれば、

「あぁ、ついにその時が・・・?」

と思うじゃない。私の仕事が切れるとき狙って斬られるのかヨーって。
誇大妄想が膨らみっぱなしで仕事に身も入らないし。
でもその後私以外の下っ端に
「今なにやってる?」「今何やってる」
って詮索入れてたとこみると、新規の物件か急ぎの何かで入れる人が何人いるのか?って探してるだけかしらー、って気もしてきたりで、結局私の取り越し苦労なのかーなんて風に考え直したり。

明日は母が札幌に来るので部屋をちょっと片付けないとなー、でもまぁひどく汚いところを何度も目にしてるから、むしろ今回はまだましじゃない?などとちょっと余裕をみせてるわたしですが、決して写真公開などはできません(目に毒なだけです)。

明日Tくんっていう(3,4年は会ってない)部活仲間が札幌に来るらしく、ちょっと会ってみたいなー、でも母さんくるしなー、と困ってます(幸せな悩みだわ)。

昨日くらいからどうも噛み合わせというか、左こめかみに違和感があってイヤーな感じ。
まさか顎関節症じゃ?と密かに恐れています。
ちゃんと真上を向いて寝よう。

昨日のお願いを聞き入れて実行してくださったテンシのようなお方がなんと☆4人☆も!!!!
順位が8ランクアップしました(やっぱりうれし〜)☆
そんなポチッっとボタンを押してくれたあなたには、きっといいことがありますから(ズバリ道端で5円を拾うでしょう)。

0508 ハイパーばーちゃん
 
11時半ソッコー退社、母と伯母とまるいでお買物。
母には3人の姉がいるのだが、そのなかでも年が近いこともあって一番仲の良いすぐ上の姉が今日会った伯母だ。
この面子inまるい(他だってあるが)というのは私が小さな頃から数え切れないくらいに経験してきたから、ちょっぴり感慨深いものがある。
母たちの服選びに退屈し、床に落ちている針を拾ってポケットに入れて毎回怒られていたちいさな子が
「そろそろ無職かも・・・」
なんて言葉を吐くようになるとはね。

夜のTクンを囲む会(?)に行きたいけれどどうしようの悩みも、母は伯母の家へ今日のところは行って貰う事で解決。

「パルコ地下のラッシュで待ってるね」
kanoとまず待ち合わせ(なんて女の子っぽい約束場所なんだ)。
kanoは正月の帰省以来ラッシュがお気に入りになった様子なのだけれど、まだ仙台には無いから札幌に来た時にラッシュを覗いて見るのが楽しみなっているご様子。
一緒になって見ていると何か1個くらい石鹸買っちゃおうかな!とまた私の悪い虫も騒ぎ出すが、2つも使いかけのがあるじゃないかと堪えてみた(エライゾ私)。

さて札幌の待ち合わせと言えば大通りなら「ヒロシ前」、すすきのなら「ロビ地下」が有名だ。
ヒロシ前というのは、地下鉄大通駅構内の三越前なんだが、「ヒロシ」というテレビがあるのでそう呼ばれている。
「ロビ地下」というのはすすきの駅改札口前でそこがロビンソンデパートの地下入り口前だからそう呼ばれているのだろう。
7時を数分過ぎて着いた私たちは何分くらいTクンを待っただろうか。
改札をくぐりぬけてくる人波に目を配るも一向に見つからない。
Tくんのことだからのんきにしているのだろう、くらいに思っていた。
いや待てよ
「まさか、本当にロビンソンの地下(店内)で待ってたりしないだろうね!!」
と思い始めてメールしてみると本当に店内で待ってたなんてあぁベタなオチ。
しかも10分前から待ってたなんてもっとゴメンなんだけれど、集まってみたらTクン、kano、私の3人て・・・。
他に何人が誘ったけれど急だったからそれぞれ予定があるよね、そりゃぁ、自由人な大学生の時とはやはり違うんだなと。

Tクンとは4年ぶりに会ったけれど相変わらずのマイペースッぷりがおかしくもあり、結構楽しかった。
彼は自分で塾をやってるんだけれど、塾の入っている建物でボヤ騒ぎがあり(しかも第一発見者Tクン)、最初に炎を見たとき
「あ、火だ」
って、もうすこし慌てようよ・・・。
とりあえずバケツで水をかけたけれど消える様子が無いから消防に電話をしたと言う。
住所は?と聞かれた時に分からなくてしどろもどろになっていると、「コイツ…さては気が動転して住所が言えないんだな!!」
と思われたらしく(ただ単に塾の住所を把握してなかっただけだし)、たかがボヤ騒ぎになんと消防車が3台、パトカー4台が駆けつけるという一騒動になったらしい。
しかも取材にきた地元新聞の記者が最初から彼がボヤ騒ぎの犯人なんじゃないかと疑ってかかってきたんだって言うじゃないの(ププッ)、いやほんとに失礼な話だよ!!
もちろんその日の他の時間のクラスは煙もうもうの教室でやるわけにはいかずに
「ちょっと事情がありましてー、今日はお休みですー」
と連絡をしたんだそう。
そんな中、なぜかひとりだけ生徒が来ちゃったから
「今日休みだって言ったのになんで来たの?」
と問うと

「だって・・・おばあちゃんが・・・今日は’エイプリルフール’だから嘘じゃないか、って。騙されないで行ってこいって・・・」

そう、その日はなんと4月1日。
・・・そのばあちゃんサイコー!!!!!
すごいね、そんなとこまで疑っちゃう頭の鋭さにビックリ。
ハイパーばーちゃん(そういや昔コンピューターおばあちゃんって歌あったよね)だよ。
我々が一目もニ目もおいちゃうようなすっごいばあちゃんがいるのね。
恐るべし。
日本はこれから未だ誰も経験したことのない高齢化社会を迎えるが、意外と未来は楽しいかもしれない・・・。

