×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

☆2003年09月☆

0901 夜のお散歩
 
お散歩っていうほどのもんでもないけど、会社から札幌駅まで歩きました。
時間にして15分かなー。
ジムに行かない分歩いてやれ!って感じで。
ちょっと電器屋と本屋に行きたかったので。
旅行のガイド本を買って目的は達成。
先輩にあげる誕生日プレゼントなんかもついでに買っちゃったりして。
さて、腹も減ってきたしかえるどー・・・おっと、そういえば駅スタ☆に誰かいるな、っと思い寄ってみる。ヤスケンいました。

水曜どうでしょうって番組が海を越えて(この場合津軽海峡ね)本州でも結構人気があるらしいから、ご存知の方もいるのでは。
ローカルタレントなんだけどさ。
しかし、私の中で「どうでしょう」は大学生の頃(今から5年ほど前)がブームだったな。
一番好きだったのは「サイコロの旅」。

それとちょっと似てるけど、ワッキーとか言う人が三重県の地名がでるまでつづく旅はゴールしたのか?
ご存知の方おしえてください。

0902 我慢できず・・・
 
先週のうちにできあがっていたパスポートを、今日やっととって来ました。
いったい何が不満なのよ?と問い詰めたくなるようなふてくされた、もしくは逮捕直後の容疑者みたいな、とにかく、キモい写真でできあがっていた。
これが本当の自分の姿だと受け止めるべきだろうか。

ま、そんなことさておいて、我慢できずって何か。
10日あまり前に、悩んだ挙句1つにしぼったポールアンドジョーの口紅。
今日の朝初めてつけてみると、不満はなかったが「やっぱりもう1個の方も買うべきだった」と、もやもや後悔し始めたのである。
限定もので今しか買えないとなると、1ヵ月後に海外でコスメ買いあさってるかもしれないけど、んなことは関係ない。
パスポートとりに行ったついでに・・・以下略。

いいのさ、あの可愛いパッケージには癒し効果が大なんだから!

0903 気分低調
 
そろそろ気分が滅入ってきた。
仕事が忙しくなって、帰りが遅くなりだしたからだと思う。
朝起きて会社に行き、夜帰って寝るだけ。
帰ってボケーっとしたり、テレビ見たり、友達と会ったり、
家でご飯食べたりしたいじゃないか。
さして食べたくもないコンビニの弁当を食べ、いつの間にか腹に居座る脂肪を憎み、次から次へと「ちょっとだけだから。」「悪いけどいいか?」と頼む上司を恨み。
雑誌なんかを読んでいて、ストレスを感じたときはどう対処したらいいか?という問いにはきまって、
リラックスしましょうだの気分転換しましょうだの書いてあるけれど、
そんな時間のもてない人はどうしたらいいのだ、といつも思って憤りを感じてしまう。
その時間が無いから、悩んでるんだよ、と。
仕事(職場)を変えるしか解決方法が無いのかな。

0904 白い足
 
うちの会社の釣り好きの人の話。

彼はもっぱら川釣派なので、山へ行く。
朝通ったときにある場所にに止まっていた軽四駆が、
夕方釣りを終えて帰りにも同じ場所に止まっていた。
「何か変だな?」と思いそこまで引き返し、車の中を覗くと・・・。
助手席に人が寝ていて、白い足が見えた・・・。

「その白い足ってどういう白い・・・?」となんとなく答えの予想はつくけど私が聞くと、

「血がかよってないような白い色」

えぇぇぇぇ、やっぱり、そういう話か。

それから警察に通報しようにも、電波が通じないので通じるところまで下りて行き、
そこで電話をし駐在さんが到着するのを待っていたようだ。
その場所を聞かれ教えると、
「一緒に行くのいやでしょ?気持ち悪いしょ?俺一人で行くからいいよ」
と言い、駐在さんは一人で現場へ行き、釣好きOさんはそのまま帰ってきたとのこと。

それ以来、「白い足」という言葉が私の頭から離れなくなってしまった。

0905 リニュ!
 
トップページをリニューアルしました。
毎日帰りが遅い遅いと嘆いているなら早く寝てしまえよ!
と自分でも思うのだが、夜な夜なひっそり作業。
フレームなしにしたのですが、どうなんだろう。
なんか不便かなぁ。
ご意見・ご感想・苦情等お待ちしております。

今日のMステはミッシェル最後のテレビ出演だっていうから見ちゃった。
ファンってわけではなくともやっぱり気になる。
チバさんが、始まりからずーっと涙目だったのは気のせい?
ウルウルしてて少女のような目のかがやきに驚いてしまった。
そのうちまさか嗚咽もらしたりするんでは?などと余計な心配もしてしまった。
んなことはなかったけど。
なんで解散なのだろう、理由は「いろいろです」としか言わなかった。
今いる場所(それも普通捨てないぞっていうくらい)を捨てて
違う一歩を踏み出す決断がある意味すごいと思った。
本当の理由はなににせよ。

0906 褒め殺し
 
2週間ほど前にオパールという拭き取り美容液のサンプルをもらった。
使ってみると、肌にハリ、ツヤがでてこれはイイ!と思い早速買いにいった土曜の昼下がり。
例のポールアンドジョーのカワイイBAさんが、接客してくれた。
「使ってみてよかったので買いにきました。」というと、彼女も喜んでくれて、使い心地などを色々と報告していた。
店先に、白いジャケットに(赤っぽい?)パンツをはいた外人男性がウロウロ。
なんだ?ハニーが買い物してるのを所在なげにうろついているのだろうか?
目が合うとニコリと微笑まれたので、なんとなく私も軽く笑顔をつくってみた。
しばらくすると、接客されている際中、カウンターの中へ入ってきて
「目ガキレイダネ」
と突然話に入ってきた。
「なな、なに?」と思いつつも自分の顔の中で一番私は目が嫌いなので、そう話すと
「ン、逆ニ?」と流暢な日本語で返してくる。
何者だ、この外人は?と思ってBAさんに聞くと、今日たまたまメイクショーできていて、普段はギャルソンやミヤケイッセイなどのショーのメイクをしてるスペイン人、なのだそうだ。
話している最中、「歯ガキレイだね。」と突然しゃべっては、
「アッ、ゴメンマタホメチャッタ」などと、まぁまぁ、よくしゃべるし、褒めるのだ。
ラテン系な気質だし、職業柄、褒めるということが当たり前のように染み付いているんだろう。
お世辞とは分かっていても、すごく楽しい気分になった。
後で気づいたのだけど、「歯が白いね」じゃなくて、「肌が白いね」と言っていたみたいだ。
聞き違えた私は「銀歯とかあるし、そんな・・・」と意味不明な受け答え。
それに対し「北海道の人はみんな色白いね」
と返してきたので、ハッ、私ってばアホ?と気づいた。
他にも、出身はどこ?英語はしゃべれるの?何を買いに来た?など色々聞かれた。

あと、「何人」とも聞かれたな。
いったい私がどこの国の人にみえたんだろう。
思いっきり日本人顔だとおもうんだけど・・・。

0907 捨てられない・片づけられない女
 
まぁまぁ、天気の良い日曜。
しかーし、1週間分の洗濯ものがどっさり。
散らかりっぱなしの部屋には毎日まいにちうんざり。
3日くらい会社休んで掃除だけに贅沢に使うのが有り得ないけど、夢。
並みの男の部屋よりは汚い自信がある。
まぁわかりやすく例をだすと、三日月ロック(spitz)のジャケ写にもっと生活感を漂わせたような部屋です。
と、こういうことを平気で言いたいわけでは決して無い。
なるべく見栄を張らず、ありのままの自分をさらすのが、私のこのHPの意味であるので。
泥棒に入られても恥ずかしくて警察呼べない、突然事故かなんかで死ねない。
と思うような散らかり様です。

でもさすがにテレビに出てくるような、ゴミ袋に囲まれた、とかいうのではないけれど。
とにかく物が多すぎるのか。捨てられない性質、よく言えば物持ちがいいってこと。
そしてどうせやるなら徹底的にやらねば、みたいな変な意識があって、いざとなるとそこまでやる気力がどこかに行っている。
誰かを呼ぶときくらいかな、片付くのは(必要に迫られるからだろう)。

はぁ、こんな生活ほんとはすっごくイヤなのに。

0908 今ドキの若者は・・・
 
残業づいている近頃は、センパイSさんと夜飯を一緒に食べている。
もっぱら会社近辺に限られてはいるけれど。
今日はカツにしよう。そんなの食べて何に勝つ気よ?なんていいながら。
雨降り、月曜日のせいか、客は私達以外に帰るまで1人しかいなかった。
バイトらしき茶パツの女の子が「いらっしゃいませ」とお茶を持ってきてくれた。
寒い日にはやっぱりあったかいお茶いいねぇ、なんて飲もうとすると。
茶たくにお茶がジャブジャブ・・・。
なんでこうなる?とちょっと思ったけど、さほど気にせず注文。
ここのお店は最後に「お口直し」として、果物がサービスででてくる。
いつもより少し早いタイミングで「お口直しです、ごゆっくりどうぞー」と彼女が運んできた。
いつもなら(ご飯、キャベツ、味噌汁の)お代わりは如何ですか?
とくるのに、今日は早いなぁ・・・
と思っているとSさん
「ちょっとこれどう思う?」

ん?なになに?今日は梨か。ハァ?ナニこれ、ありえねぇーー!!

写真に収めておきたい気分でした。
伝票の挟まったプラスチックのバインダーの上に小鉢が乗っかっているではないか!
私のは完全に乗っかっており、クリップ側のSさんのはなんと半分伝票の上、半分デーブルの上で斜めになっている!
ちょっともう、オバサン達はびっくりして声がでませんでした。
いくらなんでもこれはひどすぎる。
そして厨房のおじさんと大きな声で’タメ口’で会話してるの聞こえるし。

「最近さぁ、アタシノ友達結構シンデんだよねぇ」

ふっ、覇気がなくて魚のような眼の連中なのか。
いや、待て、あのコのことだ。
ほんとうに「死んでいる」の意味か?
はい、予想通り、「事故って死んだー」だの言ってるし。

あのコ見て、「イマドキの・・・」とひとくくりにされても、若者たちが可哀想だな。

0909 悩める同士
 
今日も相変わらず残業・・・。
PCの前ではいつも

・なんでこんな時間なのに仕事なのだ
・家に帰りたい、家でご飯食べたい
・次から次へとどうしてこんなにやることがあるのか?
・このままデブって三十路を迎えるのか
・早く帰りたいのなら会社辞めるしかないな
etc.

な感じでぐるぐるぐるぐる考えている私。
部長と口キクのさえイヤだし、もう近寄ってくるだけで警戒してるし。
はっきり言ってこれはノイローゼではないか、と近頃は思い始めている。もしくはプチ鬱?