0509 母の日ですよ
 
今日は朝から弟の荒れ果てた部屋を掃除した母。
母の日だというのに母に奉仕させている親不孝な弟(母は只今私の後ろで居眠り中です)。
よっぽど写真に撮って公開してやろうかとも思うけれど、自分のことを棚にあげてとはこのことであり、身内の恥をさらすのも如何なものかと思われますのでやめておきます。

掃除が終わった後は、昨日の日記に出てきた伯母、その娘(私の従妹)、母、私で母の日のプレゼントをばあちゃんに一緒にあげよう、ということになって、私と母が任ていたので、今日は駅前の大丸にゴー!!
普段でも混みこみだけれど今日も「ほっぺタウン」っていう地下食品売場は人がごった返していた。
あそこのデパ地下は相当売上があると思われる。
小腹が空いていたのでまずは「きのとやカフェ」で一休み。
3種類のデザートが一度に楽しめるお得なデザートセットを頼んだいわゆる欲張りな私(写真手前がそれ)。
ここのコーヒーは大きなカップにたっぷりなのがウレシイ(ガブ飲姐さんなので)。

某家電量販店で働く弟をちょっと見たいと母が言うもんだから、偵察にいく母娘。
見つかったら
「何見にきてんのよ」
と怒られるかと思っていたが
「あれ、来てたの?」
と意外とあっさりで拍子抜けしてしまった。
あっちへ行ったりこっちへ行ったりととにかく動きまくっていて「おぉ、働いてるジャン」と姉ちゃんちょっと感心しましたよ。
まぁこれもある種「母の日のプレゼント」だろうね、きっと母は働く姿を見られて嬉しかったんじゃないかな。

そして私はというと今回母の日に何をあげようかとまったく考えていなかったんだが、また口紅がなくなりそうだと言ってるので
「あらじゃぁそれ私があげるよ」
とP&Jへ母を連れて行った。
いつものかわいいアンド感じの良いBAさんが丁度いたので、色の好みを言って何本か見繕ってもらい、その中から気に入ったもの1本とマニキュアをプレゼント。
「アノ人かわいいでしょ?」と聞くと母も「きれいな人だね」と感想を述べていた。
そりゃそうだ私のお気に入りの人だもんね(女→女ストーカーかよ!)。

で、今日のメインのばあちゃんへのプレゼントはズボンと下着でした。
母の日のプレゼントはまだ選びやすいんだけれど、次の父の日が悩みどころなんだよな・・・。

0510 酔っ払い
 
うっわー、恥ずかしながら今日はいつもより酒のまわりが良くて、よっぱらった状態で日記なんぞ書いております。
最近ここまでよっぱらったことはあんまりないので、ちょっと自分としてはコワイんですけれど。
私って記憶を無くすほどのことは一度も無いんですね。
今日のことも多分全部記憶してるんだけれど。
これから気持ち悪くなるのかなぁなんて心配してるくらいでね、自分が酔っている自覚もあるんです。
気持ちよくなるまでが長くて、「あぁたのしいわぁ」ってのはほんのひとときで、一気に具合の悪くなる性質なんです、損ですね。
これから布団に潜ってもぐるぐる目がまわると思うとちょっといやですね。
でも驚きなことに今日はまだ月曜日ではないですか。
はぁ、どうしようかしら。

なんだか皆さまの愛の力でランキングが3位まで昇っちゃった様子です。
うれしいやら恥ずかしいやら。
日記の更新のみで他のコンテンツは一向に充実しませんが、定期的に訪れてくれている方々には感謝感謝です。
何書いてるんだかってかんじですが、おやすみなさいまし。

0511 レベッカ≒私?
 
電車のなかで、または待っているときにちょこちょこと本を読んでいる。
実際に揺られているのは5分ぽっちだし、10分待たずとも電車は来るし時間的にはちょっと短すぎるけれど、何もせずイライラ待ったりするよりは短時間でも現実から逃避行できるのがいい。
世知辛い日常からの逃避行が目的なのでひたすら軽い感じのそう、海外ドラマをみるような感覚でよめるようなほのぼのとしたものばかり読んでます。

最近は’レベッカのお買いもの日記’を読んでいるのですが、初めはつまらないなぁと思ったのが読み進めてくうちに、だんだんレベッカの馬鹿さ加減が面白くなってきました。
買い物依存症を克服すべく自己啓発本を買って実行してる姿なんかが近頃の自分に重なっちゃって「あるあるあるある」と思わずクイズ100人に聞きましたの掛け声が心のなかにこだま(私は依存症ではない、と思うけれど)。
倹約するためにテイクアウトのコーヒーを買うのはこれっきりにして、今度からは自分で魔法瓶にいれて会社へ持っていくの!もちろんそのためにすてきな魔法瓶を買う出費は仕方ないの、だの、あといくらいくら買えば景品ポイントがいつもの倍もらえる!だからこの出費は後々の自分のためなのよ、という具合に。
その時その時で自分の都合よく言い聞かせる言い訳にはだれしも経験があると思いますが。

ついこの間まで「いまやろうと思ってたのに・・・必ずなおるグズな習慣」なんて本を読みふむふむと感心し(実際とてもいい本だった)、スタバの蓋付タンブラーを買い「これにお茶でも入れて会社に持っていこうっと」と考えひとり悦に入り、5の付く日には’アインズポイント2倍デー’だから、と何か足りないものはなかったろうかと必死に考えついフラフラと足を運んでしまう自分に重ねずにはいられないのです。
こんな風に自分を重ね親近感を覚えて感情移入しちょっと勇気付けられたりしながら、また明日もなんとか乗り切ろう、と眠る前に思う今日この頃です。