そうしているうちに9時過ぎ頃、携帯にYちゃんから着信。
まだ会社だよ、と返事をすると、「そうだよね、みんなまだ仕事だよね、そうだよねぇーー」
と、仕事を終えたが誰も仕事中で捕まらない、という雰囲気を匂わす。
色々仕事について語りたかった(愚痴とも言う)模様。
もっと色々平日にやりたいね、習い事とか!などと以前話題になったことがあった。
この生活どうかと思うわ、なんて。
Yちゃんは今年から働き始めているが、4年目の私はその手の愚痴なら任して!って感じなので、やっぱりそうよね、そうよね、と同士よ!と言う気分で不謹慎だが仲間がいると思うとちょっとうれしかった。
是非ゼヒその話題で今夜飲みたかったよ、と思いながらも帰れるはずは無いのでまた今度ということに。
誰かに話してちょっとでもスッキリしたい、慰めあい励ましあい頑張りたい!と思っても、その時間さえ取れないのだ。
とりあえず、makkiちゃんもがんばっているみたいだから私も頑張るよ、と電話は終わった。

頑張ってる、か。
やらねばならないからやっているだけで、頑張ってはいないな。
惰性と諦め。
私が拒否したところでその仕事が他人に回り、その人に迷惑がかかると思うからする。
さて、どうしよう。

0910 曜日感覚狂う。
 
今週は月曜から連続タクシー帰宅なので一日が長く、
もうそろそろ木曜日?
なんて1日早く進んでいる脳内時計。

だいたい、ただでさえ金曜に持っていく仕事で連日深夜帰りなのに、
別件の話が割り込みそうになり、マジで驚いたっていうか
そういういつもの部長のやり方に呆れた。
こんなんだから、たまーに差し入れしても有り難がられるどころじゃなく、むしろ
「裏があるんじゃないか?」
「こんなジュース一本で仕事依頼の根回しか?」
と、哀しい勘ぐりをされているのですよ、T部長・・・。

0911 働く女
 
むかーし、ユニコーンの「働く男」っていう曲があった。
あれをいつだったかカラオケで歌って
「それあたしじゃーん!」
いやに身に染みたことがある。
♪いつも僕はひとりきり フロに入って寝るだけ♪
ってとこなんか、まさに。
敢えて言うなら私の場合、風呂ではなくもっぱらシャワー。
(余談ですが、シャワーばかりだと太るそうです。朝陽を浴びないのも太るそうです。)

そして定期的にやってくる私の大遅刻。
本日もやってしまいました。
これ常識的には有り得ないんだろうなー。
8時台に目が覚めて、やっぱり起きれない、辛すぎる...
って思ってまた眠りに入って次に目が覚めたら11時半でした(汗
しかも無断遅刻です。
でも会社行っても驚かれもせず、怒られもしません。
なぜなら、そのようなことも仕方ないか、と思わせるような労働環境だからでしょう。
そりゃ、看護婦でいう、日勤と準夜勤の時間帯を連日はたらいているのだもの。
体力的には比較にならないだろうし、休みもテキトーにとっているから内容量を比べはしないが、時間的にだ。
年間、土日祝休で定時上がり、夏季長期休暇あり、の人と比べたら、総労働時間たるや、1.5倍はくだらないだろう。

とまた愚痴ってもうた。

0912 土曜日休みってよいですね
 
週半ばから狂っていた、曜日感覚。

今週初普通な時間の6時半帰宅。
しかも明日は有給を使って休みにしているので、土日月と、3連休です。
テレビみたりなんだりしていると、あれ、土曜の夜なのになんで爆笑オンエアバトルがやってるんだ?
と思ったのです、私。
昔は土曜だったのにいつからか金曜になりあまり見なくなっていた番組。
あー、そうか今土曜の夜じゃなくて金曜の夜だった、だからかー!
次の日が休み→明日は日曜
という思考回路が私の中にはできあがっているみたいです。

うちの会社では今年の1月から「部署会議」っていう下の平社員での会議が月1でおこなわれているんです。
その中で会社に改善してほしい要求事項をいろいろ挙げて、社長へ報告、回答を待つという流れが2月から4月くらいの間にありました。
社長へ報告というのが、何事も決定権というか全てのことが社長の一存で決まるというワンマン体質を表していますね。
その中で、当然週休2日制にしてほしいというのも出ましたよ。
毎週土曜昼間で勤務ありですので。しかしそれに対する回答は
「今のところその考えはない、社則通りいく」
という、理由も何も無い返事で終わり。
その他都合の悪いことは全て同様の回答。
結局会社はナニも変わらず、また来月あたりからどこぞやのなんとか先生に頼まれた人が「見習」で入ってきます。
しかし、仮採用だの見習だの言っても、全然人物を見極めることを期間中にしないのではっきり言って社長が来いといえば即採用みたいなもの。
そのお陰で深刻な人手不足な現状を社員が訴えているにもかかわらず、「アイツは給料泥棒だ」と言われるような人材ばかりが入社してくるという非常にアホな事態に陥っているのです。

そういうわけで、土曜日休みなんてまずもって有り得ないわけで。

0913 雨なのにとりあえず出発
 
アジアパシフィックラリー2003を観るべく、昼前に帯広目指していざ出発。
天気予報では土・日両日雨の予報。
今年は林道での観戦もしよう、と思っていたのにこれはキビシイ。
とりあえずホーマックで雨対策として、上下分かれた雨ガッパを購入。
途中私が50キロくらい運転するも、ボーっとしてきたのと、日勝峠を越える自信が無い為交代。
なにしろあそこは下界が晴れていようとも山頂には霧が・・・、
ということ多々ですし、この悪天候の中、あなおそろしやということで。
そして私はまもなく意識を失い目が覚めると清水町になっていました。
ワープかよ!
案の定霧が凄かったらしいのだが、その間私は夢の世界でつゆしらず。
とりあえず明日の林道観戦の集合場所を確認しようということで、無駄に豊頃町まで走る。
意外に距離があり、これは明日は4時起き確定といったところ。