0512 五月病の資格はナシ
 
朝後輩Kに
「具合どうですか?五月病じゃないですか?」
なんていわれたけれど、五月病ってのは’新人限定’のものなんだよ、今年5年目の私は名乗っちゃいけないのよ、ね・・・。

後ろめたい、ウシロメタイ、だからレベッカのお買いもの日記なんかの感想書いてみたりしてお茶を濁した昨日。
そう、実は昨日会社を休んだのです。
さらに前の日記をお読みの方ならその流れからこう思うはず・・・。

おまえ、さては二日酔いで休みやがったな・・・

違うんです、違うんです、二日酔いじゃないはず・・・だって目が覚めた時は
「あら、全然酒が残ってないわ」
と思ったし。
でもなんだか体調がしっくりこない、うーんうーん、ちょっと様子見てから会社に行くとしよう、そうだそうだそうしよう・・・と思っていると症状はまるっきり二日酔いと被っちゃってるし(胃ムカムカ、頭ぼんやり、食欲ゼロ)、自分でもなんなのかわかんないけれどやっぱり具合が悪い、そしてなんとなく後ろめたい。
でも熱もあるしなぁ、とぐだぐだと寝るでもナシ起きるでもナシで虫みたいに昼間でずっと丸まってました。
こんな日は休んだ方がいいかもしんない、と思い結局お休みしてしまったのですが。
なんでしょう、やっぱり二日酔いだったのかしら、と思ったり思わなかったり。

今日は普段どおり出勤したのですが、ずーっと頭がもやもやと、頭痛とまではいかない、そう「車酔い」みたいな状態がずーっと今も続いております(目眩っていうのか?)。
帰りの地下鉄で本を読んでたら酔って気持ち悪いし、スーパーで買い物してたら変にカーッと火照って汗がでるし、自律神経がちょっと変になってるのかなぁ。
さらに朝起きてからずーっと、寝違えたのかなんなのか、息を深く吸うとなぜか右鎖骨のあたりが痛むし。

こんな風にイマイチ冴えない私ですが、今日は大変暖かくて、天気は文句ナシでした。
これからの北海道は一年の中で一番良い感じですよ。
今から6月くらいと、9〜10月はとっても過ごしやすいのです。
ですから、北海道へお越しの際はこの季節に来ることをお薦めします。

ビビっちまうことに、ランキングが私の予想以上に上がりすぎて、なんとお礼を申してよいのやら・・・。
紗羅双樹の花の色・・・ということはわかっていますが、ありがたや〜。

今日の納豆(秋田土産)
 

0513 おぉ、わがふるさとよ。
 
昨晩、マシューTVみていてびっくり!!
”ミスししゃも”・”ミスアンブレラ”…本当にあるミスコンはどっち!?
っていうクイズ問題をあーだこーだやってたんです。
何にびっくりかっていうと、ししゃも・・・といえば我町(隣町も有名ですが)で、思いっきり町名が出てるじゃないのよ!!と。
北海道地図だして「○○町はさてどこでしょー?」なんてやってるんだもん。

小さい頃は今と違ってモサモサとれてたみたいだから、夕食にししゃも、なんてことがよくありました。
近頃じゃスーパーでししゃも見て「食べたーい!!」と思っても、迂闊に手を出せない値段なんですけれど。
「売ってるししゃもの90%はにせもの(カペリンっていうの)だ!」とかの豆知識に「そうそう、ホンモノは旨いし高いんだよね」と頷く地元民な私。
さて、ししゃもまつりがあるってのは本当なんだけれど、ミスししゃもなんていたっけ?いや、聞いたこと無いけど、実はいたのかなぁなんてひとりで考えていると。
「ミスししゃもの登場デース」・・・
出てきた人みた時に答えを確信しました。
この問題、本当にあるのはミスアンブレラだな、と。
なぜそう思ったかっていうと、「ミスししゃも」として出てきた女の子が洗練されてるちょっとかわいい子だったんだもん。
微妙に田舎臭さを出してたほうが騙されるのにねっ、て思ったわけです。
私の読みはずばり当たり、ミスアンブレラがホンモノでした。
そりゃそうよ、90パーセントもまがい物が流通するほど漁獲量が少ないものをアピールしにあっちこっちへミスししゃもが行脚するとは思えないもんね。

来週から激務になるヨカーン・・・。
今月中に大車輪でやらないとっていう仕事があるので手の空いてる者は(なんとか空けて)総動員という未来予想図が(そんなの見たくねぇよ)。
あぁ、とりあえず今月中の私のクビは繋がるわけか・・・とウレシイやら(?)哀しいやら複雑よ。
ここ2ヶ月くらい休みナシで毎日深夜まで働きっぱなしの彼は今週やっと日曜休めそうなんて言っていて、それに比べりゃわたしは最近楽してたからなぁなんて思うも、やっぱりアホみたいに働くのはイヤです。。。
彼はあまりに働きすぎでくたびれ具合が大変面白いことになってます。
まず、髪が伸びて襟足がモッサリ(普段から床屋キライな上に輪がかかってます)していて、まるで田村正和みたいな後姿になってるのだ。
一昔前の二枚目みたいな微妙な髪型・・・。
眼鏡が壊れたというので理由を聞くと
「徹夜明けで眼鏡したまま寝ちゃって、起きたらレンズがとれてた」
って、そんなの初めて聞いたよ、あぁぁ。

0514 寝坊助
 
何度も何度も日記に書いてますけれど、私は朝起きるのが大変苦手である。
いや、ある意味二度寝、三度寝を楽しんでいるとも言える。
8時45分に家を出ればギリギリなんとか会社に間に合うのだから、’家が近いほど遅刻する’って定説の証明みたいな人間だ。
携帯の目覚ましを3度くらい鳴らすようにしてあって、