先日買ったスープカレーの本を頼りに、その中で一番行きやすい店に。
スリランカ人が作っているということは本格派?
会社近くのスリランカカレーの店「PULUPULU」の味に慣れてしまっている私にはちょっと違和感。
エビトマトを頼んだためかスープの中にトマトの固体が多い(それはそれでいいのだけど)。
もっとスープスープしてる方が好みでした。

明日は早いしなんだか疲れていて、8時台に就寝です。

0914 ラリー観戦
 
去年もアジアパシフィックラリーを観たのですが、北愛国サービスパーク(公園)横の最後のSSのみでした。
今年はどうせなら林道を駆け抜けるのも観たいね、ということで早朝5時半に集合場所へ行き、そこからバスに揺られ山で降ろされ、1.6キロ歩くという林道SSも観戦。
私は全然知識とかもなくとりあえず迫力を体験するっていうだけなんですけど(汗)。
天気予報を覆し快晴なのにはびっくりしたけど、ほんと雨降らなくてよかった。
山の中で早朝を森林浴〜って感じですがすがしい気分で過ごすなんて初めて。
砂利を飛ばしながらズサーッっとドリフトしていく様はおぉっってかんじなんだけど、全部ってわけでもないし、もうちょっと期待してたのにな、なんて(ボソリ)。
たまたま観たコースが悪かったのかな。
しかし帰りの上り坂には下半身の筋肉がピキピキになりました。
筋肉痛確定。

北愛国サービスパークには昨年優勝し今年の4月に事故で亡くなったポッサムボーン氏の追悼ブースが。
ちらっと見てるだけで、特別ファンでもないのになんだかジーンときてせつない気分に。
本当なら今年彼が乗るはずだったスバルの車に乗って出場した(と紹介されていた)新井選手が総合優勝者でした。

帰りに今日もカレーを食べ、六花亭でお菓子を買い家に着くと夜9時でした。
朝4時起床だったのでえらい眠くて爆睡したのは言うまでもありません。

0915 ムキーッ#
 
夕方頃、母から電話が来た。
たいてい、いつもどうでもよい電話なので、「なんだよー」と思い、でる。
私には同じ市内に某家電量販店に勤務する弟がいる。
ヤツが風邪だか腸炎だかでダウンしてるから見舞ってやってちょーだい、っていうお願いだった。
そのとき千歳空港へ彼を送りに行っていた道中だったので、・・・ちょっとめんどーだけど、まぁ仕方あるまい、と意地悪ねーさんな私はとりあえず了解して電話を切った。
私の弟はなかなかかわいいときもあるのだが、気分によって最悪にムカツクヤツでもある。
どれどれ、と電話すると、寝ていたのか起きていたのか不明だが、とにかく機嫌わるぅっってな対応。
「何か食べ物とかほしいもの言ってくれれば持ってくよ」
と言うと
「どうせロクなもん持ってこないから別にイイ」

「ハァ?テメェ誰に向かってドノ口きいてんだよっ!」

と言ってやりたかったけど、十分大人な年齢に達している(いやだてに齢だけくっているとも言える)私は
「行かなくてもいいんだね、じゃー」
と怒りを押さえて、というかこんなことで怒ってもエネルギーが無駄だわ、疲れるわ、と思い電話を切った。
やっぱり今の(ここ何年ずっとの精神状態だが)私には他人にやさしくする余裕がないな、とも思った。

0916 北の国から
 
「電気がなかったら暮らせませんよッ」
という名台詞が頭をよぎった。

約3週間ぶりに明るいトイレに♪
ずーっと切れたまま
「あぁ、今日も買えなかった」
「あぁ、今日も買い忘れた」
と一日一日が過ぎてしまっていたのだ。

一杯引っ掛けた酒くさいオヤジ共と同じ時間帯の電車で帰ることができた今日は、
女性のくせにまるで食料も無いセツナイ我が家を思い出し、
24時間営業駅直結のスーパー経由で帰宅。
「そうだ、電球電球!」
とヒラメキ、
「やっとこのトイレにも電気キタよ、父さん」
に至ったのです。

24時間開いてるならもっと早く買えよ、と突っ込まれそう。

こんな生活哀しすぎるわ。(涙)

0917 makkiの法則
 
近頃一緒の仕事をしている主任のOさんは、明るく仕事もできる人で、私は尊敬しています。
一緒に仕事していても、楽しいんです、いつも冗談などを言い合いながら。
同じことを頼まれても、いつも話に登場する部長と、Oさんとでは私の気分が全然違ってくると思う。
そのOさんが、あまり今日は話にのってこないのでちょっとおかしいな、機嫌がよくないのかな?とおもっていました。
近くに来た時の顔色が、土色っていうのかなんだか変だな?と気づいた頃、
「俺今日具合わるいんだよー」と喋っているのが聞こえて、あぁそうかそういうことかー、と納得。
帰ったらどうですか?なんていろんな人に聞かれても、仕事が山場で帰りたくても帰れないのです。
こういうときって、うちの会社に限ったことではないにしろ、辛いよね。
女の人の月のもののとき(つまり生理だな)なんか、私の場合二日目だけ一日中腹が痛いわけですよ。
そんな日は早く家に帰ってあったかいお茶でもすすってマッタリしたいじゃないですか。
でもそういう日は大抵帰りたくても帰れない状況なんですよね。
makkiの法則か?(マーフィーの法則にかけてみました。)
バリバリ激痛でもう、いてもたってもいられない!とかなら
「今日はもう無理なので帰らせてください」
って言えるけど、アノ痛みは鈍痛なので我慢できるけど、じっとしているのがつらいんです。
薬も飲むけど、効くまでと切れてきた頃が・・・。
カイロ貼ってみたり色々策は講じるけど、やっぱりそんな時は帰るに限るさ。

結局今日も、具合悪いOさんと私は11時まで仕事しました。

0918 続・makkiの法則
 
昨日に引き続き、私のイヤーな法則。

・旅行前はいつも仕事が忙しい。

また残業ネタなんですがね、まあお付き合いを。

2年前の関西女3人旅。
残業続きで洗濯するような時間にも帰れず、朝タイマーで洗濯する日々。
そして前日になっても、用意がひとつもできていない状態なのに、12時過ぎに帰宅。
それから旅支度を眠いのにイヤイヤやりながら寝たのは3時くらいだっただろうか。
朝一番の飛行機に乗るため6時には家を出なければならなく、
もう死ぬ思いで空港へ行ったのでした。
それなのに、それなのに着いたら私ってば、信じられないことを!
航空券わすれ・・・、いや存在すら忘れたと言うほうが当たっている。
ホテルのクーポンを一人のひとがまとめて預かっていたので、
それを勘違いして、思い違いして、すっかり頭になかったのです。
あの時はポッカリ口があいたり、血の気がザワザワと引いてくってのを体験しました。
2重購入で事なきを得ましたが、その後語り継がれる伝説となったのは言うまでもありません。

去年のGWには、東京の友人のもとへ一人で遊びに行ったのですが、その時もひどかった。
旅行前のくだりは先ほどと一緒で、前日というか、当日なんだが家に着いたら午前2時過ぎてたはず。
それから用意し、また家を6時にでなければならないので
「今寝たら起きれなくて寝坊しそう」と思い完徹しましたよ。完徹。
早朝のつまらないテレビをぼーっとみて時間つぶし。
家を出ても、地下鉄やバスで寝過ごすんではないかとヒヤヒヤものでした。
やっと着いた空港で遠距離恋愛している彼に会いに行く、
という友達に久しぶりに遭遇し、機中でも話つづけ、寝るに寝られなかったのです。

そんな前歴ありで、来月のハワイ旅行も心配なのでした。

0919 朝のとくダネ!で
 
女性を襲い金をまきあげていた設計事務所勤務の男が逮捕される、というネタをとくダネ!でやっていた。
寝ぼけてぼーっと聞き流してたから、どこで起こった事件だかも覚えていないが、小倉さん(いちおー、さんつけてみる)の言ってたコメントがちょっと私的に気になった。
「設計事務所勤務なのに、女性からお金盗らないとならないくらい困ってたのかねぇ、私にはわからん」
みたいなこと確か言ってた気がする。
おい、それはどういう意味だ、給料がいいと言いたいのか?とね。
何を根拠にその発言なんだろー、ともやもやした。
会社の人にその話を教えると
「そーなんだよ、なんっか知らないけど、給料いいんでしょー、とか言われるんだよな」
と言って食いついてきた。
まったくどこをどう考えたらそういう考えにたどり着くのか、不思議である。
あの、ドラマとかで必ず出てくる
'ドラフター(斜めに立った板に定規くっついているあれ)'は、いかにも登場するが、イマドキ、手で図面直すときくらいしか使わんぞ。
PCの前に亡霊みたいに張り付いて、死んだように仕事してる人が打ちの会社には何人もいる。
あんなオサレじゃないしね。
いや、アトリエ系の事務所ならあぁいうのを地で行くようなとこもあるだろうけど。
給料も安いしー。恥ずかしくて書けないよ、ボーナスの額なんて。

ほんと「スキじゃないとやってられないよ」の世界なのです。
てことは私は好きじゃないのかなー、みたいな。

0920 ミクニデヴュー
 
オープンから半年あまり経った、札幌駅複合商業施設(ステラプレイスのことですな)にあります、MIKUNI SAPPOROでランチしてまいりました。
今月はだるま会をだるまではなくミクニにしよう!ということで予約してあったのです。

まあ、普段は口にしないような料理とだからと言って、
「ほっぺが落ちるほど美味しい〜」
「さすがミクニだね〜」
などとは、さほど思わずというか、美味しさが私ごときには分からず、普通にムシャムシャと食べてきました。
私って、なんでも美味しく食べちゃう性質なので味に鈍感なんです。
でも、デザートのかぼちゃのタルトアイス添え、は、タルトと甘すぎないアイスのハーモニーが素晴らしかったです。
そして、そこで薦められた岩見沢のワイナリーの白ワインが、激ウマでした。
(ここでも断っておきますが「ワイン通」ではありません。)
一緒にいた人が皆
「これはおいしい」と声を揃えたくらいです。
甘くて、フルーティーな、女性向きなワインなのですよ。
お酒はさほど飲まないけど、これならのめるわー、的な。
「またここにきたら、これ飲みたいね〜。」というほど皆惚れ込んだ品。
今度ワインコーナーで探してみようっと。
でもちっちゃなとこで造っているもののようなので、そこいらで売ってるのだろうか?