止めて寝る→止めて寝る→止めてうとうと→テレビから聞こえてくるオヅ・・・じゃない小倉さんの声で「仕方ないそろそろ起きるか・・・」

といそいそと出勤の準備を始めるのだ。
「だったら最初からいつも最終的に起きる1回だけ目覚ましを鳴らせよ」
と彼には不評だ。
「でも明日こそ1回目の目覚ましで起きるかも・・・♪」
という到底実現し難い夢を見て床につくため、起きれもしない時間からアラームを鳴らしている。
まったくもって諦めが悪い私なのである。
ところがだ。昨日と今日、まったく携帯のアラームを聞いた覚えが私には無い。
よく「目覚ましが鳴ってもコイツ起きないんスよ」なんて話をテレビなんかで聞くが、まさにそれ状態。
いくら寝起きが悪くてもいつも目覚ましの音は聞こえるし地震にも気付くあたしが、まったくわからずに寝ていたのだ。
今日はまだいい、小倉さんの声で起きたから。
問題は昨日、テレビの主電源が切れていて”タイマーオン”にならなかった。
つまりそれは、家を出ていなければならない時間に初めて目が覚めて遅刻という、悪魔のシナリオ。
最後の頼みの綱なのに!!キーーーー!!!(原因は彼だ。主電源を切ってやがった。)
まぁ人のせいにしたところで自分の遅刻は自分の責任。
寝坊した自分にがっかりで朝から落ち込んだ。
そのことに昨日の日記ではこれっぽちも触れず、今日告白している私はまたしても後ろめたさがあったからで・・・。
当日は罪悪感からネタにはちょっとできないけれど、1日経ったら懺悔しようって気になるらしい、「ネタの一夜漬け」かよ・・・。

こんな調子じゃクビにされても文句は到底言えないな。

0516 オークション詐欺
 
以前ほどではないけれど、ボチボチと月に1,2回はヤフオクで落札をして
「フッ、得したぜ」
とほくそ笑んでいる私。
よく、「ヤフオクやってみたいけれど、ちゃんと届くかとかが心配で手を出せない」っていう話を聞く。
それを聞くたびに、「大丈夫だよー、ちゃんと出品者の評価とかで見極めておけばー」なんて心の中で思っていたものだ。
今回もいつもどおりに品物が届くかな、と思って待っていた。
落札後のメールのやりとりは非常にスムーズで、申し分が無かったし。
火曜日の昼頃に発送したとのお知らせがあったので、順調に行けば木曜には配達になるかしら、と心待ちにしていた。
そうそう、私はいつもお金をケチるために定形外郵便での発送を選んでいる。
これだと郵送事故(紛失や破損)の保証が無いけれど料金が格安なのだ。
届いてみたら壊れていた、なんてことも今まで一度も無いし。
しかし、木曜を過ぎ、金曜土曜を過ぎ、今日日曜の昼になっても商品の到着がまだだったのだ。
ちょっとこれは時間が掛かりすぎではないか、とさすがに心配になってきた。
今までの経験からいくと、金曜には不在通知が入っているくらいで当然だから。
待てども待てども届かないから
「もしや、騙されたか・・・」
などあらぬ思いが頭をよぎる。
しかし、私の勘では出品者の人がそんないい加減な人とも思えなかったので、「ほんとにどうしよう」と心の隅でモヤモヤしつつも、なるべく考えないようにしていたのだが。
でもそろそろ限界、届かないことをメールで知らせようと14時過ぎにパソコンの前に座ってメールを書き始めた。
あくまでも最初は疑うなんてことをせずに、

・どうしようもなく困っている
・(ネットで調べてわかったのだが)定形外郵便でも郵送事故等の調査ができるらしい
・数日待っても届かないようなら調査を考えている
・そのために発送時の状況を教えていただくかもしれない

とだけ記した。
疑ってかかってるわけでもないけれど、「これを読んだらどう思うだろう?」「向こうもびっくりするだろうなぁ」なんて思いつつ街へと出かける用意を始めた。
着替える前の素っ裸(イヤン)の状態の時に♪ピンポンピンポン♪と呼鈴が!!!
「もしや!!」と思いつつドアスコープを覗くと、郵便局員らしき男の人の姿が見える。
はい、と返事をすると「郵便局です」と名乗る。
やっと届いたか!というより
「やべぇ、服着なくちゃっ」
と焦りながら適当に部屋着を身に付けてドアを開けるとやや年配の人から
「こちら、○○様ですね?○○様へのこちらの郵便なのですが、本来ならば13日(木曜)に届くものが、当方の手違いで別のお宅へ不在通知を入れておりまして、それがわかるまでに時間がかかったために、今日までお届けが遅くなってしまいました、大変申し訳ありません、今後このようなことが無いようにいたしますので、・・・申し訳御座いませんでした・・・」
というような丁寧な謝罪を受けたのである。
いっやー、やっぱり郵便局の手違いかよ、もうちょっと早く来てくれていればあんなメール出さなくても済んだのにぃ、なんて思いつつ私の目はオジサンのもっている私へのブツ以外のにチラリと移る。
・・・もしかして・・・お詫びの粗品か?・・・
と思いつつ
「えぇ、私は郵便が無事に届いたのでいいんですけれど、これから気をつけてください」
とだけ言った。
今回の一件で見知らぬ人とはいえ、人を疑ったり、届かぬことで不安に陥れられたことは確かに腹立たしいが、無事に届いたわけだし、「今後間違いを減らしてくださいね」という思いのほうが強かったからそれ以上言う気にはならなかったのだ。
でも、ちょっとしたことでテレビ局とかに電話をかける人がいるくらいだから、性質の悪い文句を浴びせる人も世の中沢山いるのだろうね・・・。