0921 めざとく発見☆
 
昨日の日記で触れた、ミクニで知ったおいしいワイン。
今日の夜なにげーに行った、とあるスーパーで・・・。
「そういえばあのワインあるかなー、たしかYAMAZAKIって書いてあったなー、そして岩見沢のワイナリーだってぶどうのバッジつけてた人(ソムリエ)が言ってたなー。」
と思いながらワインコーナーを物色。
ない、ない、やっぱりない。
どこに行ったらあるんだろー。
と、とぼとぼ諦めて歩いていると、
ちょっとこだわりの品です!みたいなコーナーがあった。
小さな酒蔵でつくっているのか?というような日本酒などが並んでいたり。
あれ、これ、このワイン・・・は、
YAMAZAKIって書いてあるじゃん!
おおっと、もしかしてこれだよ、これこれ、売ってるー!
思ったより早く発見できて、あまりのうれしさに思わず買っちゃいました。
岩見沢ではなく、三笠のワイナリーでした。
↓よろしかったらこちらからどうぞ↓
クリック(こだわりの逸品と特集のところに載ってますヨ)

0922 母来札。そして私は。
 
本当なら今日は仕事を休み、実家へ帰ろうと思っていた。
しかし先週の土曜日有給で休んでいたので、「また休むのかよ!」と冗談でも言われてしまった私は諦めた。
その代わりに母が札幌へ出てきたのです。

母は、父がしょんぼりしている、と最近の家の様子を語りだした。
お盆ごろに私の故郷を襲った台風の被害が大きく、
農業団体に勤める父はそれから一日も休みなしで働かされているらしい。
ストレスがたまって怒りっぽくなっているならなんとなく想像できるのだが、
しょんぼりしている父など私は見たことないんじゃないかと思う。
まだまだその忙しさが続くそうだ。

一方私は、
「そろそろ本当に会社をやめたいのだ」
ということを言おうと思って帰省しようとしていた。
今回を逃したらしばらく機会がないので、母にだけその旨を話した。
今まで「辞めたい」の一言を親の前で言ったことは一度もなかった。
しかし愚痴は今まで存分にこぼしていたので、さすがに、
「そう思ったなら、そうしたらいい」
とわかってくれた。
しょんぼりしている父に心配をかけて、疲れに追い討ちをかけたくないので、
まだ黙っていてもらうことにはしたけれど。

0923 おかあさんといっしょ。
 
10時過ぎに起床。
母と一緒に、汚い私の部屋をせっせと掃除。
私はたまりにたまっているとっくに乾いてる洗濯物を片っ端から畳みつつ、
洗濯機も2回まわした。
一方母は、掃除機をかけまくり、昼過ぎにはきれいになった。
余計な物を捨てればもっと片づくと言われる。
確かにそうだが、その選別をする暇がないんだな。

3時半頃から、マチへと買い物に出た。
栗原はるみの「ゆとりの空間」という所で、ひと休みしたのだが。
席に通されるまでの対応がもたもたしていて、軽くイライラしてしまった。
スタッフも「ゆとり」をキーワードに選ばれているのか。
もうちょっと人を待たせないようにテキパキしてくれよ、と心に余裕のない私は思った。
そしてお茶もいまいちだった。

どうにもこうにも最近着る服がなくて困っていた私は、
トレンチコートと、ツインニット、半端丈のパンツを購入。
やっぱり秋物の服はかわいい。

最後に今日のまとめ。

部屋きれいになって気分がよくなったよ、ありがとう、かあさん。

って27にもなった娘が言う台詞か?

0924 めっきり秋です
 
冷夏冷夏と言われていた夏の夜の涼しさとはレベル違いの
「ピンッ」
としたような寒さに、近頃はなりつつある北海道です。
9月に入ってから、夏の間はご無沙汰だったマジックパンツを
思い出しては時々履いています。
マジックパンツとは、ウネウネした生地のソフトなガードルのような、一見オバチックな下着。
履くだけで痩せる!と一時期騒がれたアレです。
痩せるかどうかはともかく、コレだけは言い切れる。
「トイレが近くなる」
久しぶりに着用して、さらに実感。いつもよりトイレに行く回数が増えます。
(締め付けられてるからではない。きつい服を着ていても同じようにはならないですから。)
ということは、新陳代謝も上がる、と。冷え性にも良いみたい。
私は最初は物珍しさで飛びついても続けられない性質なので、
気が付くと忘れがちになっています。
気をつけなくては。

そして「日記毎日更新」などと、文字を右から左に流しているくせに、
2,3日前のことを思い出しつつ追っかけ日記になっている。
やっと、今日追いつきました!
そしてアクセスが1000突破!!
見にきてくれる人がいるから,
というのは大きいです。
ありがとう、まいぺーじ。
オープンから1日も欠かさず日記更新できているのは、私にとって奇跡みたいなことです。
先ほど述べたように三日坊主な性格なので。

今後もどうにかこうにか細々とやっていきますので、改めて、お越しの皆様よろしくです。

0925 旅行計画
 
ハワイのまで2週間を切ったのですが、さっぱり煮詰めていないので、一緒に旅行するSさん宅にお邪魔しました。
魚や煮物、納豆に味噌汁、ヘルスィな晩御飯をご馳走になって、デザートは私がきのとやで買った新発売のチーズのお菓子。
至福のひとときを過ごしました。

Sさんは会社の先輩で、入社以来ほんとに良くしてくれて、感謝しきれないくらいです。
姉さんみたいな存在です。

肝心の旅行の方は、なんとなく買い物三昧(お金がついていかないけれど)の予感。
高カロリーな食べ物で更に太って帰ってきそうだな、私は。
今年は夏らしい日があまりなかったので、気候の面でも楽しみ。
ぼけーっっとしすぎて、スラれたりしないように気をつけねば。

しかし、行く前の準備にも色々お金がかかる。
準備も面倒くさいなぁ。(←O型)

最後に。どうかこれから仕事が忙しくなりませんように・・・。

0926 大地震発生!!
 