すぐさま出品者宛てにメールを再度送りとりあえず一件落着。
出品者の人が気分を悪くしていたら申し訳ないなぁと思っていたら、「・・・むしろ○○様(私のこと)が気分を害されたのではと・・・」
という返事が来た。
今回は事なきをえたけれど、これで私が「詐欺」呼ばわりして、ちゃんと送ったはずの出品者の方があらぬ疑いをかけられて泥沼・・・なんてこともあり得るわけだ。
そんな時に発送を証明できるものがあればよいけれど、普通郵便だとそうもなかなかいかないだろう。
出品者の方からのメールに「でも今回のことは良い勉強になりました。」とあったが私も全く持って同感である。

心配料はこれ、いやー儲けちゃった(笑)


0517 やっつけ
 
(なぜやっつけかというと、昨日の夜は早々におネムしてしまい会社でコソコソ昼の合間で書いてるからです。)
先週の遅刻週間から脱却すべく準備万端(?)で朝を迎え、今日はひっさしぶりに自転車ツーキニストとなって颯爽と大通りを愛車で駆け抜け出勤(今月2度目だよっ)。
8時半くらいに仕事を終えてフジッキーのドラマに間に合うように自転車漕ぐ漕ぐ。
会社を出たときは雨が止んでいたのに家に近づくにつれてポツッポツッからポツポツポツポツになりほんとアブナイアブナイ。
ドラマを見ながら材料が腐っちゃうからと、疲れた体で無理矢理餃子を作る作る(餃子ダイスキ)。
スマスマみつつもの凄い勢いで餃子をおかずにご飯をがっつく(そんな時間にそんなことしてるから太るんです)。
とまぁ珍しくPCの前にも座らずに眠りについたわけでーす。
これから自転車に乗るときはその前にコーヒーを飲もうかな、とか考えております(脂肪を効果的に燃焼させるためっす)。
しかしだ、もうちょっと朝は時間にゆとりを持たせないとそんな暇もなく、帰りはコソコソと周りに遠慮しつつ「今だ!!」というチャンスを見計らって落ち着き無く帰るためになかなかこれがどうして大変そうなのだ。
夏はそこだっつーのに薄着ができないヨー・・・。

0518 オヤジーニスト
 
近頃暖かくなってきたのはいいのだけれど、夕方頃の社内といったら西陽が幅を効かしすぎて暑いのなんの。
会社支給の制服で初めての夏を迎える(であろう・・・クビじゃなければ)わけだが、今日気付いたことがある。

蒸れるヨ・・・

裏地が汗の発散をシャットアウトしているらしく、まとわりついて不快なのだ。

ところで制服といえば私服、最近専らジーンズの私。
来る日も来る日もジーンズ、毎日ジーンズ、ジーンズの女と呼ばれているかも(誰もアンタなんて見てないヨ)。
今年の初め頃「女らしくあるために週一回スカート履きます」なんて掲げた目標は春の到来とともに忘れられているみたいだし。
これ以上太ってジーンズも履けなくなったらマジで引き篭もりになるしかないな、こりゃ。

ここ2日くらい、アクセス解析によると当サイトが「松島」がらみでいつになくヒットしている様子(ヤフトピより)。
私は無料駐車場を利用したので、客引きなんぞにはこれっぽっちも会いませんでした。
あまりにもしつこいと逆効果だと思うんですが、どうなんでしょ。
観光地といえば神戸での「〜の家」とかいうのを見るための入場券で、「こっちだと近道通れますが」と抱き合わせになってる高い入場券を売ろうとする所があって、浅ましさにビックリした憶えがあります。
もちろん遠回りでヒーヒー坂道を下ったり上ったりしましたけれど。

松島のおもひで


0519 シンジラレナイ人々
 
コンビニが私の周りでもますます便利になってきた。
北海道は何事も遅れて入ってくるからして、「コンビニでお金が下ろせます」もつい最近のこと。
それよりも私にとってうれしいのは、TSUTAYAの返却がローソンでできるようになったことだ。
徒歩圏内にGEOはあるけれど、TSUTAYAは車を使わないと行けないし、会員証を作った店舗じゃないと借りることができなかったので不便この上なくさっぱり利用せずだった。
ところが、例のコンビニ返却サービスと同時に、どの店舗でも会員証が使えるようになったということ、それはもう私にとって願ったり叶ったり。
好きな場所で借りて、返すときは家から一番近いコンビニに返却ポストがあるのでそこへ行くだけでいいんだから。
しかし、便利になるウラではいろいろと店側の仕事が増えたり、トラブルも増えたりするだろうな、と思ったらやっぱりそうらしい。
たまたま私の従妹がTSUTAYAで働いているから、この間会った時にいろいろと教えてくれた。
お店で返却する場合は中身を確認してもらえるけれど、ポストの場合空のまま入れてしまってそれがそのまま運ばれてしまうから次の日に発覚する。
「中身が入っていませんでした」と電話→「絶対に入れた」と言い張る→しかも返却されていないとみなされ延滞料も発生→客が怒る
という困ったことが結構あるらしい。
ほら確実に余計な仕事が増えている。
返却催促の電話や性質の悪い客への対応にストレスが溜まると従妹は嘆いていた。
返却期限を過ぎているのに逆切れ、女だからとあしらわれまるで893かなんかの如く
「店長出せゴルァ」
と飛び掛らん、殴りかからんばかりの勢いでもって凄んでくる馬鹿もいるらしい。
延滞料を告げると
「高い」
と文句をいうオバチャンもいるって。

どう考えたって返すのが遅れたほうが悪いのに文句を言う神経がシンジラレナイ。
きっと文句を言うようなヤツは、自分が借りてたことさえ忘れていた、とかいうパターンに違いない(ちなみに延滞3日で連絡はするそうだ)。
まぁ、そんな私も「ついウッカリ」で延滞したことはあるけれど。

その点、GEOのネット会員になっておくと、返却お知らせメールが来るので良いです、オススメ(しかも5/21〜30までネット会員はレンタル料半額です!!)

0520 朝なんて・・・
 
来なけりゃいいのによ・・・って切実に思いました。
よく、失望した時に
「止まない雨はない、明けない夜はないんだよ!!」
なんて言葉でのくさい励ましがあるけれど。
夜はいつまで経っても眠くならない(布団に入ればすぐに眠れますので不眠症ではないと思う)、その代わりに朝起きるということがこの上なく苦痛なのだー!!!
もうこの同じ話題何度日記に書いているんだろう私は(ループ&ループっす)。
眠さってのは人格まで変えてしまうから恐ろしい。
まだ赤の他人と寝起きを共にする場面はごくごくたまにしか無いから、不快にさせないようにという気遣いもできる。
だが、家族(母)の場合は別だ。
夜は仕事中のことが多いから、確実につかまる朝めがけてモーニングコールよろしく電話をかけてきたりする。
それも私が起きようとしている30分前あたり。
思いっきり深い眠りでそれも気持ちいい時。
「あんた、もうそろそろ起きた方がいいよ」って今日も5回くらい言われた!!!

そりゃそろそろ起きた方がいいってのはわかっているけれど、わかっているけれどアタイは眠いんだよ、しかもこの電話で不意に起こされちゃって電話口でブスブス最低な口聞いてる自分に自己嫌悪、でも眠いんだ、あともう少し寝たいんだ、なのにあぁまた「そろそろ起きた方がいいよ」って
しつこいからぁあああぁぁあぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

といった感じ。
「こんなに辛い思いをするくらいなら、どうか朝なんて永遠に来てくれるな」とマジで思ったバカ娘です。
やーそれって死ぬしかないじゃん・・・。

0521 放置プレイ
 
私の仕事は会社の一歩外に出れば自由の身、心身ともに解放される部類のものだろう。
いやいや、寝ても覚めても常にデザインのことなんかを考えたりという人もいるだろうし、忙しい時は次の日にやることを考えてはブルーになったりなんてことはあっても、携帯や家電に仕事の電話がかかってくることは滅多に無い。
極々たまに、私のいないところで
「あのデータはどこだ?」
なんてことになって連絡がくることもあるけれど。

今日は彼も珍しく7時ごろに早上がりだったので近くの海鮮居酒屋でビール飲みつつムシャリムシャリと刺身や寿司、焼き鳥(焼き鳥屋じゃないのに結構うまい)なんかをつまんでいた。
そこへ仕事の電話が彼の携帯に着信。
またトラブルが起きたらしく、あれやこれや私のよくわからない用語で話をしていた。
向側に座っていたサラリーマン2人組みの方から
「放置プレイ」
という言葉が聞こえてきたが、それは私のことか?
あいにく私は、仕事の電話でかまってもらえないからといって”プンプン”と怒ってしまうようなかわいい女ではない、残念でした。

0522 月火水木金金
 
♪パッパッパラッパー・・・
いつでも笑みを!の始まる音を聞いたら
「んぁあ、行きたくねぇ」
とサボり心が「オッス!!」と顔を出しそうになったけれどそんなのダメダメと自分に言い聞かせた。
恵美子の毒にクスリと笑ってのんびりできたらどんなにいいか。
あぁ朝から休みだったら・・・この無駄に良い天気勿体無いわ、なんて思いつつ、空き空きの地下鉄に乗って今日もご出勤ざぁます。
会社に到着して立て続けに2人から
「暗い顔してるね」
といわれる。
んー、暗いんじゃなくて眠いんだってば・・・。
9時半からはISOの内部監査で総務以外の社員は全員出席。
昼頃には終わるだろうなんて高をくくっていたら見事ハンマー(○tとか書いてる冴羽リョウが殴られるようなやつ)でゴォォーンとぶん殴らるくらいのシンジラレナイ衝撃発言を耳にする。
「今日は5時くらいまでー・・・」
ヲイッ、5時って普通に平日とかわらないじゃぁないかよ、と。
ほんとに休めばよかった、あーあ、なんて。
ひたすらひたすら、〜の目的はなんですか、要領の○Pの・・・、帳票を見せてください、だののやりとりを傍観。
そんなこんなで終わったらほんとに5時近く。
くたびれてるんだけれどそのまま家へ帰るのもなんだかなぁ、なんて思って大通りへととりあえず歩いてみた。
もう陽は傾き始めており、ジャケットを着てこなかった私にはちょっぴり寒い(だって夕方までかかるなんて露ほどにも思っていなかったから)。
さてさて、疲れたしなんかケーキでも食べて帰ろうかと思いフルーツケーキファクトリーへと立ち寄る。
けんたろう(イチゴ)のタルトとエスプレッソマキアートを注文し、ものすごい勢いで”黙々とモグモグ”とタルトを食べ終える女がひとり・・・(寂しい絵面)。
ここのはちょっと食べ応えがあって甘めなので、食後のデザートではなくて3時のおやつ的におなかを空かせた状態で食べるのが良いと思う。
今日はまさにそんな状態だったのでペロリといってしまった。

だから太るんだ・・・体重が増えることはあっても減ることはない


0523 欲の権化
 
ついこの間、伊藤忠のファミリーセールとかいうやつの入場券を焼き鳥屋でもらった(焼き鳥ダイスキ)。
どんなものかととりあえず行ってみると、食べ物から衣類まであらゆる小売業者が出店しているイベントだったのだが、結局買ったものは鉢植えの花と天津甘栗のみ。