半日も経つと、今日の事とは思えなくなったけれど、
今日の地震は私のなかでナンバー1か2を争う大きさだった。

朝の5時といえば、私は一番気持ちよく寝ている時間。しかしいくら寝起きの悪い私でもすぐに目が覚めた。
でも、布団から一歩も出ず、じぃっと焦りもせずただただ収まるのを待っていた。
こういう私みたいのがきっと逃げ遅れてしまうんだろう。
とりあえずテレビテレビ、結構揺れ大きかったからね。震度はどのくらいだ・・・・?
あー、実家の震度が6とかでてる!!津波警報もでてるし。
急に大変な事態になっているのかも、と胸騒ぎがしてきた。
8月には台風で大被害、そして今度は地震か?台風のときに高台に避難した話を思い出し、
津波にさらわれたりしないかと心配になる。
目の前が海。というわけではないけれど、遠いとも言えないところに家があるので。
家の電話はいくら鳴らしても誰もでないし。
携帯も父は夜寝るときにはいつも電源を切っているので繋がらない。
脈が乱れて気持ち悪くなりそうだった。どこかに逃げている最中かもしれないし、
電話に出るどころじゃないのか?
やきもきしながら30分くらいしてやっと携帯が通じ、無事を確認できた。
停電していて、ラジオを聞いて家にいたようだ。
家の前の道路をたくさんの車が通っているー、などと呑気なことを言っているのにこっちがびっくり。
逃げなくていいんですか?と。津波が来るかも、とテレビで言ってるのに。

とりあえずひと安心して眠りについたところで、1回目と変わらない位の大きさの余震が来た。
もう、すっかり寝入り始めたところだったので、またしてもぼけーっと、
布団でただ収まるのを待ってしまった。
そして地震が過ぎ去ってから、「あれ、うちは何もモノが落ちたりしなかったなぁ」なんて気づいてる。
食器棚も無事だし、なにひとつ落ちやしなかった。結構揺れたのに。

でも、これが昼間の地震というか、起きている時間にこの大きさだったら、
その方が明らかに慌てていただろう、と思う。
中学生の頃の割と大きな地震のときに、奥の部屋で昼寝をしている弟を起こしてきてよ、
と母に言い渡されるも、歩きたいのにうまく進めずよろよろしながらやっと部屋へ入ると、
斜めにずった布団に弟が呑気にまだ寝ていた。
腰が抜けるとはあのときみたいな感じを言うのかな?
きっと慌てている上に、揺れでうまく歩けないし、恐いし。
その時に限って父は出張か何かで家に居なかったのも関係していたのかなぁ。

家族に何もなくて、本当に良かったと心底感じた。

〜余談〜
ついさっきまで友達が来ていたのだが、彼の家に丁度泊まっていたその子は、
かばんと携帯を持って一人で外へ逃げたそうだ。
「もう大丈夫だから、早く家入れ」と彼に言われ、ようやく戻ったと。
その子の他にはパンツ一丁で娘を抱いてた近所のオヤジくらいしかいなかったらしい。
今考えればボサボサの髪で、寝巻き姿で外へ飛び出した自分が恥ずかしいと漏らしていた。

0927 突如睡魔に襲われる。
 
昨日の夜から会社では席替えが行われていて、きょうもまたその続きでした。
私の机は横に50センチくらい動くだけだったので楽な部類ですが、
他の人は大掃除さながらのいやそれ以上の作業がついてまわって大変そうでした。
こういうときは「女子」に免じて早あがりなので、ラッキーですね。

旅行の準備やらで街をプラプラ。
いつかはわからないけど、いずれ無職の身になるのか?と思うと、ついついケチる方向へと進みます。
だいたい細かいようで、大雑把なのでケチるといっても、今日は昼ご飯ひとりだしマックにしとく?ってくらいのレベルで。
デブるだの、体に悪いだの言ったりしておきながら、ジャンクフード食べてるジャン!
一通り食べ終わると、おっそろしい程の睡魔が急に襲ってきて、ついつい居眠りしてる、27歳女。
大通り→札幌駅と行く予定だったのに、もうこの異常なダルさにさすがに断念しました。
前日の地震で変に気が張り詰めているんでしょうか?そんな意識はさらさらないのに。

夜、「信ジラレナイ衝撃映像禁断のタブー99連発 」とかいう特番をたまたま見ていたんです。
一つ一つのネタが出る度に「禁断のタブー」という文字と読み上げる声が現れるんですね。
「禁断」も「タブー」ってどっちも同じような意味だとおもうんですけど。「白い白線」「頭痛が痛い」みたいな。
「禁断のタブー」と連呼される度にだんだんイライラ。なんなんでしょう。
特番ってつまらないのがおおいっすね。