その甘栗、なんと500円で詰め放題。
食べ放題、詰め放題、など「放題」と聞くと血が騒ぐ庶民の中の庶民である私。
小さなおもちゃのバケツのような入れ物に山盛り乗せられるだけ乗せて
「もういいです」
というところで上から袋をかぶせてもらいそれをひっくり返して詰めてもらって終わり。
丸いものを積み上げるのだから限界はすぐにくるのだが、そこをなんとかして少しでも多く・・・と欲を丸出しで母娘2人で物凄い集中力でひとつひとつ乗せていく。
あら、これ結構いったわ・・・と思い乗せると
「アァ」
落ちた分乗せようとするとあっちが
「アァ」・・・・・・
1つ乗せようとして3つ落ちて、あっちも落ちてこっちも落ちてでどんどん目減りしていく。
折角積んだ所で、母のせいでこっちが崩れて
「んー、馬鹿!!」
と私が言う、私のせいで母の側が崩れて
「いやー、馬鹿ー!!」
2人でお互いを罵り合っていると,
どんどん集中力が欠如していって
"もういいよ、ここら辺でやめようよ"
と疲れて終わりにした。
袋に詰めてもらうと結構量があって、普通に買う倍くらいは入っていた。
食べても食べても無くならない・・・。

もし外国なら、こんだけ夢中になってる隙に財布スられてたかもしれない

0524 臭いものには蓋
 
昼ご飯を食べ終えて、タイムレコーダー脇の掲示板にふと視線が留まった。

お知らせ
○○殿は5月31日付をもって退職致します

・・・何時の間にこんなもん貼ったんだよ。
しかも、これだけ読んだ人は「あぁなんで辞めるんだろーな」と自己都合の退職としか思えないというような書き方。
普通の会社ではそこんとこどのようにするのか知らないが、とりあえず会社側の公式発表としてはこの紙が一応私にとっては初めてのものである。
5月初めの部次長会議では専務からお知らせがあったらしいが、私は直接聞いていないのでどのようなニュアンスだったのかがいまいちわからない。
「私たち下の者はまだ事の次第を会社からは一切聞いていない」、と先輩に教えると「エッ?まだなの?」と本人さえ驚いていたのがつい先週。
それで会社に呼ばれて来たついでにこんな張り紙を先輩がしていった。

解雇通知書
当社の受注が連続2期に渡り激減により、会社経営改善の為、平成16年5月31日をもって職員の一部を解雇することになりました。今回は貴殿もこれに該当します。
誠に残念ですが悪しからずご了承ください。

以下先輩直筆手紙に上記通知書のコピーを添付

上記の理由により5月31日をもって離職することになりました。
連絡が大変遅くなりご迷惑ご心配お掛けしておりますことお詫び致します。
申し訳ありませんがよろしくお願い致します。

これらを職員ロッカールームのみんなの目につくところに先輩が貼っていったのだ。
これをみんなが見たということを知っていてあえて、解雇には触れていないお知らせを経営陣は貼ったのか。
いや、そんなことまで考えているとも思えない。
とりあえず、見栄を張って当たり障りのない文章で済ませたとしか思えない(社員に見栄を張ってどうする?)。
気になるのが、解雇通知の「職員の一部を・・・該当します。」のくだり。
経営改善の為に「職員の一部を解雇」する方針だってことは聞かされていない(話す必要が無いと思っているのか知らんが)。
しかしここ数年ボーナスは雀の涙しか出ず、何度も「借金が借金が」とか言って会社の経営がいかに大変かをアピールしてきているのだから、隠すことでもなんでもないと思うのだが。
むしろ会社の現状を知って貰うために皆に話した方がいいとも。
そして「貴殿も」・・・「も」ってことは他にもこれに続くと考えていいのかね。
大体会社は狡いから思いっきり会社の理由なのに自己都合退社を先輩に最初は勧めてきた。
おそらく「解雇にしてください」なんて言われることを予想もせず、バサリバサリと次から次へと簡単にいく、くらいに考えていたと思う(そう私に思わせるに足りる低脳さを、”これでもか”というほど今まで露呈しているから)。

次の動きがあるとしたら、6月に入ってからだろうか。
そして次のターゲットは「あたし」なの?と思ったり・・・。

0525 DBOL
 
あたしー、ここ1,2年でー、DDCでー、DBOLになる日もそう遠くないって感じなのぉ・・・

はーい、私の言いたいことが解読できたでしょーか?
DDCってのは ”デブってデブって困っちゃうぅ”
DBOLってのは ”デブデブOL”
です・・・。
年々代謝が悪くなるし、不規則な食生活だし、食べることまで我慢したくないし・・・で、じわりじわりと増えていき、未知の体重へと日々ソーグーしています。

かといって、断食系ダイエットをしてもリバウンドするだろうし、やっぱり筋肉つけて運動で痩せないとだめだー、なんて思うとなかなか腰が重くて、とウジウジしては
「いいんだ、どこまでも太ってやるわい」
と開き直ってみたり。
しかし今日はいつにも増してフェイスラインの丸みが気になるすぃ。
ちょっと食べるものに気をつけていこうかしら、なんて思い始めて

「私、今日から炭水化物の摂取量減らします」

とランチタイムに声高に宣言。
自分にちょっとプレッシャーをかけてみようと思ったわけだ。
ところが午後3時頃。
近くのPホテルでS木M男を応援するイベントがあって、M山S春が歌ったとか歌わなかったとか・・・もちろんその会にはうちのシャチョサーンも出席。
そこで出たものなのか、なんなのか知らないがショートケーキが会社にやってきた。

きゃー、前言一時撤回、乙女は別腹があるのよー、ダイエットは明日から〜

と、己の意志薄弱さを恥とも思わない図々しさでケーキにかぶりついたのは言うまでも無い。

これじゃぁ先が思いやられるぜ・・・


0526 Hey!Taxi
 
おいこら、ちょっと待てぃぃぃぃいぃ!!!!!!!!!

なんてことはしませんでしたが、思いっきり睨んでやろうかと思った(だけで睨みはしなかった)。
何があったのかというと・・・美容と健康、そして節約のためにもっと人力車(チャリ)で通勤せねば、と今週は頑張って朝からエッチラオッチラペダルを漕いでいるわけです。
「・・・天気も良いし、これで目覚めが良ければ最高なのに・・・チッ」
と思いつつ走っていると小道から私めがけてタクシーの野郎が飛び出てきました。

コンノヤロー、こっちは優先道路走ってんだ、ぬゎんで歩道の手前で一停しないんだよっ

と、カーッっと頭に血が上って冒頭のシーンへ。
だって思わず私は持ち前の反射神経で(ウソウソ)急ハンドル切っちゃったもん。
あれぞ間一髪とかいう場面だろうな、ってくらい危険でした。
大体タクシーの運転には日頃からあんまり良い印象が無い。
空車の時はノロノロと走って邪魔、客を乗せた途端、「そんな無茶な」っていうUターンや割り込み、ただの横断待ちなのにこっちをじぃっと見てチェって感じで去っていく時のバツの悪さ、荒い運転等々まぁ色々とね。
百歩譲って注意散漫になっていたのかも知れないけれど、結構な勢いで車道ギリギリまで出てきた雰囲気はいつもこういう運転してるんだろうね、とこっちとしては思っちゃうわけ。

健康のための自転車通勤のはずが、危うく裏目にでるところでした

0530 ユニクロTシャツ
 
今日はユニクロでTシャツ買って、その隣の「もりもと」でソフトクリーム食べてしまった・・・。

どんなTシャツかって言うとこれなんです。
まーさか、母校がmassachusettsなわけないんですけど、あながち嘘ではない。
本家の方から「M.I.T.」と名乗らないでくれ、とクレームがついたとかつかないとか・・・まぁその気持ちもわかりますが、略したらそうなんだから仕方ないです。
しかし、だからってなんで買っちゃったのかといいますと、4月生まれの誕生会の時、
「こんなの出るんだけど今度皆でキャンプやるときなんかにどうよ?」
との提案があり、んー、安いしとりあえず買ってみる〜?なんてことに。
現在私のほかに「買ったよ」という人が1人らしいので、他に誰も買わなかった場合、私はその彼とペアルックじゃねぇかよ!!
普通に着たいと思わないデザインだし、行く末はパジャマかもしれん・・・。
企業コラボのTシャツがかわいくて、思わずこれも買っちゃいそうになったんですが、サイズがなくて・・・。
表だけ見てもなんの会社かわからなかったけれど、裏をみて「あ〜あ!!」。
王子製紙の社宅が苫小牧にはあるんですけど、街中じゃなくて白老側にある社宅は側面がティッシュ箱の絵が描かれています、お茶目。

ついさっきまで、仙台旅行の際新千歳空港まで一緒だったKチャンと会っていた。
L.A.のお土産をもらったりしてムフフ(ジューシーチューブってどんなもんか興味あったからうれしかった、石鹸もありがとー☆)。
6月はKチャンと一緒に3回ライブに行く、仕事が暇ならいいなぁ。
なんてあんまり暇だと「もう君やめていいよ」と引導を渡されてしまうか・・・。

0531 つまりそうだよ、ついてないんだよ
 
先週は月曜日から順に19:00,21:30,22:00,23:00,24:00,20:00(←ちなみに土曜だから)と、日を追う事に遅くなっていく終業時刻。
つーことで、思うように日記を書くこともできず、家でご飯を食べることもなく
「これがもっと続いたり酷くなると・・・」
と過去のいやな思い出が少し蘇ってくるような日々を過ごしておりました。
その集大成である原図出し(図面をA1サイズのトレぺにプロッターで出力する)が今日なのだが、半分ださぬうちにヒュー○ットパッ○ード社のヤツがご機嫌斜め、というかストライキをはじめたのだ!!
つまり、故障・・・?(紙詰まり→システムエラーで再起不能)
これが動いてくれぬと、我々の商売あがったり。
「やっぱすぐに修理来てくれないしだめだなー、外国のはよー」
なんて悪態がOさんから聞こえてくる。
相手先には、A3でとりあえず勘弁していただけることになり、A3を別のプリンタから出していると、また紙詰まりってヲイ!!と思いながら取り除こうと色んなところを開けて見ても無い、無い、ない!!
なんだよ、今日はこればっか。普段じゃそうそうならないことが今日に限って・・・とか思っていたら、ちゃんと紙がつまっていた(?)らしく、部長が発見してくれた・・・。
いや、でもしっかり見たはずと思っていたのに見逃していたんだな、思い込むと周りがよく見えなくなるもんだ。
ことごとくメカに嫌われついてない一日、こんな今日みたいな日の自分の星座はどんな占いだったんだろうか・・・。


今日付けで先輩が会社を去ることになっているのに、”6月5日の部署会議のお知らせ”の出席者の中に名前があった。
作ったのは専務(ちなみに、うちの会社には専務が3人もいるのだがここでは社長の息子)だ。
なーんにも中身なんて見もしないで日付だけ変えて「できた」というところだろう。
まるで小学生が大人のアラを探すみたいだけれど。
私なんかみたいのはそういうところを一番注意深く見るんだからちゃんと見直せよ、と思わずにはいられない。
「何かないのか、おい何かないのか?」とバカの一つ覚えみたいにそれしか言わない座長の会議なんかやめちまえばいいと常日頃思っているのだが、こんな張り紙見せられるとますます馬鹿馬鹿しくなるのさ。

まーた愚痴だし・・・