0928 告白、というか白状
 
このホームページを初めて3ヶ月弱。
仕事のでの愚痴というか、私の思いの吐き出し口としてスタートしました。
夜遅く会社から帰ってきてもPCの前にかじりついて、夜な夜なネットサーフィン。
そんな私を見て彼に
「そんなに好きならホームページでも作れば?」
と言われ、確かにちょっと作ってみたいなと思い始めていた頃だったので、それもいいかもしんない!とこっそりと始めたのでした。
彼は、毒舌っていうか思ったことをそのまま口に悪気無く出すような人なので、ホームページを作ってみたはいいけれど、何言われるか?と思うと自分が凹むのが恐く、びびってしまい
「まぁ、そのうち教えるか」
と内緒にしてヒッソリと日記を書いてみたりしていたのです。
友人でこの存在を知っている人も、今の所私が教えた2人だけでしょう。
彼、彼女は大学の部活の仲間でした。
気づけばなんだかウマが合うというか、気のおけない存在になっていた2人です。
変に見栄を張ったりする必要がなく会っていても気楽なんですね。
同業についている大学時代からの友人とも交流はあるけれど、弱みを見せたくないなぁ、という私のツマラナイ意地がどこかにあって、吐き出し口を見せられない、と教えてはいないんです。

前振りが長くなりましたが、ついについに今日私の彼に白状しました。
「実は7月から作っていた」
と言うと、驚いていましたね。
そこですかさず
「俺は2年前から自分の持ってるけど」
と、すぐに見透かされるような嘘を言ってみたり、
「写真のっけてるの?」
「ナナ(実家の愛犬)の写真載せろ」
だのと質問やら注文。
今までなんで隠していたのか?と聞かれ、
「どうせ馬鹿にされると思ったからさ」
だの、自分に自信の無い私は、散々前置きしておいたので、見た後の感想は遠慮してかあまりひどいことは 「今の所」 言われてはいません、が・・・。

0929 ☆スネオ☆ラーイヴ!!
 
スネオヘアーこと渡辺健二の一人ユニットのライヴへ行って参りました。
ツアーの皮切りとあって、序盤はちょっと緊張気味?と感じるところもあったけれど、進むにつれてスネオ独特の歌声を聴かせてくれ、MCでは何度も笑わされ、あっちゅう間に時は過ぎ・・・。

ライヴ後、友達と、その友達(前回のスネオも一緒に見た)と私の3人で焼鳥屋にて腹を満たす。
月曜の割に店内込み込みで、通されたテーブルの隣には既にサラリーマン4人組がご機嫌な感じで、愚痴って飲んでました。
通路というかテーブル間の距離は人一人通れるくらい、50センチくらいだったろうか。
彼らを見てすぐに私には何か私と同じ匂いがする、同業っぽいなと感じていた。1人は作業着着てたしね。
こんな時くらい、仕事のことを思い出させないでくれ!という意識が潜在的に働いていたのか、私は「こいつらと絡みたくないな」なんて漠然と思っていた。
彼らも相当仕事でストレス溜まりまくっているのか、やけにハイテンションな模様。
私達がスネオの話やら、仕事、友人、恋愛、など盛りだくさんの話題を繰り広げていると、来たねやっぱり、何がって?

隣のテーブルから醤油の瓶が落ちてきました・・・。

あちゃー、友達の足にかかっちゃってるよ、と奥に座っている私は被害に遭っていないため冷静に眺めていた。
おしぼりで友人の足を拭くメガネの男性。
謝りながら、私らにウケルとでも思ったのか酒の回っている彼は

「なんなら舐めてもいいですよ、舐めましょうかぁーーー?」

と、5回くらいしつこく言ってきた。私なら、
「自分で拭くのでいいですっ!」
ときっと速攻断ってたね、ウザイウザイ。
吉田栄作と山口智子さながらの、女王様と奴隷、のような構図に奴が酔いしれているのか知らんが。
その後も、氷をテーブルに乗せ、舌でパスし合う、
「舌サッカー」を披露され、はぁぁと返す言葉もなく。「すごいでしょー!」などと、話し掛けてくる始末。
あと、
「嫁は殴るもんだ!」
という、信じられないふざけた台詞も聞こえてきたね。
そういうこと酔った勢いだろうと言ってる奴は
「お前どっか逝けよ!去れ!」
と、蹴り飛ばしてやろうかと思う。いや、する価値ないけど。

仕事や、家庭でもストレス溜まりまくってんのかしら?と同情もしますが。
周りに迷惑かけないで欲しい。
私達の席運がただただツイてなかったと思うことにしました。

0930 月末といえば・・・
 
また一ヶ月が逃げるように通り過ぎていきます。
明日からは10月。1年の3/4が終わり。早すぎる早すぎる・・・。

月末になるともうお決まりとも言える台詞。
「今月もジム全然行ってないよぉ」
特に9月はひどい。0です、0。
いくら法人会費30000/4=5000円/月
で、個人会員よりちょっと安いとはいえ、行かなかったらドブにお金捨ててるのと一緒です。
ほんとうに行く気はあるんですけど、残業やら、そうでない日は他の用があったりとなかなかこれが難しい。
最近のパターンとしては、月末に駆け込みで風呂だけ入りに、というある意味贅沢な使い方をしているわけです。
今日も風呂だけ行こうか?などとひとり企んでいると、7時過ぎにハンズに御遣いに行って欲しいと言われ。
明日の話かと思えば「今?」
そのまま帰っちまいたいよ、なんでこんな時間にブツブツブツブツ・・・。
会社に戻って来たときには風呂に行く気はさっぱり無くなっていました。
やってられねー、家帰ってやるぅ、と。
ところが、総務の2人が珍しくまだ残っていて、これから彼女らも風呂へ行くというではないですか。
それなら、誰かと一緒なら、私も行く、行きたい!行くよ!
と、結局今月初で最後のジムへと行きました。

これから寒くなるにつれ、もっと億劫になってさぼりがちになるんでは、と皆ビクビクしています。
そして来月は旅行で1週間はいないし。
また、その旅行の準備さえさっぱりで、もう何もかも面倒ってどういうことなのだ?